作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

ballet

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

TYバレエを観て来ました

やはり、TYバレエの佐藤崇有貴さんと、平塚由紀子さんは、素晴らしい!
今回はTYバレエだけではなく、江戸川バレエシアターと言う名のもと、「くるみ割り人形」の公演となりましたが、こつこつとがんばってきたTYバレエあってこその、江戸川区の支援などがあり、また新国立劇場バレエ団、Kバレエカンパニー、スターダンサーズバレエ団、バレシャンブルウエスト、牧阿佐美バレエ団等が集まっていろいろとかなった公演かな、と客としては見ていました。
用事が重ならない限り、拝見しているTYバレエ(以前いったもの)。

その前にちょっと腹ごしらえを丸の内で♪

CIMG7833

美味しかった~。もちろん、久しぶりのお友達と会えたのも、すごくプラスになっているのですけれどね!

ソワレを見てきたので。

CIMG7834

今回は全指定席でしたので、とてもよかったです。
お友達のおかげでS席で観ることができました。

ソワレのクララは緒方綾乃さん。丁寧に踊られていたという感じです。

こんなにいろいろなバレエ団が一緒でなければ、本当は今回は踊りがはじめ
拝見したときから好きな、村山亮さんとお話したかったです。
もちろん、市川透さんや他の皆さんとも色々お話?してみたかったのですが
会場もお客さん満席のなか、楽屋口に行く力はなかったのです。

しかし、素敵でした!
そしてやはり佐藤さんと平塚さん。
平塚さんの一瞬の静止や、バランスの美しさ、そしてその存在そのものの
美しさには見とれてしまいました。身体もしなやかなのに揺ぎ無く本当に気品があります。
もう、私が平塚さんに曲を謹呈するとしたら、あれしかないなと、確実に決まりました。

本当に楽しませていただきました!私はやっぱりバレエが好き。
ひとつ残念だったのが、とても華のあった若い人がやめられたとのこと。
でも人生は長いですから、まわり道と言うものはありませんのでいつか
またそのかたの踊りが見られますように。
それと、私の記憶に間違いがなければ、私がいつぞやバーレッスンを見学に(作曲の参考にですが)
いったときに、それは厳しい練習でしたが、草薙くん?でしょうか、今回3人で踊られた方の
お一人。ものすごい成長で驚きました。がんばってるんだなと。これからも楽しみにしています。

私は、毎日お家でのストレッチのおかげで一応中年太りは「今のところ」はなさそうですが
ご想像にお任せします(笑)

ご成功おめでとうございました!




コッペリア(TYバレエ)を見てきました

全幕は初めてでしたが、すごくチャーミング。
詳しくは後日書きたいと思います。
61867a6a.jpg


平塚由紀子さんが、こんなにチャーミングなポーズをしてくださったので
思わず、カシャッハート

コッペリアって、本当に夢のあるバレエですね。

その前のガーシュインの踊り。
かっこよかったですね~。
TYバレエ団の、いろんな可能性を発見できてうれしかったです。

素敵でした。お教室の方たちはもちろん、ゲストの方たち圧巻。

戦いの踊りなんてすばらしい息のあった踊り。
そこでの村山亮さんに楽屋裏ですれ違ったので、すばらしかったわとお声かけしましたが、まあ、皆さん後片付けやらお着替えで忙しくて。
由紀子さんも真っ白い衣装が本当に美しくお似合いで。

そんな気持ちで新たに始まる一週間。

久しぶりに、お友達とも会えてうれしかったですね。

TY バレエコンサートVol.7のお知らせ

TYバレエが来る7月5日江戸川区総合文化センター大ホールにて
コッペリア&小品集を開催します。

全2回公演で、第1回は12時からマチネ、第二回はソワレで16時半から。

スペシャルゲストでは
マチネでは
スワニルダが吉本真由美さん
フランツが吉本泰久さん

ソワレでは
スワニルダが平塚由紀子さん
フランツが佐藤崇有貴さんです。
舞台監督は 森岡肇さん
照明は 大島範行さん。
2eed56b3.jpg


その他ゲストとして
市川透さん 岡田幸治さん、福原大介さん 高木裕次さん
活田美之さん、加茂哲也さん、村山亮さん、佐藤禎徳さん 
陳秀介さん、土方一生さん 正木亮羽さん 八幡顕光さん 山口章さんなど、新国立劇場バレエ団、牧阿佐美バレエ団、バレエ・シャンブルウエストほかソリストさんたちが出演されます。

チケットは3000円で、自由席になります。
ちらで詳しくはどうぞ

お早めにどうぞ。

TYバレエの白鳥の湖を観て来ました。

6月に体調を崩して観にいけなかったので、ずっと楽しみにしていました。
結論から言えば、行って良かったです。素晴らしいものでした。
8fe4e383.jpg

リースがかかっていて、中もクリスマスモード。きれいでした。
とふとみると作曲家の浅香満さんがいらしたので、合流。
1946d787.jpg

ソワレは全席指定でしたので、ゆっくりでもOKですのに、早く着いている方もたくさんいらして、可愛いバレエグッズ(私も欲しかった(笑))が売っていたり、大入り満員でした。
dd0a77c1.jpg

プレコンサートとして、マスネの「タイスの瞑想曲」を須山暢大さん(Vn)、サン・サーンスの「白鳥」を山澤慧さん(Vc)が演奏されました。伴奏はハープの梶綾乃さんです。
雰囲気が盛り上がって本番です。
江戸川フィルの生演奏(指揮、福田一雄さん)なんと、第二幕をいわゆるプティ・イワノフ版ではなく、チャイコフスキーの原曲の曲順でやったので、雰囲気が全然違いました。素晴らしかったです。
そして舞台も衣装もとってもきれいで前に拝見した白鳥の湖とはまた全然違った(それも素晴らしかった)雰囲気で魅了されました。
私は一応音楽をしていますしチャイコフスキーは大好きなので、音楽を聴き、なるほどと編成の素晴らしさ、管弦楽のひびき方、踊り手への意識というのを改めて勉強しました。
ゲストも多数いましたし、舞台をフル活用して無駄がなくよかったです。無駄がないというより、貴重な舞台でした。原曲を含め。

TYの、佐藤さんと平塚由紀子さんのコンビもものすごくよかったです。
美しい由紀子さんのワンショット。群舞の中に由紀子さんが入ってくるとやはりピシッと舞台が引き締まりますね。もちろん、周りも統一感があるからこそ主役が生きるという感じもありました。
cf5f7921.jpg

恐れを知らないというか、自分を知らない私。
また一緒に撮らせて頂きました。
445cfb7e.jpg

ロットバルトは、市川透さん(新国立劇場バレエ団)で、市川さんともちょっとお話させていただいたのですが、ユーモアがあって素敵。(実現させましょう!どのくらい先でも(笑))
実際ロットバルトの存在は大きく、少しの動きも遠くまでよく伝わるほど動きが繊細です。
スターダンサーズバレエ団の福原大介さんもKバレエの西野隼人さんもよかったですし、岡田幸治さんの存在感も素敵でしたね。ゲストの方々皆さん素敵でした。冨川直樹さんや佐藤禎徳さん、中尾充宏さん、井上欧輔さん、村山亮さん、横川真弓さん、松田豊子さん(書き忘れないでしょうね・・・)
もちろんTYの生徒さんたち、年齢関係なくまとまりがあり、それに以前拝見したときより素晴らしい成長。
体調を押して観にいって本当によかったです!

お写真を撮らせていただいた終演後のお三方。

真ん中がロットバルトを好演された市川さんです。右が福原さん左が岡田さんです。
8e70bf0e.jpg


素敵な一日をありがとうございました。
これからも楽しみにしています。

お友達のKさんたちにも会えて本当に嬉しかったです。
今度ゆっくり改めてお会いしましょうね!ありがとうございました。

TYバレエ「白鳥の湖」公演。江戸川フィルとともに。

12月14日日曜
江戸川区総合文化センター大ホールにて
25周年記念特別公演として
TYバレエ江戸川フィルハーモニーと「白鳥の湖」を公演いたします。

マチネは12時30分開場13時開演「ハイライトシーン」
ソワレは15時30分開場16時開演「全幕」です。

詳しくはこちら。
指揮者は福田一雄さん。
舞台監督は、森岡肇さん
照明は大島範行さん

ロットバルトに市川透さん
ベンノに冨川直樹さん

ゲストとして、横川真弓さん、井上欧輔さん、佐藤禎徳さん、
中尾充宏さん、福原大介さん、村山亮さん。
楽しみです!

50107ea1.jpg

TY balletコンサート2008

TYバレエの第6回コンサートが6月1日13時からと18時からの二回に分けてあります。


くるみ割り人形です。マチネはスタンダードですが、ソワレはオリジナル脚色版ということで楽しそう。


胡桃割り人形とねずみの戦い
開催日:2008年6月1日(日) 全2回

場所:江戸川区総合文化センター 大ホール

舞台監督:森岡 肇
   照明:大島範行

出演:佐藤崇有貴・平塚由紀子・TYバレエ
    新国立劇場バレエ団 牧阿佐美バレエ団 バレエ シャンブルウエスト 他 ソリスト多数出演
    

≪チケットお問合せ・お申込≫
SS席?5,000円(指定席) S席?3,000円(自由席)

TEL・FAX 03-3682-4750(スタジオ)
E-mail: ty.ballet@docomo.ne.jp

しくはホームページでご覧ください


8d0744c1.jpg

TYバレエ団の練習を見てきました

行きたかったTYバレエの練習場。
今日お約束させていただいていたので行ってきました。
平塚由紀子さんと佐藤崇有貴さん。そして佐藤さんのお母様にもご挨拶できてよかったです。
佐藤さんは風邪を押しての指導でした。

その前に、由紀子さんにいらなくなったバレエシューズをいただきました。
この中に本当に(当たり前ですが)つま先で立つので大変なんですが、バレリーナを見るとあこがれます。


bf5e6160.jpg

由紀子さんはフリードのNというタイプを愛用されているそうです、が、なくなってしまうようで。
私の大事な品になります。ありがとうございました。

さて、レッスンですが、19時半からのにいくつもりがちょっと前に着いたら小さい子達が。
a1270405.jpg

小さいからと関係なく、厳しい言葉が飛ぶこともあります。

fe628432.jpg


久しぶりにこういう緊張感のあるところへ来たなという感じでした。
私もピアノをやっていたころ、いろいろありましたが、そうなんですね。
ピアノと違ってバレエは家で同じく練習するわけには行かないのでものすごい集中力をかけなければ、次のレッスンその次のレッスンと続けることが難しいのですよね。
ピアノはおとなしくというか、一人でやるものですが、私はソフトボールのときのことも思い出しました。佐藤さんが一人が責任持っているだけならいいのだけれど、周りに皆に迷惑をかけると。こういうことって、バレエだからではなくバレエを通して生き様のひとつとして精神力を鍛えられますね。

ソフトボールも団体競技でしたから、「もっと考えろ」とビンタされることなど日常茶飯事でしたし。思えばバレエと違って顔なんて関係ないから平手打ちとか平気で先生してたんだろうな~笑
足で蹴飛ばされても頑張りましたものね。
いつも「その先」をイメージして。先生は私を鍛えてくれているんだ!といつからか思うようになりましたから。おかげで私はピッチャーとして初めてその中学で県大会に行けましたし、高校も推薦がきたりと、努力すれば実るというのを実感したのです。ですので、私にとって「夢」というのは叶わないものではなく、努力するかしないか(そういう状況にあるならば)というものでしかなくなったのです。

次のクラスはトゥシューズのでした。男性3人も混ざって。
66eae5b6.jpg

先生が指導を見せながら(といっても簡単にで、生徒さんたちはあっという間に消化します)バーレッスン。
はじでは、由紀子さんもバーレッスン。
彼女、本当に素敵です。
15d01296.jpg


バーレッスンもものすごくハードです。それが終わると男性と組んでなのですが、由紀子さんも指導に加わります。
しかし、私は「男性も支えることも大変だわよね」と思ってはいましたが、これほどまでに大変だとは。
佐藤さんの指導に「女性を壊れ物のように扱うように」という言葉などがあり、ふ。。。一度くらいそんな風に扱ってもらいたいものだわと勝手に厳しいレッスンの陰で思ったりしたものでした・・。

この歳で、男性もいわゆる人体の骨格を教えられます。
その骨の動きをきちんと考えて支えるなど。
とはいえ、女性もしっかり頭の先から引っ張られるように常に意識をということも。

これも小さいときに誰もが教わることですが、他の人が注意されていることを自分のことのように受け止め注意するということ。
こういう若いころに鍛えられますよね。大人になってからもそのことがたとえば今日はバレエの生徒さんですが将来どんな場面でも役に立つ教えですよね。



1a9ddb60.jpg


練習時間をオーバーしても先生たちは熱心に教えてくださいます。
普通、時間が来たら「やめ」でしょう?
本当に生徒のことを思ってるからこそ出る注意事項。
生徒さんは、涙をこらえてもしっかり受け止め頑張っていました。

私もなんだか両方の気持ちがわかって涙しちゃいました・・。
c971e433.jpg


先生たちが厳しく言っていること、それをわかるときが来るのはもう少し先かな?とか。いや、わかってるかもしれないとか。

先生って期待していない人には決して注意したり、指導したりしないのですもの。なにも期待しない生徒に自分の知恵や力をださなくていいものですから。佐藤先生と平塚先生の愛情を感じました。

その愛情ををその場で理解するのは難しいかもしれませんが、どんなかたちであれ、それぞれがいい踊り手になるために頑張っていって欲しいと思いました。

男性人も貴重なのでがんばってほしい。

あと、私がこのレッスンをみていてとてもいいなと思ったこと。
佐藤さんと由紀子さんは音楽を大事にします。
音楽に合わせる。(ただ合わせるのではなく、汲み取る)音楽の感情を聞き取る。そんなことまで、まだ若い今からきちんとご指導されている点です。これは音楽だけのことではないと思います。
そういうことを聴き取るには普段から感性を磨く、そういうことも入るのですよね。

それと「教室のどこにでも落ちている」これもバレエに限らずですね。
大きい意味で言うと、音楽もなにも学校や先生の言うことだけでなく人の作品に接したり、他の楽器に接したり、自然を見たり感じたりお風呂にいてもどこにいても収穫できる人は出来るんです。

どうか、頑張ってください。
私は心より応援差し上げ、また曲も頑張ります。

今回拝見させていただいたクラスの生徒さんたち
この前のチャリティーで素晴らしく踊られていたので、顔がわかりました。

厳しいレッスンに耐えたからこそのあの舞台でした。

現代において、こういう精神力を肉体とともに鍛えるものは、本当に大事だなって思ったのです。個々の人間のためにも。最近、先生(幅広い意味で)と生徒の関わりがなあなあなところが多いと聞きます。実際、そういうところにいたこともあり、そのときは驚きましたが、やはり先生という立場の人は、なにかを教えるだけではなく、人間を育てるという意識をもっていると生徒もしっかりするんだなと思いました。得てして自分の立場をばかり考えていると叱れないのかもしれません。一生懸命そのものに打ち込んできた人が、更にそのものに愛情をもっているからこそ中途半端な気持ちで出来ない、そういうことがしっかりした態度にでるのでしょう。


生徒さんがそれぞれ素晴らしい踊り手になることをお祈りします。
皆、がんばってね!

明日は、楽しいクリスマス会なんですよね!クラッカー
チャリティーのあとの打ち上げの写真とか拝見しても、みんな本当に信頼関係あっての笑顔でしたから(レッスンとそれ以外時のメリハリがあるのが伺えました)、明日はどんなに楽しいでしょうね。

私は、生徒さんたちにたくさんのものを今日いただきました。
もちろん、佐藤さん由紀子さんにも。
私が一番学んだかも。
ありがとうございました。

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ