うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

諸行無常。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

カテゴリ:


名古屋に「テレビ塔」がダーンと建っているのを知っていますか?
初めて知りました。で、撮影してきたのです。




友達に招待されて(ありがとう悲しい)みなとみらいにある、万葉の湯に行ってきました。
テレビで見たことはあったけれど、行くのは初めてです。しかもただで、いや、私を気遣ってくださる友人に。感謝!
d46ca4db.jpg


桜木町について、歩いていこうと思ったのですが、あれに乗ってみない?ということで100円での赤い小さいバスへ乗り込みました。中華街まで走るものです。そのワールドポーターで降り、歩いて万葉の湯へ。
客がなかなか降りないので、皆さんどこで降りるのかしら?と友人と言っていましたら、皆降りて同じ場所へ・・。

ええ・・・すごく並んでいます!でも、なんとか5分くらいで入れました。受付が7階なので、そこまで順序良く行ったのです。どうも、なにかのキャンペーンが今日までのようで、それで最終日ということで混んでいたようです。

家族連れやカップルが多かったですね。歳は関係なく。
男女でお友達同士(二人でも)というかたも多かったですね。

明日は花火があるようで、確かに眺めが屋上はいいので、混むらしいです。
入場制限もあるようですが。

d2356c2d.jpg
順次受付を済ませて、また浴衣を着ることに(笑)
20何年ぶりに、こう立て続けに浴衣を着ることになるとは。 続きを読む

兼六園に住み着いているような?鳥さんです。

こちらは沈砂池。かなり恐怖を感じるものです。
アーサー・シモンズは

文学でもっとも容易な技術は、読者に涙を流させることと、猥褻感を起こさせることである」というが、小さい頃から文学に限らず、表現的にはそう思ってきていました。
そして、ラヴクラフトの人間の根源の一番のものは恐怖である、というのも同感でした。

二日続けていきました。
一日目は雨、その次の日は曇ったり晴れたり。晴れたときは暑すぎて。
そのうち、まとめて、金沢のものをアップするつもりですが、隠しページに入れてしまうかもしれません月

兼六園は雨でしたが、それが逆によかったです。
いいなあ~日本の美はと思いました。
行きは、こんなに雨が降っていたのです。
世の中、土砂崩れの大変なときでしたものね。

404b8fe2.jpg


続きを読む

025e4644.jpg
松本清張の「ゼロの焦点」で有名な所。
たどり着くまでに色々な 言葉が書かれたものが…
違う意味でヤセそうです(-_-;)
ヤセないけれど。



Asako.S♪

8b3cf342.jpg
なのにパン屋にいる私(-_-;)左から二人目。(しっかり撮られてた)
後ろの人、私を邪魔に思っただろうな~。ごめんなさい♪
朝早くてお腹空いたの… 羽田にもおいしいチョコあったね。マルコリーニでないのも!



Asako.S♪

↑このページのトップヘ