作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

お勧めコンサート

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

グループNEXT 第19回作品展

2017年6月27日(火)すみだトリフォニーホール 小ホールにて

18時30分開場 19時開演
チケット、3,000円 全自由席  
お問い合わせチケット取り扱い 


グループNEXT事務局(浜田氏)miyako-mutsu☆nifty.com(☆をアットマークに変えてお問い合わせください)
もしくは、フェイスブックで、「作曲家集団・グループNEXT」があるようなので、そちらでも。

そこで、西部哲哉さんの

≪水無月の声、真珠の雨≫ーピアノのためのー(ピアノ/塚谷水無子)という、今時期にぴったりなネーミングの曲が初演されます。

コンピューターも全く使わずに作曲している私と同じですが、その創作意欲というのは、「日記を書くように」書きすすめているものなのです。

作曲家になりたいから作曲するではなく、もともと日常的に曲を作るという、間違っても「締め切りがあるから書けるよね」という作曲家たちとは一線を画す作曲家さんです。
そして何より、美しい。かとおもえば、チャーミングな曲も書かれて。
「現代音楽」と聞いて、拒否反応をしめす方たちにもお勧めできる作曲家さんです。

その場で楽しいというものもありますでしょう。しかし、古典の作曲家のようにCDを引っ張り出して、「また聞こう」という曲は、残念ながらとても少なく思います。そういう思いを裏切る作曲家さんです。ネットにも音楽は転がっていますので、お勧めします。


最近のリコーダーの曲はこちら。






そして、他にはもちろん高橋東悟さんの作品もあり、

高橋東悟さんの「浸潤する『時』ー独奏ピアノのためのー」(ピアノ 篠田昌伸)もあります。

他、作曲家さんたちは、井瑞葵、倉内直子、法倉昌紀、篠田昌伸。

(すべて敬称略)




溝入敬三 コントラバス・ソロライブ

コントラバス奏者の溝入さんが、ライブをされます。
溝入さんは、私が20代の頃から格好良くて素敵な実力のあるコントラバス奏者さんですが、年々、溝入さんの魅力が増していますね。初めてお見掛けしたのが、上野でのコンクール(作曲)の最終の時、弾く直前に、雨の中ギリギリ入った時に後ろに待機していたという、今でも鮮明に覚えているのが不思議です。
その直後の演奏が素晴らしく印象的だったのです。

4月23日 日曜日
13時半開場 14時開演
live space ZIMAGINEにて。場所が南青山に移りましたので、ご注意ください。 
ホームページからの予約もできます。

2500円、ドリンク別です。
 
J.S.Bach ,Tom Johonson,H.W.Henze,Wifried J entzsch,Eugene hartzell,Chinary Ungと、プログラムはとても楽しいです。

 

A7 CONCERT 2017

作曲家の峰村澄子さん率いるA-7のコンサートが今年も開催されます。
2017年4月19日水曜日
京文化会館 小ホール 全自由席 
19時開演 18時半開場。
入場料一般3,000円 学生2000円

第一部
綿引浩太郎「組曲」ヴァイオリンとピアノの為の
栗林琢也「遠き彼方の」バスーンソロの為の
橘晋太郎 ピアノ曲集「images」より(新作初演)
峰村澄子「庭火の歌」ヴァイオリンとピアノの為の

第二部
森ふみ代「松の針」「知に生き」フルートと歌とピアノの為の
坪井伸親「Drammatico Episodio Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ .」ピアノ三重奏の為に
ワキマル・ジュンイチ「color No.Ⅱ」ヴァイオリン、チェロとピアノのための 

他、演奏家
 Vn.服部奈々 Bn.宮崎寿理 Pf.関野直樹 Bass.大澤建 Fl.吉岡次郎 Pf.清水良枝 Vc.松本ゆり子  

素敵な春を。 

現代の音楽展

2月1日(水)
現代の音楽展

オペラシティーリサイタルホール
チケット 4000円(全自由席)
東京オペラシティチケットセンター 他にて発売中。


アンデパンダン展第1夜にて
作曲家のくりもとようこさんが、自作を演奏されます。

ウェーベルンの旋律によるパラフレーズ~青春の思い出に(ピアノ・栗本洋子)
2016年に作曲、9月に名古屋にて初演されたものです。
ウェーベルンの初期の作品「弦楽四重奏のための緩徐楽」が、若いころ大好きだったというところからきているそうです。(誰もが作曲していると、若いころ聴く曲でしょうね。いい曲ですし)

当日のプログラムとは違い、6番目、休憩をの最初に自作自演されるそうです。どうぞぜひお楽しみに。  

他、出品作曲家
内本喜夫、梶俊男、露木正登、野崎勇喜夫、橋本信、北條直彦、北條美香代、ロクリアン正岡。

 

絆 第15回目

絆の第15回目コンサートが ロシア魂Ⅱと題しまして、第一生命ホールであります。


9月17日(土曜)
二時スタート。入場は1時半より。
全自由席で一般3000円 学生2500円です。

藝高の同期の藤崎美乃(ヴァイオリン)奥泉貴圭(チェロ)を迎えて、

本山乃弘さんは 

チャイコフスキー:ドゥムカ ロシアの農村風景 作品59
ブルー面フェルト:左だけのためのエチュード 作品36
スクリャービン:エチュード嬰ニ短調 作品8-12「悲愴」

前田拓郎さんは

スクリャービン:24のプレリュード 作品11より

中谷政文さんは

グリンカ/バラキレフ:ひばり
ストラヴィンスキー/アゴスティ:バレエ組曲「火の鳥」

佐藤卓史さんは
ルビンシテイン:へ調のメロディー
タネーエフ:スケルツォ ヘ長調
カリンニコフ:悲しい歌
バラキレフ:イスラメイ ~東洋的幻想曲~

川田健太郎さんは
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第二番 ホ短調 作品67

という楽しいプログラムになっています。

もう15回になるんですね。
ずっと楽しみにしております。

 

モーツアルト フルートカルテット 全曲演奏会

9月12日午後7時より
大泉学園ゆめりあホールにて
「音戯のアンサンブル」(だてかよこご機嫌な仲間たち)がMozartフルートカルテット全曲演奏会、他を演奏されます。

ありそうでない、楽しそうなクラシックを、オーソドックスでもしっかりしたのを聴きたい人たちには特におすすめです。 

午後6時半開場です。
全席自由3000円
大泉学園ゆめりあホール、西武池袋線大泉学園北口徒歩一分
お問い合わせはdateca4☆gmail.comまで。☆をアットマーク@にかえて、お申込みまたはお問い合わせください。

メンバーは、ヴィオラ、岡さおり、フルート、伊達佳代子、ヴァイオリン、中島久美、チェロ、寺田達郎。 

ピアニスト松岡直子さん、

松岡さんが、ベートーヴェン!
現代には珍しく、外見とは裏腹に芯の太い演奏をされる直子さん。
10月15日には、杉並区の城西病院ロビーにて、「晩年のベートーヴェン」と題し
ピアノソナタの、30.31.32番を演奏されます。

他にも演奏される予定です。

18時半開場、19時開演ですが、

第129回ホスピタリティコンサートですので
当日先着70名様、入場無料とのこと。

松岡さんファンの方も、それ以外の方もぜひぜひ。
オススメです。

ちなみに、インフルエンザの流行の展開によっては演奏会を中止する事があるそうです。
情報はホームページでご確認ください。

21世紀日本歌曲の潮流

国際芸術連盟主催の「21世紀日本歌曲の潮流」が渋谷区文化総合センター山田和田 伝承ホールで開催されます。

作曲家は、千秋次郎さんはじめ、澤田博さん、野村朗さん、服部和彦さんです。

11月25日水曜日18時半開場
19時開演です。
チケットは3500円。自由席です。

こちらでも扱っております。 

飯野明日香ピアノリサイタル

10月2日金曜日
東京文化会館小ホールにて、ピアニストの飯野明日香さんがリサイタルをされます。

Parfum du Futur vol.15

FINLAND LANDSCAPE
フィンランドの風景

全自由席 3500円 学生2000円です。

プログラムは
シベリウス/樅の木 op.75-5
パルムグレン/「三つの夜想的情景」より
サーリアホ/前奏曲
サロネン/Dichotomieより
吉松隆/タピオラ幻景(左手のための)Op92より 
ノルドグレン/「小泉八雲の怪談によるバラード」より
間宮芳生/トナカイの冬のヨーイク
ラウタヴァーラ/ピアノソナタ第2番「火の説法」op.64

当日は、会場にてマヌ・ヴィルタモ駐日フィンランド大使撮影によるフィンランドの風景写真を展示しているとのことです。フィンランドがお好きな人にもお勧めです。



 
image

松岡直子ピアノリサイタル

ピアニストの松岡直子さんが今年もリサイタルを開催されます。

松岡さんは、今には珍しい颯爽としかし愛らしく大人なピアニストさんで大好きなのです。

9月21日(月曜・祝日敬老の日)
午後二時より東京文化会館小ホール
開場は13時半です。
 
全席自由
一般3000円 学生2000円(当日500円増)
ペア券 5000円(前売りのみで枚数に限りがあります)
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

文化会館チケットサービス他。カンフェティ、ピティナにて発売中。 

曲は
クープラン/ゆりの花ひらく フランスのフォリア、またはドミノ
ベートーヴェン/ピアノソナタ第31番 変イ長調作品110
スクリャービン/ピアノソナタ第2番  幻想ソナタ 嬰ト短調Op.19
ラフマニノフ/コレッリの主題による変奏曲Op.42 


いつも思うのですが、知り合いのリサイタルなど、プログラムをお送りいただくと、自分で偽物リサイタルとして?(笑)家で弾いてしまうピアノ弾きは私だけでしょうか?
そんなことはないと思いますけれどね。皆さん弾いてしまうでしょう??? 

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ