作曲家 西部哲哉さんの、手塚リサさんのイラストレーションにインスピレーション受けたものを、僭越ながら私が弾いてみました。西部さんにはお待たせしてしまって・・・。

夜想曲第11番「夜の魔法」-ピアノのためのー

です。
今年、私にも素敵な曲をプレゼントしてくださって、それこそアップしていかないといけませんね。6月には、グループNEXTでの発表もあるので、ぜひ足をお運びください。この世の中にあって素敵な調性の曲を書かれる(それが全ての理由ではありませんが)西部さん。実は私はNEXT代表の高橋東悟さんとは、メールで色々音楽について語り合った非常に記憶に残る作曲家さんでありました。というのも、ご存知の方も多いと思いますが、51の若さで逝去されました。今の私がちょうどその歳ですが、私を心で支えてくださった方でしたので、その奥様との電話の時にという、奥さまもどれだけショックだったかと思いながら、私自身とてもショックでした。そのころから、大事な人がいろんな形で、、、という、なにか目に見えない流れが出来て不思議でした。そして、作曲家西部哲哉さんとのご縁。しかも調性というだけでなく、非常に本当の作曲家であられる「日記を書くように曲を書いています」の言葉に、まさか東悟さんと親しかった方だとは等々。 

そもそも、リコーダーJPから楽譜を石田さんとのお約束(もちろん!石田さんのファンですから!)で出版させていただいたことからつながったのですね。あ~石田さん~。お待ちください

そう思うと、出版っていいことあるんだな~と思ったり。単純な私です。
そう!石田さんに触発され、銀座のヤマハに楽譜を買いに行ったときに、思わずリコーダー買っちゃいましたからね。リコーダーって、それだけ持って森とかで吹けますからね。なんて便利なんでしょう
。はい、近くに人がいないことを願って吹かないと、迷惑がられますね、私の演奏?では(笑)

あたたかい時期に、早朝に鎌倉の海で、カラスにバッハを聞かせたらどうなるかとか、色々試したりしていたのですけれど、またそんな時期ですね

是非コンサートに足をお運びください♪詳細は後ほど。