3月15日までonari NEARにて開催されています。
 
吉田さんの器を初めて手にしたのはいつでしょうか?
何枚割ってしまったことか・・・。
ま、そんなことはどうでもいいですね。
CIMG0377 (200x150)


テクテク鎌倉を歩き、いつも散歩となると鎌倉の方へ行くのが一番気楽ですし、鎌倉方面の自然は小さいころから馴染みがあるので、ささっと突然行ったりするのかしらと思います。

 CIMG0378 (200x150)

夕刻からでしたので、器屋さんでは珍しい?ような気もしますが、やってるやってる!
 作家の吉田直嗣さんは、気さくな方ですのに、色々な問いかけに真っ直ぐな目で温かみをもって語るところは非常に印象的でした。うさぎの作品のことも聞いたところ、写真を見せてくださり!そういうイベントだったのですねと。
↓この時間でしたので、こうして作品を前にゆったり撮れましたが、そののち店内がギューギューというくらいになりまして^^ 
改めてファンが多いのだなと。お客さんたちも、吉田さんの食器を愛する人や、お知り合いだったりと。盛り付けの話やなんなりと思いながらも、新作の銀彩のものを皆さん手に取り・・・私も負けじと手にして(笑)。皆さんに感謝ですわ♪
CIMG0380 (200x150)

この日、なんとお料理もホットワインも出まして、それは美味しい♪
赤城美知子さんという方(toricot)が、この日に吉田さんの器を選んで作られたそうです。
CIMG0389 (200x150)
いきなり、みんなで撮影会になってしまって面白い。きっと、あの方の写真はすごいのだろうな~と。
私は遠くから♪
寒かったのですが、白ワインでのホットワインにホッカホカ!
私、最近思うのですよ。下戸ではないかも、と。
CIMG0381 (200x150)

CIMG0382 (200x150)

しっかり作り方を教わったので、同じものがお家でも作れますね。

お料理では、うさおではないけれど、人参のこれ。
CIMG0395 (200x150)
これは、私のレパートリーに取り入れたく、もちろん作り方を赤城さんに伺ってきてから、しっかりと作って朝食にも作っています♪
CIMG0393 (150x200)
食は、私はとても大事にするのですけれど、それはやはり、細胞のもとになるから。人間で自分の意志で出来ること=口にするもの。
毎日のことですが、その一つ一つがその人の土台を作るから。
彼女のお料理は、私が好むものと似ているな~と、いただきながら思いました。
しかし、改めて料理が映える器。


CIMG0392 (200x150)
オーナーさんは、たくさんの愛情をもって器を語る人です。

やっぱり赤も飲みたくて、おかわりしてしまいました^^

飲み比べてみて、どちらも美味しいですが、白ワインが私は好みでした♪



CIMG0396 (200x150)

別の日に、この前の藤崎孝敏新作展

2015-2-3

(ファンも多く、少しお疲れのようなcauvineさんです。作品は改めて書くまでもなく素晴らしく。)

2015-2-1






で、知り合った方からお花をいただき





CIMG0408 (200x150)
なんと嬉しいことでしょう~。「テーブルに置くお花にしてください」というカードが付いています。
とても丁寧なお花屋さんですね。プーゼというところのフローリスト玉利康子さんの作品ですね。誰がアレンジしたか書いてあるとは。しかも一つ一つ、お花の名前も記されています。

ミモザは私も大好きなもので、つい昨日飾ったばかりだったのです。
CIMG0407 (200x150)

今月は白うさぎの命日でもあり、黄色いフリージアも。
なんだか心がホカホカな連日でした。



黄色繋がりで、とても寒くて風邪っぽくなったので、はちみつジンジャーレモン。

風邪にならないと良いな。皆様も体調を崩されませんように。
CIMG0412 (200x150)

 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。