千絵さんとやりとりしていて、肌断食を知る。

へえ~。クレンジング剤って生まれてこのかた使ったことない私には、
うれしいこと!ラブ
メイク落しってことでしょう?
化粧水といっても、某通販会社のディローションか、肌が敏感なときに
ぬるま湯をぱちゃぱちゃするだけの私。
朝なんか石けんなど使った洗顔もしたことが、ここ10数年ない。
髪だっていわゆるリンスも使ったことがないし。髪も染めたこともなし。
だって美容院にいけばされるでしょうが、久しぶりに伸ばしている今
美容院にここ2年くらい行かず、自分で切ってるし・・・。
やけに直毛なので昨年末自分でパーマをすごく久しぶりにかけたけど。
(ここまで書くと・・たんなるずぼらって自分でも思う落ち込み
違いますよ、肌弱いんです)

友人にはよく「もうきちんとやったほうがいいよ~」と夙(つと)にいわれていた。

で、千絵さん朗報!ありがとうって感じハート

関係ないけれど、昨夜デリダの「声と現象」(ちくま学芸文庫)新たに訳されたというので
読んで寝ようと思ったら、序論の前の「奇怪な物語」の引用の一部で
私お得意の空想の世界に入り、眠ってしまった・・・。大森晋輔君曰く
デリダは初期のほうが難しいと。この前の「死を与える」のほうがわかりやすいと。
それ以前に、わたしは序論のまえの引用で眠れるとは幸せものなのか
ぼけてるのか、誰にもわからない。困った