うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

「一期一会」昔から好きな言葉です。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

2021年02月

2021年2月9日から、16日まで。

もう終わりに近いですが、とても素敵なので。
企画は、金子光史さん、以前お会いした時に、「自作」の自転車を見せてもらって五島さんとびっくり!
という、五島研悟さんが、この展覧会を開催するきっかけになったのですね。

とはいえ、自粛要請の中ですが。

お知らせまで。

gallery枝香庵にて

ここの屋上、大好きなんですよね。特に冬。
外の方に、大きいストーブがあって。冬が大好きな私はたまりません。いつか、五十嵐靖さんが、あったかい珈琲を淹れてくださったっけ。寒い中、あたたかいカップで、ほっこりっていいですよね。

11時半から19時まで。最終日は、17時まで。

F4DEA12F-42A5-45FF-B1EF-C9B076868140



私の知る画家さんでは、市野裕子さん、オーガフミヒロさん、平井勝正さんですね。
 
その他の画家さん、(敬称略)アンジー、石塚シゲミ、遠藤山桜子、大庭順子、太田博健、KANA、佐々木大也、亀山志保、志村雅人、野澤義宣、能登実登利、MARU、森山侑紀、洋二郎、横山祥平。

うさぎがいます!

8C5B848A-1B1D-4EE0-94C9-14110E13EC96

 

10代のころ、私にとっての神田の古本屋街は、もちろん本屋さんや、同地震の合評会の場所、ミロンガなどの喫茶店など色々ありましたが、なによりまだCDの時代に、特にロシア関係のみ集められていたショップがあること、古賀書店もそうですが、音楽のものもあるというのが魅力でした。スペイン書房もあり、大学の頃は重宝しました。

とにかくロシアという、あの独特な感じが好きですが、(私の中ではソビエト時代の)でもはやり、ショスタコーヴィチに行きつくんですよね。

大人になってから、私のピアノの師匠が、ショスタコと手紙、作品のやり取りをしていたのは、なかなかの衝撃的でした。もっと目立ちたいが優先の人なら、先生はすごい存在として扱われていたでしょうが、どうも私も私の近しい周りは、そういう欲望が皆無の人が多すぎて。
それよりも音楽の方が好きなのです。

昨年は、ピアノ曲をどうしても書かねばならず、結局ピアノがほとんどでしたが、年末から、カルテットを久しぶりに・・・です。

昨年、よく聴いていたカルテットの中でも、このショスタコのメジャーな8番を絶妙に演奏するオイストラフカルテット。








いい弦楽四重奏団に恵まれると、本当に生き生きします。

ボロボロのスコアを引っ張り出して、スコアを沢山見直しました。そんなタイミングというのがあるようです。
ちなみに、私の先生は、聴くだけでも駄目、スコアで見るだけでも駄目、聞きながらきちんと見なさいということをよく言っていました。「わかったつもり」が一番だめなのは周知の事実ですね。
いつだか、「耳だけで聴いてピアノで演奏できるよ」という素人の方を見かけましたが、音楽家は皆さん「無理でしょ?強弱やアーティキュレーションなど、すっとばしてんのかい(笑)」と、突っ込むと思います。それでは「弾いた」ことにならない。
私の大好きなチェリストさんも、その弾きこみ方を、さしで話していた時にものすごく強調しておっしゃっていましたが、まあすごいです。

演奏家に恵まれる。日本ではとても稀なことですが、作曲というのは楽しいものです。
いや、作曲に限らず、モノを作り出すこと、料理でも、なんでも。

何かを作り出す人で「料理が下手」という人は見たことがないです。そりゃそうでしょうね。
しかし、昔なら生演奏を無料で自宅で見られるなんてなかったですものね。
covid-19 になって、ますますそういうものが広がってきていますね。


ちなみに、私は、ピアノに編曲されたものを弾きましたが、
いつもながら、シンプルなものほど本当に難しいと感じています。
そしてショスタコの場合は特にシンプルに編曲するのが一番だとも確信しています。





↑このページのトップヘ