作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2016年06月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

著作権問題

最近、また商業施設のBGM使用での違反により、いろいろあったようですね。

ちなみに、ここに記しておきますが、私の曲は、ピアノ曲だろうが、フルート曲だろうが、リコーダー曲だろうが、弦楽四重奏だろうが、その他何でも、著作権フリーです。

ご自由に演奏してくださいね。できれば、いつもお伝えしていますが
「今度、演奏するよ~」などとちょこっとメールでもいただけると喜びます♪(まあ、それもご自由なのですが・・・)

音楽を楽しんでくださいね。
 

そういえば、この前、フルーティストさんからリコーダーの曲について嬉しい言葉を頂戴しました^^
それに加え、「キラキラした演奏で」とあり、あら~これは本当にリコーダーJPさんのご協力なくしてのお言葉ではなかったと思いました♪録音CDに協力してくださったすべての皆さんに感謝します^^  。。。とここにこっそり書いておこう。 

尾形アツシ陶展

尾形さんの器は、家で大活躍。
いろんな作家さんのを持っていますが、出番の一番多い器。
シンプル。そんなことだけではない深みのある、奇をてらわないのに斬新さもある。
作家物なのに、丈夫←日常使うにはとても大事。

ということで、6月17日から21日まで
六本木の桃居にて陶展があります。

11時から19時まで会期中無休。
日常にこそ、素敵な時間を尾形さんの器とともに。 

楽譜訂正箇所。

あっと言う間に梅雨になりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

うちでは、ちびすけが元気にしているので、私もよいしょと頑張っているところです。

CIMG8067

いつも足元に絡みつきます。しかし、うさおと違って、音には敏感で、聞いたことのない音を聞くと、すごい顔をして足ダンしてどこかへダッシュしていきます・・・。

横浜のイングリッシュガーデンも紫陽花がたくさんあって楽しかったですが、そこに行く途中の道端の紫陽花も、紫陽花ではない花もとってもきれいな時期ですね。
CIMG8223


さて、リコーダーJPより発売の私の曲をお買い上げくださった方々には深く感謝を申し上げます。
リコーダーJPの石田誠司さんにお会いしたのは、もう10何年前。あっという間でした。
今回、石田さんはもちろん、リコーダーを吹いてくださった方、色々校正をしてくださったりと、皆さんにお世話になりました。

リコーダーJPは、本当に日本で素晴らしいリコーダーの数々の楽譜を作られていますし、ホームページにはいろんなハウツーなどありまして、素敵な会社なのです。

改めて、石田様、ありがとうございました。

さて、こちらの楽譜出版ではものすごく丁寧なCDがついていますが、こちらの「ワルツ~2本のアルトリコーダーとチェンバロのための」の大きい方の楽譜のチェンバロのところに若干訂正がございます。ほぼ差し支えないのですが、もし「これおかしくないかしら?」「買ったけどどこですか?」のようなことがありましたら、私に、もしくはリコーダージェーピーさんにメールなりいただけたら幸いです。一番初めのものだけですので、時間が経っていたら石田さんが直してくださっています。


ということで、よろしくお願いいたします。

フルートの方には、演奏者が幸せになる曲とメッセージをいただき、ほっと胸をなでおろしました。

あ~。木のリコーダーが欲しくなりましたよ♪

リコーダーは、だれもが学校で手にするものですので、イメージが固まってしまうかもしれませんが、そういうのを払拭できるといいなとも思いながら、リコーダーが出来て演奏に使われていたものということを大事に。

それでは皆様、音楽のある楽しい生活で梅雨を乗り切ってくださいね。

追記
このブログは、私のことというよりも私の周りにいる素敵な人を紹介するというのが目的で始めたものですが、どんなに忙しくても写真を撮って載せてということをしておいてよかったと思います。
何故なら、最近訃報のお知らせも多いのですが、私に接してくださった方々が必ずしもネットの中に出されるわけでもなく、しかし彼らも忙しく、その展覧会の時やいろいろを記しておかなかったということで、その方のお知り合いの方に、懐かしい思い出ですと、写真や雰囲気を今になってここで見ることが出来るということがよかったと伝えてくださる方もいらっしゃって。そんななにかのお役にたてたのなら、このブログをやった甲斐があります。
ありがとうございます。
 

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ