作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2015年01月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

現代美術展

ポルトリブレにて、
バレンタイン現代美術展2015 

2月6日より16日まで。11日お休み。12時より20時まで。


ポルトリブレの平井勝正さんの個展は、渋谷にある
ウィルアム・モリス 珈琲&ギャラリーにて。
3月1日から30日まで。
12時半より18時半まで。
日曜月曜祝日、17日お休みです。
渋谷区渋谷1-6-4の2階

平井さんの色彩は初めて見た時から大好き。 

平井さんはとても明るい方ですし♪


楽しんでくださいね。 

日本の作曲家 2015 第3夜

第42回楽譜製作作品演奏会

東京オペラシティリサイタルホールにて開催されます。

19時開演
18時半開場
全席自由 4000円 (税込)

作曲家は
鈴木英明、大谷千正、小櫻秀爾、伴谷晃二、西田由美子、上野未致子、板本 勝百。(敬称略)

鈴木英明さんは、
        3つの詩ーヴァイオリンとピアノのための
          Ⅰ.ヒステリックな対話
          Ⅱ.甘い悲しみ
          Ⅲ.楽天的に・・・そして孤独へ
              ヴァイオリン・景山裕子 ピアノ 鈴木智恵


  しかし、早いですね!私も楽譜出版をしたのはかなり前。
  
この日は尺八や 二十五絃こと琴もあるのです。
楽しんでください。 

新作歌曲の会へ行きましたよ。

久しぶりに、こちらに~。

最近はもっぱら行ったことを書かないので、思いっきり野放し状態ですが・・。

作曲家でピアニストの野澤啓子さんは、しっとりとした曲を書かれ、それをバリトンの鎌田さんが好演されました。もちろん、野澤さんのピアノもとてもバランスよく、作曲家らしい伴奏でした。コンサートが終わった後も、音楽以外の(走る方ですね!)お声かけがあったりと、ファンの多い野澤さんです。

今までこの会では「猫ばっか」というのをシリーズでやってきた野澤さん。
テノールの小林大作さんが頭に焼き付いてしまって。「猫」とじゃれながら舞台で演奏している感じ(といえばお伝えできるでしょうか?)で、悩み事があったりしたときも、聴いちゃうと
「えへっ(^◇^)」となってしまうような。

今回他の曲で大作さんも歌われたので、撮らせていただきました♪
向かって左が、作曲家の野澤啓子さん。真ん中がテノールの小林大作さんです。
「猫ばっか」はCDにもなるそうなのですよ♪

 CIMG0300 (480x640)

会場に入る前、凛としていながら、笑顔が素敵な作曲家の大政直人さん♪
フェイスブックでもそうですが、大政さんはすごい人気なのだなあ~と思いました!
ファンの方が多いのですね!
そしてその日の作品は『四つの愛の歌』でしたが、あたたかい曲でした!

ソプラノの森朱美さんの衣装も素晴らしく、「素敵~」とうっとりしていました。
 
CIMG0295 (480x640)のも

現代に生きている私たち。
過去の作品を聴くのも大事ではありますが、やはり今作られているもの(音楽に限らず)に目を向けて同じ時代に同じところでを大事にしたいですね。音楽だとこうしてその作曲家本人との交流も出来ますし。
もっともっと普段現代音楽になじみのない方が、来てくださると良いなと何十年も前から思っています^^



 

東京を描く市民の会

写真家の松岡尚武さんからのお知らせです。

18日より、24日まで
美術家会館ギャラリー青羅

東京を描く市民の会 
 残したい風景 2015 GINZA展<東京の公園と庭園>が開催されます。

11時から午後6時まで
 
 毎回とても素敵ですね。

是非。 

新作歌曲の会

第16回演奏会

新作歌曲の会

2015年1月25日日曜日
14時開演13時半開場

東京文化会館小ホール

全自由席4000円
 
野澤啓子さんは
長田弘さんの詩
『おおきな木』 より「三毛猫」「おおきな木」を。

バリトン 鎌田直純 ピアノ 野澤啓子
 

大政直人さんは 
銀色夏生さんの詩集
『すみわたる夜空のような』『あの空は夏の中』『エイプリル』より

ソプラノ 森朱美 ピアノ 前田菜月

その他作曲家さんたち演奏家さんたちが沢山。
楽しんでください♪
 

明けましておめでとうございます!(遅いよ) 

新年あけると同時に歳も一緒な私です。

  CIMG0225
さて、皆様昨年はどんな一年でしたでしょうか?

今年は更に水面下にいそうな気がします(笑)
そこで思いっきり楽しく笑って過ごしている、そんな雰囲気です♪ 

随分とご案内のブログとしてはアップが少なくなりましたが、電磁波過敏症を少しでも和らげるためというのもありますが、なにより皆様フェイスブックでお知らせをしているので、そもそも、私がこのブログを始めたきっかけ(折角素敵なコンサートや、美術があるのに、これからはネットで探す人も増えるだろうし、たまたま私の接続環境が時間制ではなくなった←それはでは、何時間まで何千円というような世界でしたよね・・ので
お知らせしたくても色々な理由で出来ない人に代わることはできないだろうかということ)
が、薄れてきたというのもあります。

facebookは殆どみていないのですが、私はかなり絞ってのお友達つながりで(友についてはアリストテレスの考えに非常に共感する)たまに拝見すると、非常に有意義なことが書いてあり、しかも年上の方が多いので、その「年上」という言葉を裏切らない前向きながらしっかり足元を見ている方の栄養をいただけるので、苦手意識は減ってきました。作曲家たちはモノづくりの上では孤独と友なので(作曲に限りませんが)、個人的に大好きな人がどういう気持ちでやっているのかというのは、なかなかお会いする時間もない中、もっと好きになったりと。

友達つながりでAさんというかたとのやり取りでも、改めて頷けることも多々あり、彼の「愛」のことについては「愛を知らずして愛を語るべからず」という中に
「見返りを求めないから無償の愛ではありません」というのも、フムフムとか。
大手雑誌に協力を求められてもやはり「本物」はそんなことでは動かないものなのだと思ったり。

人は生まれたら死ぬ。
こういう単純なことを意外と自分に引っ張って考えている人が少ないのに驚いたりします。
今は核家族化しているからもしかするとこんな言葉も日常ではささやかれないのか
親に限らず、だれでも明日どうなるかわからない、これは肝に銘じて生きてきましたが、大好きな画家さんが「画家を卒業しました」と、一瞬驚きましたが非常に人間的で尊敬できる考えを持っている方なので、すぐに納得しましたが、ちょっとは寂しいですね、実力があるだけに。

どうしてこんな話になったのだか。
「あの時こうしておけばよかった」という言動は最小限にしたいものです。

1月限定の独り言でした。

CIMG0182
お花の先生をやっているお友達が作ってくださったリース。
クリスマス時期にくださいました。
彼女もミニレッキスのおっさんを飼っていたのですが、お月様に行ってしまってうさおとの対面はできませんでした><

今年のお誕生日にはお花をたくさんいただきました。

お正月に飲んだワインは


やはり人気です。シルクアイマスク。
相手によって雰囲気違えていますが
目のほうと、ゴムの方はシルクにして、表は無撚糸タオルなどが気持ちいい気がします。
麻の表でも良いのですけれどね。
髪の長い人にはシルクのシュシュも一緒に。ヘアバンドよりサクッと旅行などで洗顔の時など良いかなあと。
このリバティのコーティングのはファスナーの色と合ってよかったのでお友達に。

自分のためには、シルクネグリジェを製作中。

刺繍も相変わらず。
皆様にとって笑顔の多い一年でありますように。

朝子 

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ