作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

May 2013

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

創発

DISCRETE SEQNCE

5月29日水曜
杉並公会堂 小ホール

18時開場 18時半開演

作曲家 板津昇龍くん作曲の「かぼちゃコンプレッション」が演奏されます。

          flute 木ノ脇道元 cb佐藤洋嗣 

そのほかの作曲家は山口紘氏 河合孝治氏など。

全席自由で 一般3000円 学生2000円です。


詳しくはこちらまで。
    

   

松岡直子 ピアノリサイタル

6月16日日曜日
14時開演13時半会場

東京文化会館小ホールにて
松岡さんのリサイタルがあります。

全席自由

2500円
 
プログラムは
バッハ「フランス組曲第5番ト長調 BWV816」
フランク「 前奏曲、コラールとフーガ」
ラヴェル「クープランのトンボー」
ラヴェル「夜のガスパール」

凛とした演奏が楽しみですね。

夜のガスパールは昨年から、まるで「聞き比べ」をしているかのようなくらい
たくさん聞いています。自分でも思わず昨年からロシア音楽の合間に弾いちゃったりして(笑)
やっぱり「絞首台」が一番好きですけれど。気持ちが引き締まります。早朝に弾くとなおさら。


 

オーガ フミヒロ展

人は懐かしき 鳥は謡う

画家のオーガさんからのお知らせです。

5月23日から6月1日まで
10時から18時 会期中は無休

いつき美術画廊
詳しくはこちらで。

いったことがない画廊なので楽しみです♪

いつだか、ミズさんのところで声をかけられたときはびっくり!
年々若返っているような、魅力的なお人柄でもあります^^

ぜひぜひ。


 

今年も早い。

image


GWは、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はいつもと変わらずです。それは、とても恵まれたことですね。ちょろっと、遠出もしたり、少しは違うのかもしれません。

みなとみらいのほうでは、たまたま通りがかったら、パレード。中でも、横浜らしく崎陽軒があったのにはびっくりしました。



ここは出るところのようで、あまり人が見えませんが非常に混んでいました。

薔薇も綺麗な時期ですね。

連弾という薔薇があったのは知りませんでした。

image


針が嫌いな私が昨年末から刺繍をはじめ、ラベンダーサシェを作っては、人様に差し上げるという、ある意味嫌がらせ?(笑)を楽しんでいます。五月一日はすずらんの日でしたので。私が鈴蘭好きなことを知っている方にスズラン関係をいただいたり。
しかし、刺繍をサシェに仕上げるのは二時間はひとつにかかるので、一日一個までと決めています。
母の日ようにはこっちを。
image


うさおも10才過ぎてからガラッと変わりました!人間も日々変わるというよりは、なにかガクッとかわりますし、同じですね。
image


image

たまには、うさおの好物をと。

カジュアルな南仏料理をいただいたのですが、美味しかったですね。
image


シェフはもちろん南仏の方!
あまりフレンチを食べるのは趣味ではないですが、例外でした。

image

あんこ、特に裸あんこは大の苦手でしたのに、粒あんが妙に食べたくなることも。


フルートオケのためのを書いてから久しく、可愛らしい笛など、どうも私の奥底に反してか、そういうのを書くようにできているみたい!
もう少しお待ちくださいね>_<

縁があるのでしょうか?
一方で、やはりピアノ曲の作曲は楽しく
アメリカでも楽しんでいただけ、連弾、二台はどんどん書いていきます。
編成を珍しくするのは簡単ですが、私はやはりオーソドックスな編成でやりたい。
アラがわかりやすいからこそ、誤魔化しがきかないその強さでやります。

最近も、価格というのを聞かれたりしますが、今はコンピュータ使う方も多いのですが、ただの写譜で、過去大きい編成ではOperaでした。約300ページ強で、パートは五個。のち、三個は無償で、10万円。ちなみに、その方には、スズメの涙しかでないと言われましたが、大手商社で働いていたわたしには、しっかり←三日ほどでミスなく仕上げました という料金に思います。
ちょっと、金額取り過ぎてないか、芸術関係のシンプルな仕事はと思いました。

作曲は、室内なら10分程度で、二万くらいです。みなさん、実費はだしてくださいますが。
かなりの破格とは思いますが、音楽を楽しむだけではなく、愛情が深く感じられる方とのご縁が多かったためと付け加えておきます。
そして、終わったあと非常に喜んでいる皆様の姿をかげからみて、良かったと毎回思っていました。
今年は他にやることもありセーブしていますし、いわゆる現代音楽で出品してだれかわからない人に初演を大枚払って、残念なことになるのはいい加減見切りがつきましたので、あまり発表はいちいち報告してのはやるつもりはありません。

本当に愛情もってされるかたとの、やりとりが楽しいから。それが本来私の望むものです。
過去一度だけコンクールに出したことはあれ、あとは一切出さない、それがわたしの若い頃から考える音楽への愛です。
と、ながなが書きましたが、某さん、ご理解いただけましたでしょうか。
貴方さまのご依頼よろこんで。

image

フォーレのレクイエムが

あったりするのよねー。人来るねー。
image

岡野耕三回顧展

詩人の小川さんからのお知らせです。
岡野さん没後10年として、回顧展が永井画廊で開催されます。

 岡野さんは1940年生まれ
2003年スペインのクエンカで急逝 
享年63歳

5月21日 18時より小川さんと永井さんの対談があります。

写真・映像は又木啓子さん 

24日には18時より詩とフラメンコの夕べとして
堀越千秋さんがカンテで登場。
詩の朗読は 大倉雅恵さん、佐藤智子さん、鹿又夏実さん、そして小川英晴さんです。
ワンドリンク付き会費 2000円です。
会場は場所の関係から、行かれる方は小川さんに連絡を。

絵の会期は21日火曜日から6月1日土曜までで、日曜日がお休みです。


 
livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ