うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

諸行無常。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

2013年03月

どれだけ引越してもついてくるこのシリーズ。
まだ、荒俣さんが、ダンセイニ文字って、団精二で訳していたときの。

紀田さんと荒俣さん、いいコンピでしたよね。
古くなっても、センスのいい挿絵や、もちろん中身。

幻想という分野がまだまだ誤解の多いときだったころ。

ん〜、懐かしんでしまいました。
image

このシマノフスキは楽しみにしていました。

二月三月も芸術てんこもり、ぜいぜい

普段から接触ある人ならお話あったらご招待できたのですが、私もなかなか勉強中なので、積極的なかたのみということで。



なかなか、シマノフスキやらないので楽しみにしていました。ピアノが、二楽章は非常に綺麗にできていましたが、やはり強さを持つべきところのバランスはもう少しやって欲しかったですね。芸術劇場も下が変わりましたね、久しぶりに。
しかし、銀座雨でずぶ濡れ。ノープロブレムです。雨に濡れるの好き。

image

及川さんの具象は、これまた素敵で奥野ビルのあの部屋にぴったり。お客さんが多くいらした後みたいでしたので、のんびりといっても時間はなかったのですが、よかった。土曜までやってます。
image

↑このページのトップヘ