作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2012年11月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

黛さんとか・・・

本当に急に寒くなりました。
ノロウィルスも流行り、風邪も。皆さん気をつけてくださいね。
あと、くしゃみしそうな人はなるべくせめて手で押さえましょう。
先日、喫茶店で、すごいくしゃみしている人がいましたが、その人は家族連れで向かいに座っていたお嬢さんが「お父さん、いやだ~。すごく顔に引っかかった~」と拭いていました。どうでしょう、この他者に対する配慮なさ。 
こういう人は何事も一事が万事という感じがします。

最近はネットも見ることも少なくなり(もともと調べたりということは殆どしませんが、書くことは多かったことも。)更新が少ないですが、もともと私がとても気に入っている人たちの告知という感じで、ネット(ブログ?)が普及し始めたころに始めたのですが、今はみなさんフェイスブックでお知らせしているのでいいかなとも思います。一方、意外に自分の告知はするけれど(または、自分の「得」があるもの)自分の本当にお勧めしたい人たちを、応援しているブログって少ないなと思いました。
なので、これは続けていくつもりです。



10月から12月って本当に個展など多いですね^^
本当にあっちこっちで、まとめても一日4件がせいぜいですね・・・。

今日は、独り言をちょっと。

私が黛敏郎さんと出会ったのは、かれこれ20年以上前です。
音大生でもないのですが、銀座のあるところで、人がざわめいているのです。そこをちょこっとみたら、黛さんがたくさんの香水を買っておられて包装を待っていたのですね。そこで私は、すたすたと「こんにちは!」って。
ま、そもそも私って人見知りなんですが(よくそう思われませんが、高校のころあることをクラスメイトに言われて自分で努力した結果です)人生で知り合える地球人とのわずかな数を自分からあまり減らさなくてもいいだろうという考えなので、そんな感じなんですね、アンテナに引っかかった人は。

もちろん作曲しているからでもありますが。そして、人のサインとか興味がないので欲しがったこともないのですがこの時ばかりは、いただいちゃいました。そうしたらニルヴァーナ・シンフォニーの一部も一緒に書いてくれたのですよね♪それ以後、急激に親しくなるのですが、それは、黛さんが私のあることを気に入ったからだと思います。最初に話したときに、いろんな話しをして、その中で黛さんが目を輝かせた瞬間とかでわかりますし。
で、私は団体でのお付き合いがほぼなかったので、黛さんのシンボルのような、腕組?という印象もまったくないんですね。ということが、書きたいわけではなく・・。

今ってこういうことがなくなったなあ~と思ったこと。
当時、携帯電話って殆どの人が持っていなかった(と思います)。
ですので、母から「あなた、黛さんってあの黛さん?なんどもかかってくるけれど」と何度も留守して失礼でしたが、家に電話がかかってくると私でない家族が出るわけで。しかも私ってなぜだろう。転勤族の娘だったからか、学校でも小学校は小学校、中学校は中学校とか、しっかり区別をつける?習慣がありまして、そこから敷衍するのかは謎ですが、自分のことは自分のことって思っていて、外で誰と会ったとか、いろんなことを親にも話さないんですね。たぶん「澁澤さんちにいってきます」といってもお友達くらいにしか思わなかったでしょうけれど(笑)黛さんというと、電話でもなんだか聞いたことのある声?(「題名のない音楽界」など、たまに見ていたようですし)私が「ああ、黛敏郎さんね?そうよ」っていうくらいなので、なんだかなと思ったのでしょうか。今はこういうことって何か特別な事情がない限りないんでしょうね!

携帯がないおうちも私は知っていますが、たいていお子さんがいるくらいの人たちはあるようですよね。
固定電話しかなかったころは、急ぎの用事は電話でしかなかった。だから知らない親も子供もそういうところからも、家族がどういう人とコミュニケーションとっているかわかったりもするきっかけになったり。かけるほうも、親が出るのか、子供が出るのかで、きちんと挨拶をしてという心の準備があったり。世代を超えた、そういうマナーを自発的に訓練していましたよね。自力で考えるって大事だなとつくづく思ったり。

そういえば、コービンさんこと、藤崎孝敏さんが、もうすぐ日本に来ます。
また寒い時期に。時差に気をつけてくださいね。

今は、非常に頭がごちゃごちゃになっています、お部屋くらい!
私のお部屋は、法律関係と手芸道具が増えて、とうとう倉庫のようになってしまい(笑)一人の世界!満喫になっています。半分古書店のような書籍にまで埋もれ、一冊も本を手元に置きたくない心をとりあえず置いておいて、ごちゃごちゃした部屋には合わない、山本じんさんの絵や、及川伸一さんの絵やダリの版画を見ながらいろいろこれからも、作曲やらなにやらがんばろうと思います(笑)


この前行った、太田すみえ個展にて、太田さんと(最近デジカメを忘れるので、この日だけは絶対忘れないようにって気をつけたの!)

1

ほかにいろいろまわってから(伊東屋で、欲しかった鉛筆が意外に私の手には細かったので断念!モンブランのブルーブラックではなく、初めてミステリーブラックを購入しました)
2月の写真を今日こそ届けようと「ときね」にいきました。
仙太郎さんの絵は右奥に

3

トイレには中川一政さんの書いてあるのがあるので、是非生で見たい方は!

↓浄智寺の柿!

CIMG1603









太田すみえ油彩展

太田すみえ油彩展

石の花


Gallery 銀座一丁目にて。
 
11月15日から 20日まで。
12時から18時半。最終日17時まで で、会期中無休。
 

ぐんぐんかわっていっているような感じが私はします。
楽しみです。
 

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ