作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2011年03月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

ピアニスト西津啓子さんのコンサート


メールチェックが遅くなり、直前ですが、お知らせいたします!
お時間のある方、ぜひぜひです!




西津啓子ピアノ・コンサート

   ・平成23年3月27日(日)14:00開演 (13:30開場)

  ・かん芸館 (東京都杉並区荻窪3-39-14http://kangeikan.jp/

 

・プログラム        

♪ 2つのアラベスクより 第1番 

「版画」より グラナダの夕べ ~ドビュッシー     

 

「仮面舞踏会」組曲より 「マズルカ」「ロマンス」

♪ トッカータ                    ~ハチャトゥリアン

 

♪ ポロネーズ 変ロ短調 (遺作)                            

♪ ノクターン  嬰ハ短調(遺作) 

♪ スケルツォ 第3番 Op.39   ~ショパン

 

「ソナチネ」第2楽章

  コンソレーション 第4番  ~Steffan Jones

 

♪ ブラックアース     Fazil Say

 

♪ Fantasy Op.1-No.1

♪ Ein Gedanke Op.1-No.4

♪ Per Temps du Pluie Op.2-No.2  ~Deniz Inan

 

バースデーコンサート

母とこのための第14回バースデーコンサートが3月31日、横浜市岩間市民プラザ4階ホールで14時から開催されます。(13時半開場)
高校生以上1000円
中学生以下500円
全自由席
0歳より入場可(椅子を必要とされない小さなお子様は無料とのこと)


こんな時期だからこそ、との思いから開催されるようです。

プログラムは
アンダーソン特集、他。

指揮、作曲、編曲は堀越隆一さん。アルエム弦楽四重奏団、榎戸邦子さん(Sop.)、佐藤全子さん(Pf.)はじめたくさんのかたが出演されます。

企画構成は本多菜穂子さんです。

pdfで送っていただきましたが、それをどうやってファイルにするのかわからなくて、一度保存コピーして、スキャンしたため、モノクロになってしまいましたm(__)m

img014


地震

皆様いかがでしょうか。これを見られる方は命が大丈夫ですね。
このブログを地震前にアップし、基本1日1つだけのアップでひとつ以外は予約送信なので、ご案内だけにしていましたが、この記事はオンタイムです。うちのほうも、ようやく水が出て(地域ちょっとでもかなり変わるのですね)雨露しのげる状態です。親しい知人友人は一部連絡つきませんが、ほぼ連絡がつき、私の親戚には東北が多いのでまさに・・・なのですが、いとこなどがしっかりしてくれて。
 テレビなども控え、ラジオをちょっととか、電気の供給も東日本は大変なので、被災者の方、病気の方に出来るだけ使ってもらえるよう(すべて使えるものはそうですね)、皆様と同じく最小限にしています。それでも使えることに感謝ですね。

寒さ厳しいです。被災者の方の健康をお祈りするとともに、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

マタイ受難曲

バッハの「マタイ受難曲」(これ本当好きです)が、東京J.S.バッハ合唱団、第20回定期演奏会で演奏されます。
4月10日日曜日
開演が午後の1時半より、開場は12時45分ですが、午後1時15分より国井神父によるお話があるとのことです。

場所はすみだトリフォニーホール大ホールです。
全席指定で
S席4500円
A席3500円
B席2500円とお安いです。
チケット取り扱いは
電子チケットぴあ 0570-02-9990(ぴあコード 125-143)
そのほか、トリフォニーチケットセンターや東京文化会館チケットサービスや、ホームページでご確認ください。
img012

なんといってもお勧めなのは、このコンサートに青戸知(さとる)さんがバスで出演されることです。
いつだか、JFCの楽譜出版だったかで、非常に見事に歌われていて、ご挨拶したいわ~と思っていたら、ちょうど聴きにいらしていた、作曲家野澤さんのお弟子さんだったというびっくり!な。
(いまでもそのときの写真は大事に♪)
私はいつものことですが、プログラムを読んでから聴かないので、この方がどんなキャリアでどんなことをされてきたかという先入観なしに拝聴していたのですけれどね。ま、実力は肩書きではなく、そのときの自分の五感がその方の実力でしょうし。久しぶりに、名実ともにの実力者とであった嬉しさがあったので、青戸さんのお名前を見つけて、わくわくしたのでした。といっても、私はその時期微妙なんですが・・(T_T)

男性歌い手で、私が現代最も好きなのが、青戸知さんと、中鉢聡さんなのです。

もう3月にはいっていたのですよね。みんなに「3月下旬に」とか「3月に入ったら」とお誘いを受け、はいはいといっていたのですが、今月ではないですか!ぼけぼけでこんがらがっています^^;

ベートーヴェン

ピアニスト飯野明日香さん、出演のお知らせ。

3月24日紀尾井ホールにてベートーヴェンのピアノコンチェルト4番ト長調作品58を演奏されます。

これは”2011”指揮リサイタル「高橋利幸の心の世界」のベートーヴェンシリーズVol.3(ちば室内管弦楽団東京公演)のひとつの企画で、この極のほかにベートーベンのシンフォニー第3番変ロ長調作品55「英雄」や、アテネの廃墟 序曲作品113が奏でられます。

19時より。一般4000円、学生3000円(全席自由)


ぜひぜひ、明日香ちゃんの古典を。

img011

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ