作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

July 2010

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

アンサンブル・オレイユ 第16回定期演奏会

2010年8月7日(土)
東京オペラシティリサイタルホールにて
17時半開場 18時開演
全席自由、1000円というお得な楽しいコンサートがあります。

指揮は北爪道夫
オーボエは桃原(とうばる)健一

曲目は
バッハ=ウェーベルン
管弦楽のための6声のフーガ(リチェルカータ)

マルティヌー
オーボエと小管弦楽のための協奏曲(オーボエ・桃原健一)

ルトスワフスキー
14楽器のためのチェーン1

ストラヴィンスキー
バレエ音楽”カルタ遊び”

という比較的知られている曲揃いです。
小編成のほうが楽しいものは多いですね。


風鈴屋 すず「風展(ふうてん)」のおしらせ

img756

風鈴屋すずちゃんが今年も風鈴屋さんを開催されます。
金沢ですね。

私もまた行きたいです。
8月4日から8月8日まで。
11時から18時半まで。
会期中無休です。

ギャラリートネリコはまだ新しいギャラリーのようですね。

うちではもう既に、すずちゃんの風鈴の音が二つそろって鳴っています。

すずちゃんというすばらしい人物にお会いすることができたら、夏は元気満タンですよ!

ほぼ、閉鎖状態になってきたこのブログ。
どうしてもこういう素敵な人からくると閉められなくて。

古典

及川伸一さんに久しぶりにお会いできてよかったです

地下の展示では一人で観られたので、また贅沢気分。

その後、数人で居酒屋さんへ。入り口にはうさぎが!

ムラ・カズユキさんの個展も。
いろいろまわりました。

梅雨明けですね。
楽しい夏をお過ごしくださいませ。

ポルト・リブレでもすばらしい企画があります。

サウンド・ルート2010日本⇔ロシア

CIMG5766


表参道のカワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」での「プーシキンの詩による歌曲」を聴いてきました。

行きに、あの赤いアニヴェルセルでお茶してから行こうか、OLのときによくいったまい泉で軽く食事をしてから行くか・・・という時間はないのでした。クエストホールのデメルでお茶でもいいのですが・・。
昔OLのころクエストホールで武満徹と高橋悠治と物理学者たち?が対談をするのがあって、会社にまで割引券がまわってきていった覚えがあります。トークの途中武満さんは退屈したのか壇上で寝てしまったのですが、妙にそれが頭にあります。


CIMG5767

HANAE MORIビルってなくなるんですか??・
伊藤忠時代、上司にこのビルのまるで違う国にいった様な所で?お食事をご馳走になったのを思い出します。時間は進みますものね。変わって楽しみもあるでしょう。会社の近くにあったOn Sundays...も好きでした。ワタリウムとしてありますけれど、ちょっと違いますよね。

CIMG5769

さて、着きましたが、今回のプログラムはプーシキンの詩にロシア人作曲家と日本人作曲家(日本語訳されたもの)を同時に聴けるのが楽しみでした。
ありそうでないプログラム。しかも私は結局ロシアの音楽に行き着くので、大好きなんですね。
なんでしょう、フランスでもドイツでもないんですよね(バッハは別だけれど)

こういうときに配られる歌詞は私は見ません。演奏家が日本語をきちんと伝えるかというのがとても重要になるからです。あとは作曲は作る人はわかると思いますが、終わり方。これが重要だったりします。
終わり方が残念な方もいました。とはいえ、いい曲が多かったです。

キュイが聴けるのはうれしかったので、よかったです。
筧聰子さんと遠藤雅夫さんが好演していました。

歌詞、という意味では、肥田雅宏さんがよかったですね。伴奏は高野純子さん。

またソプラノの福成紀美子さんも素敵でした。

福田陽さんの曲も威厳を感じる仕上がりでしたし(「預言者」。。リムスキー=コルサコフ)
金田潮兒さんの曲もドラマティックでしたし(「嵐」ラフマニノフ)
堀越隆一さんの曲は穏やかな、しかもシンプルな自然の流れを感じましたし(「空にたなびく雲がとぎれる・・・リムスキー=コルサコフ)
遠藤雅夫さんのは、現代的バランスを感じました(「願い」キュイ)

ボロディンの「とおいふるさとの岸を求めて」というのは素敵な曲でした。
好演は岸本力さん(Bas)、ピアノ 山本きよみさん。

後援が終わってから少し会長の森田稔さんとお話させていただきました。
穏やかなやさしいお人柄。


1

堀越隆一さんとも。
明日もアルエム弦楽合奏団の本番があるとのことで、お忙しい日々をすごされています。

2

帰りに銀座にちょっと寄りましたら、日本創新党の演説がありまして少し聞いていました。
実現は難しいけれど、それをがんばろうという気力は伝わってきました。
作曲家では、すぎやまこういちさんが応援されていますね。

でも、わたしってどっちかっと言うと右なんですが、でも左よりと知人に言われたり・・・。
自分でもよくわかりませんw
4

日本フーゴー・ヴォルフ協会の第130回例会が7月30日にあるのですね。
livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ