作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2010年03月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

アルエム弦楽合奏団 第四回定期演奏会に行きました

CIMG4831

アルエム弦楽合奏団 を聴いてきました。
ずっと聴いてきた私としましては、感慨深い一日になりました。

今日はいろんなコンサートが重なっていたのですが、これははずせませんでしたので。

ディズニーランドでも弾いている曲をプログラムに入れたり。


ミュージックディレクターは作曲家の堀越隆一氏
アンサンブルディレクターは堀越みちこさん
今回客演はソプラノの榎戸邦子さんで、Mozartの「踊れ喜べ汝幸いなる魂よ」を好演されました。


プログラムは堀越さんのHPでどうぞ

圧巻だったのがチャイコフスキーの「弦楽のためのセレナーデ」でした。(この曲を取り上げたから、Mozartを混ぜたのかしら)
このメンバーでこれだけの音を出すにはものすごく練習されたと思いますし、工夫もかなりあったと思いますが、なにより、チャイコフスキーがきちんと胸に伝わってきたといいますか、会場がチャイコフスキー一色(これは本当に生での音楽だからこその体感音)
音楽とは、クラシックとは、現代音楽とはと常日頃心に抱えているものにとって、このチャイコフスキーという作曲家は外せないものであり、しかも私のようなあることを考えているものにとってもです。
「そのとおりです」と、指揮を終えて挨拶している堀越さんに心で言ってしまいました。

たぶん、演奏を拝聴していてもその曲への真剣さや何かが曲を通して私に伝わってきたのだと思います。
何年振りでしょうか、涙を落とすことはしませんでしたが、目が涙でいっぱいで何も見えませんでした。
これからもこれ以上にいろんな曲をいろんな人に伝えていく人がアルエム合奏団にはいらっしゃると思いますが、心より応援申し上げます。

チャイコフスキーは、どんな形であれ一年のうちに何度かいろんな編成のを生で聞くことを意識しています。
チャイコフスキーに限りませんけれどね。

私の先生が「いい音楽を聴かせるように。へんな曲は聴かせることはない」と親にいっているのを思い出します。
いい音楽を聴くとご飯より大事、ということがよくわかりますよね。

母に小さいころ「もし今週500円しかなかったら何を買う?」ときいたときに
「花ね」と即答されたことを思い出します。
小さい私は「ご飯じゃなくて?」といったら「ご飯はたべたらすぐ終わっちゃうけれど、お花は最低でも1週間は眺めてこころを満たしてくれるでしょ」と。
音楽はそういう意味では、いいものなら一生満たしてくれますね。
そういう音楽は、コンクールでも業界の評価とはまったく無縁なことが多いです。

いい音楽を聴くって人間の本質として大事なもののひとつだなと
改めて思いました。

1

堀越隆一さんと、みちこさん。
このお二方の人間性が音楽へもきちんと伝わって広まっていっているのを実感します。(偉そうにすみません)

「夢見るキモチ展」のおしらせ

イラストレーターのUkaちゃんがイラストレーター、グラフィックデザイナー、ダイパーケーキ作家、学校法人 町田製菓専門学校/造形デザイン学講師、専修大学商学部卒業、現在、セツモードセミナー在学中)←若手なのに、頑張り屋さんで優しいUkaちゃんなのですよ。

「夢見るキモチ展」と題してミレージギャラリーにて。
(ホテルモントレーの横です)

2010年31日から4月5日まで
銀座2丁目で。
11時から19時まで。
初日は12時から。
最終日は17時半まで。

Ukaちゃんのウサギさんは、毎日私を見守ってくれています♪

この期間にいけない方は
Uka,Spring in SORAをどうぞ!
渋谷区広尾5-2-25 HONGOKU2F
広尾です。
4月7日から5月5日までという長い期間です。(ヘア・メイクサロンですね!)
月・水・木・金 11時半から21時半
土日祝は10時から20時まで
火曜日が定休日です。

ロマン派ピアノ協奏曲の夕べにいってきました

CIMG4812

これ!大哺乳類展をみたかったのですが、時間的に・・。
今度!

CIMG4813

上野のお花見、もちろんやってましたが、この寒空の中大丈夫なのでしょうか?
傘を忘れたわたし、マフラーを頭に巻いて(笑)

CIMG4815

久しぶりの旧奏楽堂です。

CIMG4816

すっかりきれいになっていました。横のところ。
彫刻?なんかもあったりして。


CIMG4817

さてさて、とにかくピアノ協奏曲を4曲もするのですから。
しかしこれを立て続けに聴くことのできるのも貴重だろうと
4曲聴くつもりで行きました。

ショパン1、グリーグ、ラフマニノフ2、チャイコフスキー1です。

すべて1楽章を一人が弾き、2,3楽章を他の人が弾くという面白いプログラム。
旧奏楽堂にオケが入るのか心配でしたが、とりあえず。

オケは別として、ものすごくよかった演奏者さんは、お父様が作曲家でもある八木下侑子さん。
素晴らしい解釈でショパンのコンチェルトの2,3楽章を弾かれました。彼女のシマノフスキーなど色々今までも聴いてきましたが、これからはプロコフィエフとかそんなものもどんどん聴いてみたい!と思いました。

そして一番最後に演奏された見崎清水さんのチャイコフスキーはお見事!でした。
学校を卒業して、彼女の幅がどう広がるかとても興味があります。

この狭いホールでのコンチェルト。
作曲者たちの当時を考えたりいろいろでした。

わたしは、音楽を聴くと演奏者さんにももちろん意識は行きますが、なによりなにかこう精神が旅立つというか半分朦朧としたいろんなところにさまよってしまうのです。
きちんと整備されたホールではなく、ダイレクトに伝わるこういうところでは尚更でした。
そしてわたしはやっぱりピアノが好きなんだなあと思うこと、そして弦楽器が大好きだということ。
そしてなによりチャイコフスキーの素晴らしさを改めて認識したところ。

ここまで4人の作曲家を同じジャンル(コンチェルト)で聞き比べると
メロディーを作るのに苦心していたチャイコフスキーのすごさというのが
いろんなことを考えさせます。

そのほかの演奏者さんも、学校を卒業したらどんなピアニストさんに成長するのかなと
若い世代の演奏を聴いて、心温かくおもったのでした。そのほかの出演は、中学生で参加の内野久美子さんや桐朋女子高の古村真耶さん、桐朋学園大の松本悠里子さん、エコールノルマル音楽院 高等教育第6課程ピアノ課在籍の伊勢谷夏樹さん、中島佐知子さん、武身江子さん。

皆様お疲れ様でした。







1好演された八木下侑子さん。
ドレスも素敵でした♪

荻窪のミニヨンに行く


CIMG4796

久しぶりの荻窪。
どれだけ久しぶりかというと、学生以来。
私の作曲したものを演奏してくれる西津啓子さんが
ミニヨンでミニコンサートを開くので、こういうチャンスがありました。

変わったところも、そのままのところも。




CIMG4797
駅に沿って歩くとあっという間でした。
その途中右に曲がると古本屋さんがあって
ちょっと立ち寄って(ちょっとがちょっとでなくなるのですが)
まるで私の本棚?みたいな古本屋でした。
澁澤龍彦全集が真ん中にずらりとあったり。




CIMG4798

この日は貸切です(当然といえば当然ですが)
ギャラリーが併設されていて素敵なところです。
私が昔バイトをしていた銀座のらんぶるを思い出す感じです。
(貴重な写真になりました)



CIMG4799

作曲の方も数名ちらほら。
お客さんも上品な方が多く、西津さんのファンというのもうなづけます。
プログラムは今年生誕200年になるショパン(まだ200年なのですね)で
がっちりまとめ、後半は、佐野芳光さんの「ピアノのための『エコ・プロジェクト1』」
色々考えられた曲です。
佐野さんも作曲家になられた経緯を以前、国際芸術連盟主催のときに
たまたま一緒になったときに、お聞きしたのですが、ユニークで
一筋縄にはいかない素敵な方です。
この『エコ・プロジェクト』は1とつくように、すでに3番まで出来ているそうで
西津さんがこれから演奏されるかもしれませんので楽しみですね。

そして
ファジル・サイの曲、私の曲(『Zodiac』より3曲)とリストでした。
実は私はリストは苦手なのですが、この3つの演奏会用練習曲の「軽やかさ」を
素晴らしく西津さんはお弾きになっていて、いい曲だなと思って聴いていました。
二度目ですが、西津さんの演奏では。
やはりどの演奏家に演奏されるか、というのは非常に大切なことだと
これまた改めていつも思い知らされるものなのです。

音楽をこうしたサロン的なところで聞く。
室内楽って本当に、こういうものだとダイレクトに伝わると改めて思うのでした。

その後のダンディーな方たちに完敗した、私が得意とする分野のお話は私のほうのブログで・・・ちらっと。

アンコールでカプースチンをお披露目くださった西津さん。
私自身はエチュードしか弾いた事はないのですが
彼女は、プレリュードを!
今度のときは、カプースチン中心になりそうです。
カプースチンファンの方、足をお運びくださいね♪

ミモザが綺麗!

思わず側の席に!

第5回神奈川独立 新人展

3月18日から23日まで
横浜市民ギャラリー3Fにて午前10時より午後6時まで(初日午後1時より、また最終日は午後4時まで)第5回神奈川独立新人展が開催されます。

garou



20日土曜は画廊楽にて懇親会があるそうですよ。

(午後5時より)

画家の西川則夫さんは大作を5点も
出展なさるとのことでした。


白石潔展

3月23日から4月1日まで
金井画廊にて
白石潔展が開催されます。

11時から19時まで
会期中無休


img750

アルエム弦楽合奏団のお知らせ

img747

3月28日、オペラシティーリサイタルホールにて
14時よりアルエム弦楽合奏団の第四回定期演奏会が開催されます。

アルエム弦楽合奏団
アルエム・ジュニア&アルエム・キッズ
ソプラノ 榎戸邦子
指揮 堀越隆一

楽しそうな演奏会です。いつもお客さんがたくさんで楽しんで春を迎えられます。

曲は

堀越隆一/マスクとシチリア舞曲ーオープニングテーマー

Mozart/堀越隆一編 踊れ喜べ汝幸いなる魂よ

チャイコフスキー/弦楽のためのセレナーデ

M.ロドリゲス/堀越隆一編
ラ・クンパルシータ

J.ドッド/堀越隆一編
ミッキーマウス・マーチ

シャーマン/堀越隆一編
イッツ・ア・スモールワールド

堀越さんの編曲も素晴らしいので弦楽器の方も聞きに行きましょう。

前売りは
東京オペラシティチケットセンター

または
堀越さんに直接お申し込みくださいませ。



3月18日 尺八本曲 田嶋直士 尺八の世界

img748

かなっくホールにて

尺八奏者の田嶋さんが今回、すべて本来の尺八の曲を一気に8曲演奏されます。
現代曲はないので、尺八の本来の魅力も存分味わえると思います。

7時から8時半まで。
4000円です。

お時間、ご都合のつくお方なら、ぜひ。

アムールコンサート

長く続いているアムールコンサート。
これで現代音楽もあるといいのにね。
ホール的に、150席とはいい感じ。

13日はサクソフォーン・須川展也さん。

曲は聴きやすいものばかり。

卒業、または入学控えた人たちに
音楽をゆったりと聴いてほしいような曲ですね。

詳しくはhttp://www.daichou.co.jp/yotei.htm

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ