作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2010年01月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

日本の作曲家2010に行ってきました。


サントリーホール、ブルーローズにて
19時から。
第37回楽譜制作作品演奏会です。
㈳日本作曲家協議会の会員ならば、会社でいうところの会議のような気持ちで聴くべきコンサートのひとつです。
(敬称略)
有馬礼子「天使のソナタ」は、とてもわかりやすい曲で語ってきたものですが、ヴァイオリンが残念でした。

小栗克裕 歌曲「報告」は、詩人、大橋春夫氏の委嘱作品とのことですが、ピアノ演奏がご本人でヴォイスが青戸知さんでしたが、二人の域がぴったりなのか、演奏のほうも切れがよく、饒舌に伝わってきました。

早川正昭 「無伴奏ヴィオラ・ソナタ」は、ヴィオラ奏者中山良夫氏から以来を受けて作曲ということです。単一楽章で弾く人によりかなり変わる曲であるだろうことを、私の知る何人かのヴィオラ奏者を思い出して聴いていました。

今回、聴くのが二回目というのが2曲ありましたが

くりもとようこ「鏡ノ中ノ曼珠沙華」北原白秋の詩「幻滅」の中の一節。
演奏が、甲斐史子、松本卓似、宮村和宏ということで、前に拝聴したときより切れのいい曲になるだろうと想像するのは簡単でしたが、それ以上によかったです。特にオーボエの宮村さんがすばらしい演奏をされました。

森山智宏「<毛>のモチイフによる或る展覧會のためのエスキス(詩:那珂太郎)」は、打楽器とテノールの曲ですが、これも二回目。今回はにんまりすることは私はなかったのですが、観客の中にお子さんがいてやはり笑いを誘っていました。よくわかるなあと。笑ってもいいのよねと。逆に真面目に聴いているほうに無理がある気がします。作者が、笑いをとろうとしているならば、どんぴしゃです。

柳谷清道「波、歯車、祈り」はピアノ連弾の曲。あくまで心象風景を音にしたものらしい。
私の座った席がよくなかったのか、よくわかりませんが、もっとピアノの強弱に抑揚があってもよかったなと。
個人的に思いました。

大政直人「クールジュエル」2001年のアメリカ映画「マリーアントワネットの首飾り」というルイ王朝にまつわる宝石の話に触発されて作曲されたとのこと。富や権力をほしがる人間の多いこと。しかし宝石はただただ冷たく光輝くということでcool(冷たい、涼しい)という意味で作られた曲。
ハーモニクスがその透明感を表しているような、また、ヴァイオリンとチェロがユニゾンで半音階であがっていくところは絶妙でした。それに、衣装が鮮やかでとても良かったです。

私は批評家ではないので、分析はここには書きませんことをいつものことながら、ご了承ください)




右は作曲家の野澤啓子さん、真ん中がくりもとようこさん。
先輩美女に恐縮です!(が、うれしいの、私)

2

そしていつもお洒落な大政直人さん

1

今回好演なされた青戸知さん。彼はサヴァリッシュやアシュケナージ、デュトワなどとの共演もこなしてきました。実は、野澤さんの生徒さんだったと、久しぶりのご対面のようでした。お二人とも素敵な笑顔です。とても上手な方だったのでご挨拶したいとは思いましたが、こんな縁があって簡単に!お人柄も気さくな方でありがたかったです


3

お客さんも、あたたかい拍手も沢山な一夜でした。

2010年発

醍醐イサム 平澤重信 ミズテツオ
ー絵皿展ー


2月7日まで11時から19時、最終日は17時まで
ギャラリークラマーにて
開催されます。
三人が笠間まで絵付けに行ったというこの展覧会
面白そうです。
東京メトロ南北線・都営三田線
JR目黒駅西口より徒歩7分。

目黒区目黒1-22-10 1F

ミズテツオ展

29日まで、ギャラリーしらみず美術にて「ホワイト・フラッグ」が開催されています。

本日17時まで。

ミズさんといえばフラッグというほどのものですので
是非。

日本の作曲家2010

今年の㈳日本作曲家協議会の楽譜制作作品演奏会は
1夜だけとなりました。
29日金曜
19時開演
くりもとようこさんの「鏡ノ中ノ曼珠沙華」は
いつだか関西で私が「水の夢」(ピアノトリオ)のときに
ご一緒で、拝聴した緊張感あふれる曲。

オーボエ 宮村和宏 ヴァイオリン 甲斐史子 チェロ 松本卓似
という、力強い演奏者の下、聴くことが出来ます。

そのほかには有馬礼子さん、大政直人など。

チケットは全自由席で2,500円

クレセントフィルハーモニー管弦楽団第16回演奏会 

クレセント

img742.jpg



2月7日(日)
13時半開場14時開演
三鷹市芸術文化センター(風のホール)
入場無料

クレセントフィルが指揮に高野哲夫さんを迎えて
チャイコフスキーの「白鳥の湖」作品20(オリジナル抜粋版)

N.チェレプニンの4本のホルンのための6つの小品を演奏します。

三鷹近辺の方、特にお勧めです。

こういう時代だからこそ、無料とはありがたいですが
音楽は値段のつけられないもの。
募金でもしながら、聴いてみましょう!

ああ、白鳥の湖を聴いているときに来たDM。
うれしいものです。

個性派たちの<宴>

img745



画家の谷口仙太郎さんをはじめとして
岡本淳子、銀崎陽子、塚本文子、戸谷由紀子、平松利昭、廣瀬創、古田恵美子、横田尚、吉川信一各氏の作品が中野中さんのコーディネートにより一堂に集まり
2月6日から11日までギャラリー風にて「個性派たちの<宴>」として開催されることになりました。

12時から19時まで
11時のみ17時まで

現代作家の作品に沢山ふれらるのは、
同時代人だからこそですね。
楽しみです。







img744

ART BOX大賞展 受賞記念展のおしらせ

第19回 ART BOX大賞展 受賞記念展です。

おめでとうミルカさん

昨年うさぎの作品をたまたまOギャラリーで拝見した乃青ミルカさんの記念展として
1月31日から2月5日まで
ARTBOXギャラリーにて開催されます。

11時から6時半まで最終日は3時まで
お休みは土曜日

エネルギーをもらえる、また不思議な、でも素敵なお話に誘われるような絵画を描かれる方です。

お勧めです。

第12回現代室内楽の諸相にいってきました。

CIMG4422
たまには、いったのをアップしないとですね


久しぶりのすみだトリフォニーホールです。

フラメンコをしていたときに、大学の10年下の後輩が
墨田区のミスになっていたのを思い出します。

今回は国際芸術連盟主催の室内楽です。


CIMG4424

同じ横浜在住の作曲家、八木下茂さんが出品されるとのことで
いってきました。出品作品は「永遠なるものは映像に過ぎない」(eternal movement is only a firm)ということで、第11回東京国際室内楽作曲コンクールで最終ノミネートだった曲です。

すでに当時楽譜を見せていただいたので、曲自体は聴いた?ことがあるのですが
生で聞くとまた印象的です。2本のフルートの重なり合い、音程と強弱による効果、演奏者の位置による響きの違い。そんなことを勉強させてくれる作品でした。
シンプルなだけに、奏者は誤魔化しがきかない。

そういう曲も、たとえば塚本文子さんの作品「告白ーゴーシュへの手紙」(チェロ竹本聖子ピアノ樋口真千子)で思いながら聴いていました。
もちろん奏者が間違おうと、はずそうと、作曲する側からしてみれば、楽譜は演奏されているときに見えているものなので、差しさわりはありませんが、一般のお客様にとっては演奏者さんがすべてなので、そういう意味でも、演奏者=通訳というお仕事は大変なものですよね。
ましてや、再演の少ないその時代の音楽。
初演となれば、まさに、です。

そういう意味でも、齋藤友紀さん(左)、岩下しのぶさん(真ん中)は、しっかりとお互いの音をみつめ演奏されていました。(写真右は、八木下さんです)


5 

国際芸術連盟会長ともお会いできることが出来ました。

なにかこう、今回の演奏会を通じて
心が温かくなるような人間のふれあいを感じたのはなぜかしら。
寒い気候でしたのに、心はあたたまりました。


4

帰りは同じく町田在住の作曲家に車で送っていただき
風邪気味な私も楽しい会話を3人でして過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
続きを読む

日墺文化協会 第9回 ガラ・コンサートのお知らせ

img743

2月6回
紀尾井ホールにて
13時開演
全自由席 5000円

ここで、ヴァイオリニストの齋藤史織さんが
クライスラー/愛の喜び。愛の悲しみ
モーツァルト/ヴァイオリンソナタト長調 K.301 第一楽章
サラサーテ/カルメン幻想曲 作品25
を、ピアニストの川畑絵美さんと演奏されます。

サラサーテのこの編曲はよく出来ているので好きです。

そのほかにもいろいろ。

出演者は他に、吉橋雅孝(ピアノ)阿久津麻美(ソプラノ)松井美知枝(ピアノ)醍醐抄代子(ピアノ) 笠原たか(ソプラノ)大井美佳(ピアノ)西松甫味子(メゾソプラノ)藤田晶(ピアノ)敬称略

シューベルトやバッハやマーラーなど

チケットは日墺文化協会(03-3271-3966)
もしくは紀尾井ホールチケットセンター(03-3237-0061)


日墺文化協会ではピアノコンクールもありますので、ピアノをされているかた是非。

画廊めぐり?銀座ぶらぶら?

CIMG4259

昨年案内が来たときに、来年の最初は川城夏未さんの絵に決定!と
勝手に思っていました。
しかも画廊は、私が銀座で大好きなOギャラリー。
こうなったらいくしかないでしょう、という感じではありましたが
ちょっといろいろあり初日には無理で体調も優れそうな後日
行ってきました。

年はじめにいただくアウラ(空気)って大事ですので、私にとっては。

案の定、素敵でした。
お客さんが絶えないので(人気だからでしょう)一人でというときはわずかでしたが、とはいえ、夏未さんとはお話できましたし、その空間を存分味わうことができました。中でもひとつ私のすごーく気に入った素敵な絵がすでに売り切れていて・・・

そのうち、彼女のアトリエに伺いたいものです。

そして同じくOギャラリーで開催されていた坂本恭子展。
お初で版画を拝見させていただきました。
とても素敵!いろんなお話を、これまたお聞きすることができて
もっともっとお話したいくらいでした。
関西の方なので、お会いできたことに感謝です。

版画の独特な重ねあわせ方や色の彼女の個性。

作り方など、お互い話してしまったり。楽しませていただきました。


お二人とも本当にいい空気を(オーナーさんも)下さって
いい時間になりました。
1

たまたま観にいったときにいらっしゃった
画家の池本洋二郎さん!もうお帰りになるところで、
せっかくなので、川城夏未さんを挟んでお写真を撮らせていただきました。
池本さん、お元気そうだなとちょっと伺ったらびっくり!
10月にはご自身の作品展をされるそうですので楽しみです。
2

坂本さん。
私がとっても気に入った作品の前で撮らせていただきました。
Oギャラリーは、作品もすばらしいのが多いですが
それにプラス、お人柄がいい人しか私はお会いしたことがないのですよね。

オーナーさんのかっこよさと優しさがそういう人を惹きつけるのでしょうか。

CIMG4253

ええ!米沢牛!
昨年米沢に行った私としては食べたいところですが(笑)

CIMG4258

太宰治のところで有名なルパンはまだあり。。。
10数年いっていませんが、まあこんな時間に
あいているはずもなく。

月光荘へ
CIMG4256


スケッチ帳のはがきサイズを購入。
いつも葉書に書いてそのまま下手な絵で
知り合いに送りつけるという嫌がらせをする私ですが(笑)
今回は葉書用ではないものを。

オーナーさんにはほかの画廊でお会いすることはあっても
ここでお会いすることがなく。

で、地下の画廊で。
ハンドメイドフェルト2010というのがやっていたので
観させていただきました。

CIMG4257

島千晶さんです。同じ神奈川県で楽しくお話させていただきました。
シルクフェチなわたしは、絶妙な色の巻物を。
熊さんのバッグも可愛かったですが、いつか持ち手の横からとか
ウサギの耳がびょ~んと出ているような作品が出ないかなあと。

うさお「そんな勝手なこと言うな」

200602%2F08%2F83%2Fe0071683%5F20225137%2Ejpg


はーい。






これだけで、今年はアップはいいな~と思うくらい
パワーをいただきました。
本年もよろしくお願いいたします。

 


メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ