作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2009年11月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

メールください!

12月8日 お声かけいただいた作曲のかた
わたしにもう一度直接メールくださいませm(_ _)m
よろしくお願い致します!

日本音楽舞踊会議 作曲部会公演のおしらせ

12月7日18時半開演
全席自由席3000円

中目黒GTプラザホールにて
「初冬のオルフェウス」ということで演奏会が行われます。
作曲者は
木幡由美子、アストル・ピアソラ、橘川琢、高橋通、浅香満、金藤豊各氏です。

浅香満さんは
調性な間奏曲だということです。
間奏曲(1999年)
2つの間奏曲(1999年)
4つの間奏曲(1986年)

pianistは神田麻衣さん。

お問い合わせは日本音楽舞踊会議事務局まで。


bd826aad.jpg


久しぶりにDVD

『気狂いピエロ』
ゴダールのDVDが安かったので
買ってしまった。
(不買い運動中始動は来年から(笑))
1,000円くらい。

昔、テレビでやっていたものを
録画しているのはとっくに切れて。

ゴダールのこれを観たのは学生のころ。
ご多分にもれず、私もヌーヴェル・ヴァーグは
観ていたのだ。
だからかれこれ20数年ぶりとなる。
『中国女』やなんとかの舗道や『はなればなれに』(でしたか)
が好きなのですが
それらはなかった。

これを観たときに、かわいい白いワンピース
(アンナ・カリーナが着ている)がほしくて
自分で似たようなのをミシンで一生懸命作ったり。
フェネックがかわいくて、飼いたいなと思っても
無理だったから動物園にいったり。

10代としては色彩がきれいで
思えば私の嫌いなミュージカルの要素が
ゴダールは入っているのに
抵抗がない。たぶん、歌が下手で
ただの言葉の延長だからかも。

それに愛だの恋だのの
話が苦手ですが、それすら感じさせない
ストーリーを見るからかな。

オカルト好きな反面結構トリフォーや
「午後5時」うんぬんという
のとか観ていたなあと。
一方でヴィスコンティやら
とにかく若者が見そうなのは観ました。
『ドグラ・マグラ』は運がよかったのか
初めて上映されるとき見ることができましたし。

色彩がはっきりしていて好きだったんだなと
ずいぶんと久しぶりに見ても
色褪せてない感覚。

それと当時は字幕をみるのが好きではなく
そのまま言語を耳できいていたので
簡単なフレーズは覚えるようになるし
映画って勉強になるのかも。
ファッションも洗練されているのが好きですし。

いまでこそいろいろなお洋服がありますけれどね。
女の子にとっては、魅力的な素材は
男性監督なのにありますよね。

なにより、音楽。
この映画で一人で歌っているおじさんが好き。


ゴダールは言葉をよく使う。
引用も多い。
日本の昔の映画は沈黙や行間がある。
どちらも観るものによって得るものは違うけれど。

私たちは虫の音も音楽にすらなるけれど
特に西洋人には雑音にしかならない。
そんな違いを、若いころに
いろいろなところから
感覚的に知ることは楽しい。

でもマイナーなロシア映画の
あの深い森の澄んだ空気でありながら
圧倒的な空気はなかなかあれ以来
映画という中では見たことがない。

早稲田大学高等学院の諮問に

すっかりさぼり気味なブログ。
アメバやjugemはなんとか続けているのに。

浅香満さんが教鞭をとられている
早稲田大学高等学院に卒論の諮問でいってきました。

昨年、先月に続いて。

75b9d7b1.jpg


高田馬場から上石神井に向かうとき
電車に乗りながら、こういう風景っていいなと。

地に足が着いている気がして。
心持ひとつで人間は変われるものですけれど、
環境は確かに人間を左右しますし。

037a88e5.jpg

スポーツしている学生も。

今、工事をしていて
いろいろ大変そうです。

始まる前の打ち合わせを。





今回は、クセナキスとサティについて。
学校で学年閉鎖がインフルエンザであったようで
二人が一気に発表です。

クセナキスやサティというと
私の年代からすると、やはり高校や大学くらいで
弾いたり聞いたりするものですが
以降は、なかなか触れることも(私は)ないので
本当に刺激になります。
自分の好きなことをするだけより
やはり関係ないところからというのは。

それになにより、冷え切った?現代音楽に
興味を持ってくださる若い世代に
少しでも考えてもらえて興味を持っていただけで
情報を受け渡せる(実際は私は逆にいただいてますが)
というのは、そこに携わっているものとしては
うれしいことですし、また自分たちがそこに関わっている以上
そういう若い人と関わりなにかお手伝いできるなら
することが必要だと思いますし。

少しでも音楽を心から好きでいてほしい、純粋に
それは権力でも知名度でもなく、音楽という
私にとっての一生の恋人のように、同じように
生涯にわたって音楽というものを、どこかで
大切に耳をすませて、そして音というすべてに
また五感に敏感になってほしいです。

そういう感性を持つように意識して毎日を送れば
きっと、音楽のみならず、いろんなことに
想像をめぐらすことができる=思いやりや優しさをもつことができる
人に成長してほしいと思っています。

音楽とは単体で残るものではなく
とても個人的で、そのときの状況や
いろんなことと一緒に、それぞれの心に
残るものですよね。

ある音楽を聴くと、あれを思い出す、とか。

本当はとても密やかな心のぬくもりだと思います。

と、それはいいとして。

3人とも、緊張するよねといいつつ
私以外はしっかり質問されていて
楽しかったですし、それに一生懸命答える生徒さんも
えらいなあと思ってみていました。
質問する方も、積極的に質問し
お互いの理解を深める。
自分のことは自分が一番わからないとは周知の事実ですが
社会に出れば、自分がプレゼンテーションしたりするときに
どういう形で、ほかの人が質問にくるかというのを
多角的に捕らえることを経験していくのは将来のためにも
すごくいいことだと思います。

ただエゴを通すだけではなく、しっかり相手と向き合って
きちんと自分の意見をしっかり通せる基盤を
日々作っていくといいですよね。

今回、サティを論文にされた齋藤陸さん






積極的に質問をされた酒本信太さん(右)
46c6e6a2.jpg



先月ジョン・ケージについて詳しく
論文を書かれた山田翔平さん(真ん中)

a2b640a1.jpg


どういう大学生になって、どういう大人になるのか
皆さん楽しみです。

お疲れ様でした。
また、いろいろ勉強させていただきありがとうございました。

また、こういう機会を与えてくださった作曲家、浅香満さんに感謝いたします。

そうそう、浅香さんで検索されたら私のブログに当たったとかで。
でも美術もそうですが、業界狭いですからね。
誰かを知っているとその友達が誰かを知っていて
おや~って。
でも皆さんの浅香先生はピアニストのアシュケナージさんに演奏してもらったこともあるんですよ。
それだけでなく、たくさんのつながりのある方です。

私は、今回諮問を通して知り合えた若者たちと
またいつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

デジタルブックが無料で申し込めますよ。

リッツ代官山の代表になっている
金井豊さんが、いろんな面から
こういうものを配信しております

女性の皆様、ぜひご一読いかがでしょう。

金井君が、きれいになって返ってきた
高価な鋏をうれしそうに持っていたのを懐かしく思い出します。

井田信太郎展

11月27日から12月2日まで
井田信太郎さんの個展が
荻窪のギャラリーれがろにおいて
開催されます。

12時から19時まで
最終日17時まで。

詳しくはこちらでどうぞ。

ゲンオンのアンデパンダンにいく、そして原大介展にも。

943fc014.jpg


時間を確認していなかったので、普通は
コンサートに行くときには、2,3時間は前にどこかによってから
行くのですが、この日は5時30分から!
おお、開場時間ちょっと前に出て
オペラシティに着くほどの距離ではないのであせる。

でも、第二部から聞けたのでした。

家から会場に向かう間。
当たり前ですがいろんな人たちを見ます。
これからいく現代音楽という内輪なものを
高貴な目で感覚で捉えているわずかな人たちと
それ以外のたくさんの娯楽のある現在に住んでいる人たち。

私がこの業界に入って頭のどこかでいつも悩んでいることです。

しかし最近本当の意味で、距離を置けるようになり
しかも60年代で終わっているような感じが
たぶん業界でもわかっているのか
混乱している様子が伺えます。

前衛に属していないからこその感覚だと自負しています。

この夜全曲は聴けませんでしたが(遅刻・・涙)
大谷千正さんのオペラ「幻の如くなる一期」より(初演)
このようなきちんとした言葉もきれいに伝わる
音楽をかける人はもしかすると少ないかと思われます。


「人間性とともに歩む現代音楽」とゲンオンでは2009の秋の音楽展を芸術監督のかたが強調していますが、全部聴かれた方はどう思われたのでしょうか。


さて、原大介展が椿近代画廊で開催されているので行ってきました。


defb9a21.jpg


すばらしい画廊です。

c7e76982.jpg


空間がすばらしく、また3度目ですが原さんとお会いでき
また作品もいろんな形として見せていただきましたが
すばらしい作品でした。
皆様是非。
92ac78dc.jpg


新曲歌曲の会にいってきました。

0c01928d.jpg


千駄ヶ谷の駅前というのに、またぎりぎり!
000ac9c0.jpg


本当にいろんな曲が並べてあります。
作曲家の千秋次郎さんもいらしていて
ご挨拶が出来てよかった。

建長寺からその前の夜まで
富士を眺めていました。
fdb24147.jpg


私の中で今年で終わりそうな思考があります。

そんなことを感じたひと時でした。

3e9f000e.jpg

木幡真久展のおしらせ



画家の木幡さんが11月17日(火曜)から22日(日曜)まで
「苦吟・抻吟 2009
 "Naho , Cru et brut"」というのを開催されます。
文京区千駄木2-49-10
ギャラリーKINGYO
電話 050-7573ー7890

作家さんは平日は17時半以降、週末は(20~22)終日いらっしゃるとのことです。

8268af64.jpg



e937b324.jpg

南鍼灸院

神戸で何度かお世話になった
南鍼灸院。

的確な診察と治療で
元気に神戸で過ごせたことを思い出します。
HPを立ち上げられましたので、もっとわかりやすいと思います。
お近くの方、お勧めです!

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ