作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

July 2009

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

原田哲郎さんの作品展

原田君のガラス作品展が開催されています。



藤沢の蔵まえギャラリーで24日から8月2日まで。10時から18時。


藤沢市藤沢630-1


電話0466-25-9909




詳しくはこちら


そして8月14日からはGallery-T


その後8月29日30日は花う


行って、涼しいグラスでも購入して楽しむのも良いですね。

ブュッフェ展

fe61b18f.jpg
久し振りだわ
やっぱりビュッフェすき。 学生の頃にみたまでの迫力はなかったけど 没後10年らしく。

新作歌曲の会第11回演奏会にいってきました


上野は祭日なので混んでいました。伊勢神宮の展覧会もしてるからかな。
6aabba83.jpg


隣ではカルメン!おお!踊りたくなります(笑)
45544ed6.jpg


お客さんもたくさんで。(小ホールから見た大ホール)

bee26a8a.jpg



うーん、好きですなあ、私この歌曲の演奏会。
現代をいい意味で進んでいるというか、わからないとか古いとかそういうことではなく、楽しめるんですね。そして幅広く「歌曲」というものも。
そしてピアノ伴奏がメインですが、皆さんとても凝って作られています。
野澤啓子さんの猫ばっかBecause「家と猫」詩;佐野洋子さん。
この佐野洋子さんに聞いて欲しいくらいですね。

テノールの小林大作さんが、本当に前回とともにいい味出してます。
ピアノが作曲者本人、野澤啓子さんでしたが、グリーンの衣装が本当に素敵。
外に来るときは着替えてくるので(当たり前ですが)、お写真に取れないのが残念!
0bb84212.jpg

でもこうして、お写真を撮ってくださったり、本当に心優しい明るい方なんです。同時代に知り合うことが出来て本当に良かったです。

会場で見つけてくださったのでしょう、西田直嗣さんが私を見つけてくださり久しぶりにご挨拶。うれしいですね。なかなか会えない方(お忙しいので吸って。とてもすばらしいことですね)にこうしてお会いできるのは。
7c592c76.jpg


そして特に気に入ったのが「胡蝶蘭の白い花」
ドラマティックで繊細なんですよね。
いろんな展開をみせるので、まさか男性が作っているとは思えない(いい意味で)。西田君は本当に音のセンスがあります。

森潤子さんの作品も楽しめましたし、篠原真さんは2回目ですが今回もピアノを弾かれていました。鈴木静哉さんや金田潮兒さんの作品は歌曲に限らずよく聞く機会が多いので、本当にそれぞれの個性がという感じ。

全ての作品がとても個性的なのにまとまっているコンサートでした。

齋藤史織ちゃん

ヴァイオリニストの齋藤史織ちゃん(私の弦楽四重奏曲を演奏してくださいました)が
結成七年目というピアノトリオがあります。
SPEKTRIOというそうです。
19日に荻窪でコンサートがあります。
ヴァイオリンが齋藤史織さん
チェロが平松理穂さん
ピアノが中村純子さん。

なかなかアンサンブルが続くことがないので、
7年というのはすごいですよね。これからもずっと楽しみにしています。

なにより、あまり演奏されない知られざる曲を演奏されるそうなので
そういう意味でもとても貴重なトリオになりますね。




月光荘の

409fcc69.jpg
これが 盗まれたそうな…
戻るといいけど…

新作歌曲の会

新作歌曲の会 第11回演奏会
7月20日(月曜 祝日)午後2時開演
東京文化会館で開催されます。

全自由席4,000円

チケットは東京文化会館チケットサービスでどうぞ

野澤啓子さんさんの「猫ばっか」シリーズの「家と猫」(詩・佐野洋子さん)も演奏されます。ピアノが作曲者自身(野澤啓子さん)とテノールは小林大作さんです。

他出品作曲家には、西田直嗣、鈴木静也さん、篠原真さん、森潤子さんなど。

賛助出演のピアニストさんは
藤原亜美さん
亀沢奈央さん
堀越夕子さんです。

歌い手さんたちは、とても迫力&ユーモアのある人たちばかりなので
楽しい演奏会のひとつですね。
1edfe403.jpg

八木下茂さんの曲

7月28日かなっくホールにて八木下さんのトリオが演奏されます。


第8回伊藤亮太郎ヴァイオリン・リサイタル ~ヴァイオリン・ピアノ・チェロの競演~

伊藤亮太郎(Vn)、田中克己(Pf)、平田昌平(Vc)
2009年7月28日(火) 19:00開演
自由席 4000円

バッハ 無伴奏ソナタ3番
ラヴェル バイオリンとチェロの為のソナタ
チャイコフスキ トリオop50
アンコール 八木下茂作曲 トリオときめき1楽章

TYバレエのコッペリア

5f2e8a09.jpg


7月5日、TYバレエのバレエコンサートVol.7 があり
いってきました。

ちょうど、選挙もあったのか駅前はごった返し。

梅雨の合間の晴れに当たりました。
f5022e49.jpg


マチネ、ではなくソワレに行きましたが、観た後、時間があれば両方見たかったと思える舞台でした。
マチネでは吉本泰久さんと吉本真由美さんが主演されていたのです。
ソワレでは、もちろんTYバレエの佐藤崇有貴さんと平塚由紀子さんが主演。

実は、私は「コッペリア」全幕を観たのはこれが初めて。
よく部分部分では観た事はありますが、こんなにチャーミングな(演出振り付けにもよるのでしょうが、なにより平塚由紀子さんの表現力がすばらしいからでしょうか。

そしてTYバレエ団はもちろん年齢幅が広いのですが、その幅の広さを感じさせない統一感、そして、ゲストの方々の踊りまで観られるのは本当に魅力です。

第二幕でのスワルニダを演じる由紀子さんも、この長時間いろいろな動きでどれだけハードだろうと思う一面、決して会場には「大変そうだ」という感じをおこさせないのはさすがプロです。

舞台も照明もすばらしかったですし。
「戦いの踊り」の村山亮さんや土方一生さん、福原大介さん、八幡顕光さん、染谷野委さんの、まとまった踊りを観られたのはラッキーでした。圧巻でしたね。

どんなそれぞれの役の方も、じっとしていても存在感があって。

しかし、平塚由紀子さんと佐藤崇有貴さんが結婚の場面で真っ白い衣装で出てきたときは、まるでそこに特別な照明が当たっているように、とても綺麗で私はなにか別世界に入ってしまいました。

そしてこのコッペリアの前に、TYバレエ団の方々がシンプルにしかし格好良く「ガーシュイン・ベスト・コレクション」としてガーシュインの音楽を連ねてクラシックバレエとは違うステップなども入れて演じていましたが、これがまた素敵でした!あっという間に時間が過ぎた感じ。

背も歳も幅があってまとまるというのは、想像以上に大変なことと思います。
ステップひとつにしても歩幅すら違うのですから。

それをここまでまとめて舞台にする佐藤さんと平塚さん。

だからこそ毎回足を運びたくなるバレエ団なのですけれどね。
もう本当に、「団」です。

作曲家の浅香満さんと一緒に、平塚由紀子さんと。

7ed31b98.jpg


終演後、ばたばたとお忙しいところをお写真撮らせていただき
感謝しています。好演された佐藤さんと平塚さん。


91d19f6b.jpg


これからも本当に楽しみです。
実際コンクールに生徒さんも入選されていたり。
稗田来夢さんや中麗子さん、廣田奈々さんや杵渕加歩さん、土井朱莉沙さん、寺島名織さんなど。
いろんな人がここから旅立つのかなとも、いつも拝見して思います。
頑張ってくださいね。

ちなみに、佐藤崇有貴さんは第20回清里フィールドバレエにて
白鳥の王子などに出演されます。
詳しくは、バレエ シャンブルウエストのこちらのページで。

私は、久しぶりのお友達たちともお会いできたりで心和みっぱなしでした。

コッペリア(TYバレエ)を見てきました

全幕は初めてでしたが、すごくチャーミング。
詳しくは後日書きたいと思います。
61867a6a.jpg


平塚由紀子さんが、こんなにチャーミングなポーズをしてくださったので
思わず、カシャッハート

コッペリアって、本当に夢のあるバレエですね。

その前のガーシュインの踊り。
かっこよかったですね~。
TYバレエ団の、いろんな可能性を発見できてうれしかったです。

素敵でした。お教室の方たちはもちろん、ゲストの方たち圧巻。

戦いの踊りなんてすばらしい息のあった踊り。
そこでの村山亮さんに楽屋裏ですれ違ったので、すばらしかったわとお声かけしましたが、まあ、皆さん後片付けやらお着替えで忙しくて。
由紀子さんも真っ白い衣装が本当に美しくお似合いで。

そんな気持ちで新たに始まる一週間。

久しぶりに、お友達とも会えてうれしかったですね。

池田拓実さんからのお知らせ

最近、放って置いて失礼しています。


7月5日、コーネリアス・カーデューの作品の一部を40名で演奏するという企画。

ご興味のある方はどうぞ浅草まで楽しんでくださいね。


*音楽の複数次元2009
コーネリアス・カーデュー~大学と論文
Cornelius Cardew - "The Great Learning" and "Treatise"

プログラム(すべて作曲:コーネリアス・カーデュー)

「大学 The Great Learning」からパラグラフ4、パラグラフ7
有馬純寿、河合拓始、久保田翠(キーボード、声)
足立智美、あっこ、荒井真一、池田拓実、今井和雄、太田収紀、小笠原真美、
がっきぃ、加藤チャーリー千晴、カン・ユージン、木下毅人、佐藤菜穂子、しば
てつ、島田圭子、鈴木光介、鈴木悦久、砂川佳代子、角谷七瀬、関恵美子、関根
麻郎、竹田賢一、千原ソウヤ、中村ゆい、中村亮一、中保佐和子、南波冴、日高
和子、深澤倫子、藤村匠、MAYA、水林充、三宅ヤスコ、Mujika Easel、山本泰
輔、横手亜梨沙、米本篤、渡辺タケシ(声、打楽器)

「論文 Treatise」
足立智美(声、エレクトロニクス、自作楽器)、池田拓実(コンピュータ)、鈴
木悦久(打楽器)、田中悠美子(三味線、声)

公演詳細+出演者プロフィール

日程:2009年7月5日(日)18:00開演(17:30開場)
会場:アサヒ・アートスクエア(浅草)
予約2500円、当日2800円 全席自由

ご予約、お問合せ
ナヤ・コレクティブ


26日は七里圭監督の映画「ホッテントットエプロン-スケッチ」生演奏付き上
映を行ないます。2007年の劇場公開以来、全国各地で上映されていますが、ライ
ブつき上映は2006年以来二度目となります。

元々この映画にはセリフがなく、侘美秀俊さんの音楽が重要な役割を果たします
が、今回は3年ぶりのライブ上映とのことでアレンジを一新します。新しい
「ホッテントット」にどうぞご期待下さい。

*映画「ホッテントットエプロン-スケッチ」生演奏付き上映

監督:七里圭
主演:阿久根裕子
音楽:侘美秀俊
原案:新柵未成

演奏
クラリネット:多田哲平
パーカッション:宿谷一郎
コンピュータ:池田拓実
ピアニカ:侘美秀俊

日時:2009年7月26日(日) 17:00~、19:30~ (開場30分前)
予約2000円、当日2300円(1ドリンク付)
会場:UPLINK FACTORY150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F

ご予約、お問合せ:UPLINK FACTORY
livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ