作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

February 2008

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

原大介さんからのお知らせ。

画家の原大介さんが3月13日から24日までK'sギャラリーにて個展をされます。

実は私も生で個展を見るのは初めてです。
楽しみにしています。

時間は12時から19時(土日は11時半から17時半まで)。
b582e891.jpg

銀座

ギャラリーももちろん楽しいですが、ウィンドウに飾られているのをみるのも大好きで。

ありふれた風ですって。

ありふれた・・・。そうなんですか。そういうものがあるとは知らなかったです。などと考えながら。
6e29585e.jpg

すっかり寒い時間になったので?ウエストに寄ることに(笑)
たまーには、こっちのブログに甘いものを載せてもいいかな~と。
5612201a.jpg

WESTではエクレアがなくて、チョコレートケーキとサバランを買ったのですが
私はサバランはルノートルのが好きなのですが、他に美味しいところがあったら教えてくださいね。ウエストのは生地が私の好みでないのです。

チョコレートのほうは美味しかったです音符
c0a45b0d.jpg


たまに借りて読む本ですがプリズメン―文化批判と社会 (ちくま学芸文庫)
このなかの「バッハをその愛好者たちから守る」という一見ふざけたタイトルのがあるのですが(笑)中身は真面目で、(内容は関係なく)いつもふっと思うのが

「モーツァルトの生まれる6年前に死んでる。ベートーヴェンの誕生から数えても、たった二十年前である」です。

バッハは私の中では別格です。モーツァルトやベートーヴェンに魅力を感じないのもこの偉大なるバッハがいるからかなあ~といつもハッと(単に私がすぐ年号を忘れるタイプだからかしら)思うたびに思うのでした。

そういえば、今日から横浜元町のチャーミングセールなんですね
私が勤めていた頃買っていたブランドもこのときは社員割引くらいになるんですから(全ての商品ではないですが)すごいですよね。
ますます定価で買いにくく・・・。
最近物欲がないので(いかんな~)でも、こういうとってもすごい人ごみをちょっと離れた静かなところからボーっと眺めているのも乙なものなんですよね。

語りと古楽のコンサート

3月23日午後2時より(開場は1時半)、オペラシティ3階の近江楽堂にて
語りと古楽ビウエラのコンサート「マグダラのマリア」があります。
語り手は森洋子さん(チェンバロの森さんと同姓同名なんですね)。
ビウエラ演奏は水戸茂雄さん。
チケットは当日3000円、前売り2500円です。

演目は
マグダラのマリア(オリジナル)
サイパンの青い灯赤い灯(庄司シメ子さんの話から)
空と海と大地の話

主な曲目は
千々の悲しみ(ファレーズ)
楽しく幸福な心(ガリレイ)
表紙のないプレリュード(ガロ)など
130ae118.jpg

問い合わせ申し込みなど、メールでご連絡くださいね。

フルートアンサンブルの練習へ

久しぶりに川崎に行ってきました。
ラゾーナ川崎、ちょっとどきどきしながら撮ってきました。
だって、過日びっくりするようなことがあったので(笑)

ef0ee25d.jpg

で、ミューザ川崎へ向かう途中、バースディケーキのような灯。
点灯しているのです。安全灯かな?

434e0b89.jpg


近づいてくるとドキドキします。
向かう人より、帰り時間の人が多くて。
062b82d8.jpg


行って見ると、前にお渡しした楽譜を一つ一つ丁寧に練習されていました。
ちょっと練習室の外で拝聴してましたら、なぜか廊下に座ってた私に気がつかれて、ドアを開けてくださいまして。

作曲などをしていると、たくさんの人と音楽をするというのは一人でやる時間と比べると圧倒的に少ないので、まして今同時進行でやらせていただいているので緊張するとともに、その熱気に私も顔つきまで変わってしまうほど。

どう考えても私がとても贅沢な時間を過ごさせていただいています。
本当にありがとうございます。

どうしても、私はどうも終わらないと宣言できない性質なので、詳しくはまだ語れませんが、こういうことも今させていただいております。とはいえ、ほとんど自分のことは書かない私にしては大きな進展だとは思います?。

53fd9293.jpg


帰りには、メンバーの一部の方とビールをいただきました。
こんな時間もレッスン同様、貴重な時間になります。皆様ありがとうございます。

もう一つのテーブルは何を食べていたのか気になりました(笑)
23fcba63.jpg

二台ピアノコンサートのお知らせ

『サウンド・ルート2007/8 日本⇔ロシア』
日本・ロシア音楽家協会会員によるコンサートがあります。

3月4日(火)19:00開演カワイミュージックショップ表参道2F(ここをクリック)「パウゼ」

そこで、作曲家の堀越隆一さんが

ふたつの島~1.霧、 2.風のなかで~」という新作を発表されます。
ピアノは川崎 智子さん(第1ピアノ)金井 泉乃さん(第2ピアノ)。

この曲はソステヌートペダルを意図的に使用し、それがモティーフになっているのだそうです。
プログラムは、私のツボのプロコ。

プロコフィエフ/バレエ「ロメオとジュリエット」からの10の小品 作品75より…
第2番情景 
第3番メヌエット 
第4番少女ジュリエット
第6番モンタギュー家とキャピュレット家

スクリャービン/演奏会用アレグロ 作品18 ピアノ・ソナタ 第9番 作品68「黒ミサ」

菊池幸夫/<連祷>~2台ピアノのための~(改訂初演)

堀越隆一/ふたつの島~1.霧、 2.風のなかで~(世界初演)

ムソルグスキー/オペラ「ソロチンスクの市」より
“若者の夢(はげ山の一夜・原曲)”

山本純丿介/ピアノのための絶対音楽 II



チケットは4,000円です。詳しくはこちらでご確認ください。チケットもここから直接購入できます。


主催:日本・ロシア音楽家協会
後援:駐日ロシア大使館、ロシア国際文化科学協力センター

平野花子ハープリサイタル

現在若手で活躍中の平野花子さんが、
コンクール2位を記念し東京オペラシティリサイタルホールにて
ハープリサイタルを開催します。

3月4日(火)19時開演
クレネク:ハープソナタ作品150
トゥルニエ:ハープのためのソナチネ 第1番作品30など
なかなか直接聴く事の出来ない方にも楽しめるコンサートかと思います。
入場料は3000円
全自由席です。


詳しくはオペラシティーのHPでご確認くださいね。
ee1cc10e.jpg

平井勝正作品展のおしらせ

ポルトリブレの代表でもある、平井勝正さんの作品展が
開催されています。
12日から24日
月曜休廊
12時から20時。

「すばる」の挿絵の原画などがあります。
詳しくは、ポルトリブレのホームページへ。

彼は今年の最初の雪の日にいろいろあったので、なお更私も伺いたい!のですが。
もちろん作品も観たいのです。

お人柄も好きなお一人です。
新宿にいったら是非お勧めです。

ヴァイオリニスト魚本あつ子さんからのお知らせ

昨年、私の弦楽四重奏曲「罪なきもの」の再演をしてくださった
Obbligato Strings Quartetさんのみなさん。
再演後、コンクールがあるとおっしゃっていて、
その後入賞だと聞いていましたが、その入賞者披露演奏会が2月23日にあります。ましてや、私の好きなショスタコです!

私の演奏をしてくれた方がいろいろなコンクールに入賞されると毎回嬉しくなります。

日暮里でありますので、土曜日ですし皆様もいかがですか?




第18回
レ・スプレンデル音楽コンクール
入賞者披露演奏会

2008年2月23日(土)
開場 12:30
表彰式13:00
演奏会13:30
日暮里サニーホールコンサートサロン(JR・京成線「日暮里駅」徒歩1分)
入場料 3000円。前もってお知らせいただけると少しお安く出来るかもしれません。

出演者&曲目

鈴木和音(ソプラノ)
武満徹/小さな部屋で
小さな空 (他)

木村可菜子(ピアノ)
ベートーヴェン/ピアノソナタ第30番

袴田容(チェロ)
バッハ/無伴奏チェロ組曲第4番クーラント (他)

西澤秋野(ピアノ)
ショパン/ポロネーズ第7番 (他)

-------休憩-----------

Obbligato Strings Quartet(弦楽四重奏)
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲第8番

内柴由香(ソプラノ)
M.A.Cesti/私の偶像づある人の回りに (他)

中村里奈(ヴァイオリン)
ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 第2,3楽章

深見まどか(ピアノ)
リスト/ハンガリー狂詩曲
ヒナステラ/ソナタ1番 第1,4楽章

塩入幸恵(サクソフォーン)
デュックル/ソナタ

女声合唱団くーるそれいゆの定期演奏会へ行きました。

 
d94d237b.jpg

キリスト品川教会で。
19178073.jpg
ヒールのかかとが取れちゃったので・・・たまたま直してくれるところが途中にあり、すぐ直してもらい行ったのに、席がない・・・。
すごいお客さんです。
臨時に椅子を並べたりと。
で、たまたま私が入って待っていた所に作曲家の千秋次郎さんがいらっしゃり千秋さんは席を譲ってくださったのでした(ありがとうございます)。
久しぶりにお会いしました。
昨年の秋、鎌倉芸術センターのとき以来でしょうか。
そしてお話こそしなかったのですが、加藤由美子さんも今日出品でしたので、お姿を拝見しました。
女性合唱組曲「こころの船出」-八木重吉の詩によるーの千秋さんの曲は、組曲としてあるように、4曲通すとまさにバランスがいいものでした。
最初に出したときの楽譜を見せていただいたり、千秋さんがどうして歌曲に目覚めたかというエピソードも拝聴できました。
そのきっかけというのは、とても音楽的。

しかし、今日は晴れてよかったね~というお話などいろいろとありがとうございました。

ピアニストさんが、空調だかなにかで楽譜のページをめくっても風でばたばたしちゃって大変そうでしたが、難なく演奏されていました。
指揮者の森田澄夫さん(右)は、お話もとても上手くて。
千秋さん(左)演奏後。
8198cd10.jpg


そして、次にくーる それいゆ伴奏ピアニストであった川中順子さんを偲んで三曲。
平野純一さんと加藤由美子さんが、指揮者の森田さんの司会で、川中さんの思い出話など。
372939d7.jpg

加藤さんは故川中さんと同い年だとか。ですので、学生時代の話など、
いろんな貴重な話が聞けました。
平野純一さんの”マリーゴールドオレンジ あこがれ”(女声合唱組曲「虹色の幻想」より)鶴岡千代子詩 は、おだやかであたたかな曲でした。

加藤由美子さんの「女性のためのインテルメッツォ《嘘》」(山中茉莉 詩)は、加藤さんらしく詩を楽しくさらにユーモアを加えての曲でした。女は嘘をつく、男は見栄をはる、というのがずっと残ってしまいました(笑)
途中、愛染明王
ご真言が入ったりで。
そして最後は「花のなみだ」(西岡光秋 詩 )も肌寒いこの時期というよりは穏やかな日差しの中での花をみているようでした。

私は、前半で帰ってしまいましたが、そのあとは賛美歌のメドレーによる「イエス キリストの生涯」というのがありました。面白そうでしたよ。

品川駅へ向かう途中、ラーメン横丁みたいなところがあるんですね。
ラーメンなんてずっと食べてない。美味しそうでした。
4650f8ba.jpg


緑も綺麗になってきて。
寒いけれどやっぱり季節は進んでいるんだなぁと上ばかり見て歩いてたら
なにかにぶつかりました汗
eac2b207.jpg

ギタリスト、細井智さんからのお知らせです。

来る3月29日(土)午後7時から、ぎゃらりーゆめじでホセ・ルイス・ゴンサレスさんの没後10年を記念してコンサートが行われます。

全自由席 3000円(要予約)
また、偲ぶのにふさわしい距離でのギターを聴けるようですよ。
皆様是非。
こちらから予約できるとのことです

ギターを普段弾かれる方も聴く専門のかたも、はたまたギターの生演奏を聴いたことがないという人にもお勧めの細井さんです!

演奏曲目予定はこちらです。

プロローグ

 第六幻想曲 別れ OP.21 (F.ソル )

ホセ・ルイスのアレンジから

 ひまわり(H.マンシーニ )

 アルフォンシーナと海(A.ラミレス )

 亜麻色の髪の乙女(C.A.ドビュッシー )

 エストレリータ(M.M.ポンセ)

ホセ・ルイスの作品から

 夜明け

 深い愛

ホセ・ルイスのレパートリーから

 スペインセレナーデ(J.マラッツ)

 朱色の塔(I.アルベニス)



livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ