作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2007年12月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

演奏家さんたちと。

チェリストの小峯晋君がベルリンからとうとう日本へ帰ってきたので
ヴァイオリン奏者の加藤えりなさんとヴィオラ奏者の岡さおりさんと会うことに。
誘ってくださりありがとうございました。音楽がこれで今年締めくくれられるのをとても
ありがたく思っていました。

加藤さんはステージでは見たことがありましたが、お初です。

こうやって私の尊敬する演奏家さんと一緒に過ごせるなど
なんと幸せでしょう。

とっても楽しかったですね。
左が小峯君、右が加藤さん
d1a2669b.jpg

そして私と岡さんです。
00bd40ae.jpg

どうもお酒に強くなってきたような私。
一緒に飲む仲間が楽しいからでしょうね!
ここではこんなお料理まで。
美味しかったですよね。ただこの時期だからか品川という場所だからか
2時間で出なくてはいけなくて。
8b91d9a2.jpg


他へ移ってゆっくり話しました。
楽しい話ばかりで、加藤さんはフランスが長かったですし、小峯君はベルリンが長く面白話で。そのほかもたくさん。
嫌なことがあった後には、こういう楽しいこともあると心で嬉しくなりました。
81fb51c4.jpg

音楽のことで具体的にちょっとお話しましたら、とてもいいお返事をいただきました。感謝します。
それに私の以前演奏してくださった曲を、いまだに気に入ってくださりありがとうございます。「再演」ご自由にしてくださって、もちろん嬉しいですよ!でも、新しいのプレゼント差し上げますのでハート

今年はとってもいい終わり方でした。というよりも、来年につながるいろいろなことがこの年末たくさんありました。

とても嬉しく思います。皆様のおかげです。
どうぞよいお年を。

ときねと三井ガーデンホテル銀座へ

谷口仙太郎さんのところなど、年末にご挨拶に行こうといってきました。

仙太郎さんのバー「ときね」には誰もいなかったのでゆっくり仙太郎さんと話せてよかったです。
1a5a62f7.jpg
銀座はもう二〇〇八年モード。
切り替えはやい!
ちょっと久しぶりだったので、ときねを見失いましたが
すぐわかりました。
aeeff805.jpg

仙太郎さんの作品解説が載っている本を読ませていただきました。

仙太郎さんの人生や絵について中野さんという美術評論家さんが書かれていますが。全くそのとおりという感じで読んでいて嬉しく思いました。
f754243d.jpg

久しぶりの再会に乾杯しました。
仙太郎さんも喜んでくださって。ありがとうございます。
7e233766.jpg

昨年もつらいことがあったり、そうでないときもふらりと何を話すわけでもなくお世話になるバーなのです。
銀座ではここが一番落ち着きます。
ここ(仙太郎さんの店)は俳優の田宮二郎さんとかいわゆる著名人のよく来たところなのです。(この今の店舗は今年新しくなったのですが)。
仙太郎さんは様々な人の裏の顔を温かくいろんな思いでみていたことでしょう。
その後、三井ガーデンホテルのバーでYさんと待ち合わせ。
素敵なところですね。
東京タワーも見えるんです。夜だともっとくっきり浮かびます。


a0a7389f.jpg

TYバレエ団の練習を見てきました

行きたかったTYバレエの練習場。
今日お約束させていただいていたので行ってきました。
平塚由紀子さんと佐藤崇有貴さん。そして佐藤さんのお母様にもご挨拶できてよかったです。
佐藤さんは風邪を押しての指導でした。

その前に、由紀子さんにいらなくなったバレエシューズをいただきました。
この中に本当に(当たり前ですが)つま先で立つので大変なんですが、バレリーナを見るとあこがれます。


bf5e6160.jpg

由紀子さんはフリードのNというタイプを愛用されているそうです、が、なくなってしまうようで。
私の大事な品になります。ありがとうございました。

さて、レッスンですが、19時半からのにいくつもりがちょっと前に着いたら小さい子達が。
a1270405.jpg

小さいからと関係なく、厳しい言葉が飛ぶこともあります。

fe628432.jpg


久しぶりにこういう緊張感のあるところへ来たなという感じでした。
私もピアノをやっていたころ、いろいろありましたが、そうなんですね。
ピアノと違ってバレエは家で同じく練習するわけには行かないのでものすごい集中力をかけなければ、次のレッスンその次のレッスンと続けることが難しいのですよね。
ピアノはおとなしくというか、一人でやるものですが、私はソフトボールのときのことも思い出しました。佐藤さんが一人が責任持っているだけならいいのだけれど、周りに皆に迷惑をかけると。こういうことって、バレエだからではなくバレエを通して生き様のひとつとして精神力を鍛えられますね。

ソフトボールも団体競技でしたから、「もっと考えろ」とビンタされることなど日常茶飯事でしたし。思えばバレエと違って顔なんて関係ないから平手打ちとか平気で先生してたんだろうな~笑
足で蹴飛ばされても頑張りましたものね。
いつも「その先」をイメージして。先生は私を鍛えてくれているんだ!といつからか思うようになりましたから。おかげで私はピッチャーとして初めてその中学で県大会に行けましたし、高校も推薦がきたりと、努力すれば実るというのを実感したのです。ですので、私にとって「夢」というのは叶わないものではなく、努力するかしないか(そういう状況にあるならば)というものでしかなくなったのです。

次のクラスはトゥシューズのでした。男性3人も混ざって。
66eae5b6.jpg

先生が指導を見せながら(といっても簡単にで、生徒さんたちはあっという間に消化します)バーレッスン。
はじでは、由紀子さんもバーレッスン。
彼女、本当に素敵です。
15d01296.jpg


バーレッスンもものすごくハードです。それが終わると男性と組んでなのですが、由紀子さんも指導に加わります。
しかし、私は「男性も支えることも大変だわよね」と思ってはいましたが、これほどまでに大変だとは。
佐藤さんの指導に「女性を壊れ物のように扱うように」という言葉などがあり、ふ。。。一度くらいそんな風に扱ってもらいたいものだわと勝手に厳しいレッスンの陰で思ったりしたものでした・・。

この歳で、男性もいわゆる人体の骨格を教えられます。
その骨の動きをきちんと考えて支えるなど。
とはいえ、女性もしっかり頭の先から引っ張られるように常に意識をということも。

これも小さいときに誰もが教わることですが、他の人が注意されていることを自分のことのように受け止め注意するということ。
こういう若いころに鍛えられますよね。大人になってからもそのことがたとえば今日はバレエの生徒さんですが将来どんな場面でも役に立つ教えですよね。



1a9ddb60.jpg


練習時間をオーバーしても先生たちは熱心に教えてくださいます。
普通、時間が来たら「やめ」でしょう?
本当に生徒のことを思ってるからこそ出る注意事項。
生徒さんは、涙をこらえてもしっかり受け止め頑張っていました。

私もなんだか両方の気持ちがわかって涙しちゃいました・・。
c971e433.jpg


先生たちが厳しく言っていること、それをわかるときが来るのはもう少し先かな?とか。いや、わかってるかもしれないとか。

先生って期待していない人には決して注意したり、指導したりしないのですもの。なにも期待しない生徒に自分の知恵や力をださなくていいものですから。佐藤先生と平塚先生の愛情を感じました。

その愛情ををその場で理解するのは難しいかもしれませんが、どんなかたちであれ、それぞれがいい踊り手になるために頑張っていって欲しいと思いました。

男性人も貴重なのでがんばってほしい。

あと、私がこのレッスンをみていてとてもいいなと思ったこと。
佐藤さんと由紀子さんは音楽を大事にします。
音楽に合わせる。(ただ合わせるのではなく、汲み取る)音楽の感情を聞き取る。そんなことまで、まだ若い今からきちんとご指導されている点です。これは音楽だけのことではないと思います。
そういうことを聴き取るには普段から感性を磨く、そういうことも入るのですよね。

それと「教室のどこにでも落ちている」これもバレエに限らずですね。
大きい意味で言うと、音楽もなにも学校や先生の言うことだけでなく人の作品に接したり、他の楽器に接したり、自然を見たり感じたりお風呂にいてもどこにいても収穫できる人は出来るんです。

どうか、頑張ってください。
私は心より応援差し上げ、また曲も頑張ります。

今回拝見させていただいたクラスの生徒さんたち
この前のチャリティーで素晴らしく踊られていたので、顔がわかりました。

厳しいレッスンに耐えたからこそのあの舞台でした。

現代において、こういう精神力を肉体とともに鍛えるものは、本当に大事だなって思ったのです。個々の人間のためにも。最近、先生(幅広い意味で)と生徒の関わりがなあなあなところが多いと聞きます。実際、そういうところにいたこともあり、そのときは驚きましたが、やはり先生という立場の人は、なにかを教えるだけではなく、人間を育てるという意識をもっていると生徒もしっかりするんだなと思いました。得てして自分の立場をばかり考えていると叱れないのかもしれません。一生懸命そのものに打ち込んできた人が、更にそのものに愛情をもっているからこそ中途半端な気持ちで出来ない、そういうことがしっかりした態度にでるのでしょう。


生徒さんがそれぞれ素晴らしい踊り手になることをお祈りします。
皆、がんばってね!

明日は、楽しいクリスマス会なんですよね!クラッカー
チャリティーのあとの打ち上げの写真とか拝見しても、みんな本当に信頼関係あっての笑顔でしたから(レッスンとそれ以外時のメリハリがあるのが伺えました)、明日はどんなに楽しいでしょうね。

私は、生徒さんたちにたくさんのものを今日いただきました。
もちろん、佐藤さん由紀子さんにも。
私が一番学んだかも。
ありがとうございました。

立松さんが掲載されています

07年12月20日発売、ネコ・パブリッシュ「バイシクル・マガジン Vol.4
に見開きで立松和宏さんが紹介されています。

本屋さんで見てくださいな。

東京工業大学管弦楽団定期演奏会を聴きに

f46daf5c.jpg

今日は、クラリネットの鈴木生子さんが木管トレーナーを勤めている
東京工業大学の定期演奏会を聴くために東京芸術劇場に行ってきました。
この前のコンサート以来の久しぶりの対面です!

まず、アマチュアオケということで惹かれました。
私は結構大学のオケを聴いてきました。
この工業大学は初めてなのです。
大学でやっている人たちは、音楽が好きだから入っているわけでして(と思う)損得や、名誉、しがらみなどなく(と思います)音楽を愛する人が一生懸命やっているというのを聴くのが大好きなんです。

そのほかに、このオケに行こうと思ったのは東京工業大学だからです。
昔、私が教わったことのある英語の先生がここで教鞭をとっていました。
神戸正美先生です。たまに私のいっていた大学にもきていたのです。
ある日ばったり廊下であって、私のことを覚えていてくださったことを思い出します。彼は人間的にとても素晴らしい人でしたので、早くお亡くなりになったのが本当に残念でした。


さて、今日の指揮者は作曲もされている末永隆一さん(常任だそうです)でした。
曲目はドリーブのバレエ組曲として「コッペリア」マーラーの「交響曲第一番 巨人」です。
まずバレエですので、私はしっかと妄想世界に入りました(笑)
久しぶりに聞いたので嬉しかったです。
休憩挟んでマーラー。
この巨人はプロでも難しいのにな~よく取り上げたなあと思っていました。
確かに難しいです。これはこういうオケだからこそよくわかりました。
技術は問題ではなく、その曲の情感を表現するには歳も必要だと思いますし、プロでもなかなか
そうできるものではないからです。

この曲は、いろんな苦悩を抱えたり越えたりしてきた人が共鳴できる曲でもあると思うからです。
作曲する人はなんだかんだ作品についていったとしても、また、言わなかったとしても本当に作っていたときはどういう精神状態だったのだろう、と私はよく思います。今日も聴きながらマーラーはどういう精神状態だったのだろう、いろんなことを考えてしまいました。どんなにタイトルがついていようが曲を作るときはいろんな要素が(生活やいろんなこと)重なり、いわゆる評論家とか残った材料では想像もつかないようなことが心の中で起こっている場合もあるからです。
伝わるかしら・・・。
作曲もなんでもそうなのですが、言語=心ではないことのほうが多いこともあるので「あのようにいっていた」「書いていた」というのは当てにならないことも多く、曲から五感を通して伝わるものもたくさんあると思うということです。
そのためには受けて側も普段から五感を磨く必要があると、私個人は常々思っています。

秘める人もいますから。

でもよく頑張りました。この若さでこの長い曲を短期で集中して素晴らしいと思います。

帰りに、お初でお会いした空間デザイナーのかたとお食事。
池袋の東武にあったベトナム料理で、私は海鮮おかゆ。
辛かったけれど美味しかった。
空間デザイナーのお仕事をされていながら音楽もされていて
共感したところがたくさんありましたし、やはり才能ある人は理論やらなくても出来ちゃうのね、と思いました。

今年のコンサートはこれでおしまい!

色々今年聞かせてくださった演奏家、作曲家の皆様、本当にありがとうございました。
来年も更に楽しみにしています。

c7d799b5.jpg

久しぶりに名古屋を堪能?

fba96b7e.jpg


(ななちゃん・・・パンツはかないと、寒いよ・・・
って、こんなことしているのは私だけでしたが・・・)



うさおはお留守番させて、名古屋城へ行ってきました!

雨が降っていたのですが、無事にやんで楽しんできましたよハート

最近、180度変わったというか、興味がなかったのが急にひょんと出てきたもの。
ベジタリアンの○作曲家さんです!自分で驚き!です。
興味はなかったけれど、家をよくみると資料は絶版ものもなぜかあり、まるでまっておられたような・・・。ですので、年末(別にクリスマスは意識していません。そんな狭い範囲でなく)はこれに頭の中が動かされそうです!

こういうことって人生にあるんですね!でもおそらくなかなかないことだと思います。人生って面白いわ~不思議ね~

うさお「お前が不思議なんじゃ(*`o´)/」


大阪じゃないのに食い倒れ・・・汗
明日からずっとまたお出かけですが、気を引き締めて頑張ります。
しかし、午前から夕方までは比較的時間が空きますので、年内に済ませたい御用の方はご遠慮なく。

3fc8289a.jpg

いってきまーす!

aeaca0a4.jpg
♪Asako S♪

クリスマスコンサートに行ってきました

横浜のフランス菓子やさんのメーテルリンクさんのところで行われた
クリスマスコンサートに行って来ました。

某氏もまたお会いしましたね!ちょっとしか話しませんでしたが。

さて、作曲家の八木下さんの芸大大学院在学の八木下侑子さんがトップです。
シマノフスキーを弾くとは聞いていましたが、まさか仮面劇の作品34のなかの「ドン・ファンのセレナード」を弾かれるとは思ってもみず、大好きな曲なので心でわくわくして聴いていました。その前にらもーのクラブサン曲集より「一つ目の巨人」でしたが、もうシマノフスキーが楽しみで。確かに難しい曲ですが、この若さで良く弾きこなしていたと思います。

とっても丁寧に旋律もきちんと濁さず演奏されていました。
衣装も彼女に似合って綺麗でしたよ。

そのまえに、八木下茂さんが「クリスマスツリー」というのをご挨拶に代えて(今回の協賛が(株)イレーヌさんでしたので、社長でもある八木下さんがご挨拶)昨日作曲されたと、自作自演されました。

綺麗な曲です。コンサートが終わってからいろんな人が綺麗な曲ですよねって八木下さんにおっしゃっていました。

八木下茂さんと、ピアニストの八木下侑子さんです。
fdb611ae.jpg


今回のコンサートはフランスで勉学中だった頃に知り合った方が集まってされたそうです。
そしてそのほかにピアノで多田真理さんというかたが、グラナドスを二曲。
(今回皆さん2曲、3曲続けて弾かれていました)
ピアノ組曲「ゴイエスカス」より第4番「嘆き、またはマハとナイチンゲール」と「わら人形」です。
幅のある弾き方をする将来性のあるピアニストさんでしたね。
グラナドス、まだこの若さで今日のような演奏をされるのですから、是非もっと開拓していただきたいです。
これからが楽しみです。

多田さんにもお写真撮らせていただきました。
60d2af1c.jpg


大神香澄さんと大神慶子さんは姉妹なのかしら?連弾がものすごく呼吸がぴったりでした。大神香澄さんの弾いたガーシュインの「アイ・ガット・リズム」もなんだか今日の雰囲気にあっていましたし、彼女の雰囲気にも。

クリスマスコンサートらしく「クリスマスの賛美歌」(編曲 石川芳)。この曲とてもいいアレンジです。

宇宿真紀子さんのドビュッシーの「喜びの島」も、しっかり鍵盤に指がついているという安定感(伝わるかしら)が、またテンポも無理なく、久しぶりにこの曲を気持ちよく聴けました。

これまたご兄弟でしょうか、チェロの方が加わり(宇宿直彰さん)メンデルスゾーンの「無言歌」作品109やグノーの「アヴェ・マリア」アメイジング・グレイスなどを弾かれ、そのあと、「夢のあとに」を演奏されて楽しかったです。「夢のあとに」はチェロをやっていた頃、数少ない私が弾いて楽しんでいた曲。
チェロいいなあ・・・。さっき久しぶりに自分のチェロを見たら、弦が全部外れていたので(笑)張り直しました・・・。

関係ないけれど、小峯晋君のチェロが聞きたい!と思いながら聴いていました。

今日は若さもいただけましたし、音楽への愛情も感じられ、よいクリスマスコンサートでした。


バターがない・・・

私はカルピスバターの無塩のを愛用しているのですが
店頭にない!
カルピスバターだけでなく、他のもかなり少ない!
なぜだ・・・・。

マーガリンは買わないので(身体に悪いから)いいのですが、どうして~。
ご存知の方、教えてください。

ギャラリーめぐり(お勧め!)

今日は画廊を精力的に?まわりました。
最初に言えば、画家の及川さんとニアミスしたのが残念でした。

さて、最初は鉛筆と水彩の「荒野晶子個展」銀座古屋の画廊で22日まで
水彩の人物画だなんて興味ありました。
この前の町田さんの個展でDMいただいたもの。
初めての出会いです。
DMよりやはり生は素晴らしい!
荒野さんのところに来ていらっしゃった方が私が長く住んだ船橋在住の陶芸家さんで、素敵な作品を持っていらっしゃったのでまたそこで彼とお話。
意外な縁が始まる今月。そして音楽の話も出て、嗜好が似ていました。
荒野さんの凛とした語り口も素敵です。
バックは彼女の尊敬するお方だとか。
是非是非。なかなか正面からの人物画は難しいものです。
水彩でこの表現、素敵です。テンペラの作品も一点ありました。またそれも素敵。是非お勧めします。
2a7722c6.jpg


で、その後Mさんと偶然会い、金井画廊へ。ここ、エレベーターが外国のような感じのなので手動で色々面白いです(笑)
a6d5595d.jpg

こちらの1階では長繩えい子作品展。
愛しい女シリーズです。26日までやっているので皆様もどうぞ。
初めて観た作家さんですが、色彩が独特!
この前までニューヨークで展覧会(ニューヨークのチェルシーのセーラムギャラリーにて)だったので最近帰ってきて個展だそうです。
また、この長繩さん素敵なお人柄。『くつしたかして』『ぼく、おおきくなった』(福音館書店)などがありますので、挿絵を見てみてください。
時間が迫っていたので、話はほどほどに失礼しましたが、挨拶のときに又ごゆっくりとおっしゃってくださいまして。ありがとうございました!
真ん中が長繩さんです。
この色彩感覚、私はとっても好みです。
スペインやポルトガル、アルゼンチンにかかわる人物の姿が魅力的に描かれていました。

f771dd08.jpg


3階では私の大好きな藤崎さんのご友人の個展がされているとおもいきや、既に終わってたと・・。


今日は、二村潤さんのオープニングがあるのよ!とそこから時間もないのでタクシーでGO!!
空いていてあっという間。

2869bf82.jpg
明大も綺麗になりましたよね~。
私が学生の頃は、もうそりゃ「明大!」って感じでね。
面影もありません。

御茶ノ水で大好きなギャラりーf分の1
独特な白いいい空間なんです。
オーナーさんも素敵ですし。

着きましたら、なんと長谷さんが!久しぶりにお会いしたと思ったら風邪を引かれていたとのこと。今日もあとの飲み会には参加せずでした。お大事に。
3adcafe8.jpg


二村潤さんとは、すごく久しぶりで感激。
お教室もお忙しいとはきいていましたがお元気そうで。
みて下さい、お痩せになりましたよね。飲み会でも「ええ!」というくらい減ったそうです。
6a0c596a.jpg


単なるオヤジ朝子と二村潤さん。痩せたよね!
潤さんの作品は甲乙つけられないのです。
でも白い小さい絵が素敵でした。そしてCLOUDという絵も。
なんだろうな~あったかいんです、全ての絵が。
私が抽象画に入ったのも潤さんの絵からなのです。

そしてオープニングに集まった人たちの中には生徒さんもたくさん。
皆さん、とっても信頼して集まっていました。
横耳?できいたのですが、潤さんのお教室の生徒さんはそれぞれの絵が全く違うと。普通、「あそこの教室の子ね」とわかるようなのですが、潤さんがそれぞれの個性をいかに伸ばしているかというのがこの言葉でよくわかりました。
簡単そうですが、とっても難しいことだと思います。
その後近くのイタリアンで残った皆で飲み会!

左から二番目が二村潤さんです。
しかし、私結構飲めちゃうのね。まあ、今日はワインでしたので大丈夫ですけれど!
皆、初対面とは思えない人ばかり。潤さんの周りは温かい人ばかりだ。見習わなくては!すごく盛り上がっちゃいましたよね(笑)

とはいえ、潤さん風邪をひかれていて、薬飲んできたとか。
こうやって人の輪作りをそんな体調でも頑張ってしてくれる人なんです。
しかもお忙しいのに。
ありがとうございました。
そして一番左の方がNさん。長谷さんが三島由紀夫などと話したりまたその裏側をご存知の方ならば、Nさんは遠藤周作さんにとてもかわいがられたお方です。もちろん遠藤さん以外にも。かわいい方なので納得です。小説のモデルにもなっていますが、そこでは変に書かれてるからいやなのよなんておっしゃいますが、小説として「フィクション」でいじったからですよ。
それと手相と血液型と星読みもすごいので、見てもらっちゃいました。
皆さん本当に壁がなくなっちゃってましたよね、最初からですが(笑)

で、珍しい!誰かが何型の集まりなんだろうといって
O型3人、B型二人、AB型二人でA型がいない!
A型ってどういうのかよくわかりませんが、結構多いのでは?

560dc273.jpg


左の方は画家さんで池本洋二郎さんとおっしゃいます。
ギャラリーバーカジマで29日まで年末忘年会展に出品されています!と、おっと、大橋俊平くんや平井勝正さんがでもだ。22日土曜はパーティがあるようですが、私はちょっと行かれません。
K’Sギャラリーでも27日まで「2007年ギリギリ展」というのをやっているようです。

00dce06c.jpg


私はここ数週間、なんとなく音楽に関係ない人にちょっと私の考えていることを話すと、とても面白そうといってくださいました。
リサーチしちゃってるよ、私(笑)
でもこういうの大事だと思って。一般の人がどういう反応するかな?と。
で、ある一つ。
そのことを来年は徹底的に下調べしなくては!と決めました。
頑張れそうです!

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ