作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

August 2007

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

「屋根の上の赤い女」

改めて高城ツヨシくんからのお知らせです。
ツヨシ君が出演された「屋根の上の赤い女」が9月15日より池袋のシネマ・ロサにて公開されます。
詳しくは、ツヨシ君のホームページにてどうぞ(←こちらをクリック)


9b1b8ded.jpg


監督さんは才能ある若いかたで、2005年ぴあフィルムフェスティバルにおいて準グランプリを受賞した、岡太地(おかだいち)さんです。

この作品は、30分のため、「トロイの欲情」(15日から18日まで)「放流人間」(19日から21日)同時上映だそうです。

初日と最終日はツヨシ君も舞台挨拶に立つ予定だそう。
(私、15日神戸なので、初日は無理だわ)
ツヨシくんはこれらすべてにご出演。評論家の阿部嘉昭に、

「役柄がいつも違うが抜群に巧い。笑わせもする。要注目男優だろう」

と評価されています。
皆様、秋の夜長にいかがでしょう!

無事終了しましたm(__)m

399c7598.jpg


信じられないこと・・でも、精神力だ~。
ac7be06f.jpg


すでにリハの時間に遅れるすいません
皆さん早くいらして、一生懸命頑張ってくれたのです。感謝。
ff22666a.jpg


とおもったら、フルーティストの伊藤真智子ちゃんが!
アルトフルートをもっていたので、持たせていただいたんですよ。
重い・・。

b37cb4c6.jpg


ゲネプロまで時間があって、描く。なにを?
ふふ、これ。
うすーくうすーく。
楽屋前の・・・。

a7ec89a1.jpg




ご活躍の三輪昌代さんと会うことができて「久しぶりです!」って。
素敵な贈り物までいただいてしまいました(*^ー^*)ありがとうございます。
白い服がとても素敵。舞台ではブラックドレス。どちらも三輪さんの雰囲気にあったものラブ

d28876fd.jpg


今回、弦楽四重奏曲「罪なきもの」を演奏してくださったオブリガートカルテットのみなさんと一緒に。
珍しく真ん中な私。とても恥ずかしいです。
若い人たちに囲まれて緊張する私・・単純な・・。
でも、本当に一生懸命演奏してくださいました。
勉強になります!ありがとうございましたm(__)m
左から、ヴィオラの田口雅人君、チェロの三澤亜美さん、1stヴァイオリンの魚本あつ子さん、2ndヴァイオリンの齋藤史織さんです。
5f4846d5.jpg


大丈夫かなあと思いつつ、作曲家の鶴原勇夫さんたちと少しお茶をしました。
調性、無調のことで充実する、鶴原勇夫さんと小森俊明さん。
あれ?しげりんがいない!こんな重要会議のときに!
5cdb1b1d.jpg


こっちは何を話しているのかなあ~
手前がクラリネット奏者の山崎江理子さん、奥のブルーのシャツを着ていらっしゃるのが、ピアノの中野泰さんです。


4862ee68.jpg


帰り、私の身体が黄色い・・。薬の飲みすぎで黄疸じゃないの?と帰って電話した人が忠告(笑)
皆さん、お疲れ様でした。
足を運んでくださった皆様に感謝してます。

ちょっとすみません、バタンキューです月

リハーサルに行ってきました。

皮膚科にも(笑)
帰りにですけれどね。塗ってさらに腫れないことを祈るばかり・・・

今日学校へ伺わせていただきました。
近くにはお寺やお墓など。
好きな雰囲気です。初めて行きました。

5d62402e.jpg


ea7baf55.jpg


明後日というのに、初あわせです・・。

演奏者の皆様、素敵な衣装をきてからということで、最初のところの雰囲気だけ。
若さをたくさんいただいたわ。

デジカメなので、音がどこから?みたいな感じですが、これで精一杯ですのでご理解ください。

音は小さく聴いていただいたほうがわかりやすいと思います。

演奏はオブリガートカルテットの皆さん。
Vn.魚本あつ子、斎藤史織 vla 田口雅人 vc 三澤亜美(敬称略)





これは、再演になりますが、聴いていて私って自分の曲にまったく執着ないんだわと客観的に思いました。どんどん新しいの作ろうぜ!という感じでしょうか。この次のカルテットは、これとはまったく違うものが浮かびますしね。

ここ数日の月は好き。

047a9f09.jpg


明日は夜7時過ぎ皆既月食。

こうなると、ドロレ~スとスティーブン・キングの小説「ドロレス・クレイボーン」を想う。この映画化も大好きで、「黙秘」というタイトルになっているけれど、女優キャシー・ベイツがとても素敵。

第13回日本現代音楽展

確かに、わたくしでございます(汗・・ネットだとばればれなんですね)

先週辺りからぼちぼちお問い合わせいただいている
8月29日の文化会館小ホールでの

鈴木朝子:弦楽四重奏曲~罪なきもの~ は、確かに私の作品です汗
再演となります。冒頭楽譜はこちらにおいてあります。

別段公表する気はなかったのですが、ネットで早々とお調べいただいた方々、恐縮です(皆様にはお手紙しました)
自分の名でなど検索しないので、やってみましたが私には探せませんでした。
またここをご覧になったら、どこに載ってたか教えてください~。

なぜか、チラシに楽章のタイトルが書かれています(プログラムにお願いしたのですが、逆にプログラムには載らないのかしら)
演奏してくださいますのは、Obbligato StringQuartetの方々です。
何故かリハーサル立会いがないとのこと・・・不安・・。
あちらに不安がなければ何も連絡は来ないと思うのですが。

さて、チケットは私へでしたら、一枚3,000円です(振込み手数料などかかりますので、3,200円のところ3,000円にて)
2,000円くらいが理想なのですけれど。
私への申し込みでしたら、24日までにお願いします。

演奏家さんには、ピアニストの三輪昌代さんヴァイオリニストの佐藤嘉則さん、フルートの伊藤真智子さんなども。
作曲家では、峰村澄子さん、小森俊明さん、早川和子さんなど面識あるかたで

皆さん久しぶりにお会いできますね。


09ecd82b.jpg

すごいよ、立松さん

お知り合いの方は、メールが来たかと存じますが。

あらためて

_________________

今月発売された世界最大の旅行ガイドブック会社lonely planet(ロンリー・プラネッ
ト)の[TOKYO ENCOUNTER]に紹介されました。

前回の[Best of Tokyo]では文の紹介だけでしたが今回は演奏写真入りです。

個人が旅行ガイドブックのお勧めとして紹介されるのは世界的に見て珍しいと思いま
す。

大きな洋書屋さんに行けそうな方は覗いてみてくださいな。

日本で有名な「地○の歩き方」はlonely planetを参考になさったらしいです。

ではでは皆様体調にお気をつけ残暑をお楽しみください。

________________
ということです。
皆さんも覗いてみてくださいなハート

アマチュア管弦楽団(FAF)の演奏を聴いてきました。

a9d34728.jpg


まず、その前に、大好きなイラストレーターの佐久間育さんに、「涼んでください」って蛙の絵をいただいてしまいました!ありがとうございます!かぶれは、腫れにかわり右目は半分つぶれてますが(笑)、涼しくなったら治ると思います!
額はじっくり選ぼうと思います。白ベースで♪
育ちゃん思い出したら、鍋料理を食べたくなった。
今夜は鍋ね。

さてさて、
ミューザ川崎であるということで、紫外線除けがっちりといってまいりました。
アマチュアということですから、何より楽しんでクローバー
223b218d.jpg


ドヴォルザークの歌劇「ルサルカ」よりポロネーズ。
5分くらいのものですので、まとまった演奏。

お?ファーストヴァイオリンを見ると、見た顔が♪なんで?

ラフマニノフのコンチェルトで吹いたオーボエの方、あと悲愴で吹かれたクラリネットとファゴットの方は上手でしたね。
打楽器のかたがたも。
ただ、シンバルを鳴らすときに、後部座席(ミューザ川崎は舞台を丸く囲んであるので)にいた女の子が今か今かと、耳を押さえてニコニコしてるのが楽しかったです。いつだか、やはり全席自由のコンサートで、たまたま打楽器の後ろの席に子供たちがいて、すべて交響曲はショスタコーヴィチ(笑)
途中眠ってた大人まで「ガクン!」と飛び起きてたのを思い出します。

アマチュア管弦楽団なら、やはりクラシック。
結論から言えば、とても楽しめました。私のこの妄想癖が、限りなく広がるくらいにキラキラ

この前のアマチュアのはブラームスやモーツアルトのみで眠くなったの。

有名どころばかりです。で、ラフマニノフのピアノコンチェルト第3番。
これも小さいころからよく海外の演奏家でも聴いてきたもの。ま、演奏される機会の多いものですからね。今はプロコフィエフの2番が聞きたい気分なんだけど。
続きを読む

海のオブジェ

ギャラリーf分の1で、高木敏行+井上リエ・・・海のオブジェが28日よりあります。
詳しくは、ギャラリーf分の1さんのHPでどうぞ。
ca8072b2.jpg


素敵。好みです!
ここのギャラリーは本当に洗練された作品を取り扱いますよね。
オーナーさんも素敵ですし。

御茶ノ水って学生時代はよく行ったけれど好きな街のひとつ。
私の(というより、母がここのをよく買っていたので)愛用の黒岩スリッパさんもここにしかないんですよね。
日曜はやってないと思ったから平日にいかないと。スリッパも磨り減ってきたので。
サイズがいろいろあるのですが、昔からあるこのタイプが一番好き。
花がついていると値段が高くなるから要らないというお客さんのためにシンプルなのも増えたようですが、お店の人と昔お話したときに、このお花が素敵なのにとやはりこだわりだそうです。
裏がフェルトもポイントですよね。特にマンションだと階下に気を使います。
自分が履いててもうるさくないし。

この赤、サイズ大きいのも出してほしいな。
これは24くらいだったかしら。
また買ってきたらアップしましょ。
milongaにも行ってこよう~。

c471eec3.jpg

気まぐれですので

とはいえ、進めねば。
ちょっと意味は違うのですが(私の書いてるのはチャートによるものなので)
獅子宮
バレエも意識していますので、冒頭ですが。
獅子座生まれの方、どうぞ!
私は清書などしないので(しろよ)書きなぐりですが・・・
1段目の最後の小節は右手ト音記号です(汗)
66a96a4f.jpg

絆 Transcriptions!!~華麗なるピアノ編曲の世界~

ピアニスト本山乃弘くんからのお知らせです。

第6回となるピアニスト5人による絆のピアノコンサート。
今回はピアノ編曲ということです。

9月2日日曜日14時から日大カザルスホールにて。
全席自由で3000円
ホームページからも申し込めます。
詳しくはこちらをどうぞ

本山君は、今は左手の演奏家さんですが、今回の
J.シュトラウス?/ゴドフスキー;喜歌劇”ジプシー男爵”より宝石のワルツの主題による交響曲的変容(左手のための)は、とても難易度が高いのですがとても魅力的な曲ですと。
そのほか、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタの第3番の有名な画ヴォっ戸を、ラファエル・ヨゼフィーが左手のピアノ曲に編曲したかわいらしい作品とショパンのエチュード作品10-3(別れの曲)をゴドフスキーが左手だけで演奏するように編曲したものだそうです。

ほかに、サン=サーンス/リスト/ホロヴィッツの死の舞踏も聞いてみたいですね。
ホロヴィッツのカルメンも聞いてみたいなあ、いつか。

5acddbd4.jpg

ソプラノリサイタルに行ってきました

田中雅子ソプラノリサイタルに行ってきました。

私は8月に入って、行きたいものもすべて
キャンセルさせていただいてしまって。予約していたジャズすらいけなかったのです悲しい

思い切って、今日から興味津々復活です。
最近、こういう区切りのものが多いのですが、
その最初となるものは心が温まることが多く、
今回も裏切らないものでした。

思い切っていけたのも、東神奈川のかなっくホールだったからかな(近かったし)それになにより「うさおがぴょん」(うさおとの日記のほうに私が弾いて載せさせていただきましたが)の作曲者八木下茂さん のその名も「八木下茂の世界」ということで、いかねば!と走る

その前にプレゼントを買い、ちょっと顔を水で洗って一服。
心身緊張しているときはカフェインレスがいいと、最近紅茶もご無沙汰なの。
で、なんとかスカッシュ。
グレープフルーツがごろごろ入っていて、底のほうを長いスプーンでがさごそしていたら、斜めに座ってたお兄さんが見ていたみたいで(そんなに必死だったかしら・・・(・_・;))クスって笑われましたさ。
4e1c5960.jpg


うさおウサギ「そんな話いいから、さっさと進めよ~」


かなっくホール。来たことないと何人かの方にしっかり申しましたが、嘘でした(笑)伊藤亮太郎さんのヴァイオリンリサイタルで来ています!
8bdddf9c.jpg


まず、今日お会いした方たち。
左から、作曲家さんばかりです!鈴木信史さん、小森俊明さん、今日の主役、八木下茂さん鶴原勇夫さんです。
今みたら、私の腕すごくない?脚みたい。どうやったらこうなるんだろう。しかも姿勢悪!脂肪か・・うちの父がよく「死亡届(脂肪届け)出さないと」といっていたのを思い出す。
うさおウサギ「お前のこといいから、進めろ」

af3d43b4.jpg


ちょっと長話できた鈴木信史さん。
双子座なんだって。
今Zodiacを書いてるといったら、「え?あの殺人の?」というので「???」
そういう映画があるそうです!勉強になりました。
私はまだ獅子座までしか書いてないですが、星座(宮)をお教えいただければ、ピアノソロですから(1分程度)その当てはまるところを差し上げます。添付でよければ尚更音符

こんなに顔がしんどいのに、どうも見た目太った以外に(笑)かぶれているようには見えないようです。ということは、もともとかぶれてんの?私の顔(´・ω・`)ある意味、ちくちく痛いのに、そう見られない(理解を得られない)ってちょっと厳しいかも・・・。
ま、いいとして。

初対面です。ピアニストの笠石まゆみさん。とても素敵な方です。
7715243b.jpg

9月16日にみなとみらいホールで、チェロとのデュオをされるようです。
N響の主席チェロ奏者ととのことで、今誰だったかなあ~と思ったら藤森さんね。あ!チケット売り切れてます
N響なら、昔演奏してくださったヴァイオリニスト大鹿由希さんもよろしくね♪

さて、まず大入り満員でしたね拍手
そして何より、みなさん楽しんでました。いつも観客の様子をじっと感じる私。

「浜辺の歌」のようななじみのものからアリア、それ以外にもフルートの大橋史櫻さんがシャコンヌを演奏されたりと多岐にわたりました。大橋さんは私の「白兎と私」という曲の再演をしてくださった方でもあります。
浜辺の歌って人気なんですね。私もこの前編曲しました。
そしてyou raise me up!も。

八木下さんの「恋の命」は女優の黒木瞳さんの詩に曲をつけたもの。
詩を読んでささっとでてきた曲らしいです。私は拝聴するのは2回目。
ソプラノの田中さんもこの曲は歌えば歌うほどなじんでくる?(記憶よくありません。・・。)いい曲だと。

クラシックを普段聴かれない方も聴いてくださいね。許可いただきました。
撮影まさかOKとは思わなかったので、席が。。。
デジカメであるということもありますが、それでも雰囲気でもつかんでいただければ。なによりコンサートに行ってみたいな、堅苦しそうだけどどうなのかな?と思うような人たちに楽しいんだよと伝われば。

恋の命から「化粧」
恋の命から「花のいのち恋のいのち」

花束も受け取っていました!現代音楽では考えられない!
現代音楽なら、これすら「現代音楽」の曲の一部になるかもです笑い
44b86ab9.jpg

素敵なドレスでしたハート
リボンと白。大好きです。また田中さんの雰囲気にもあってましたよね。
後のデザインも素敵なんですよ。ほしい・・・

恋の命日のほかに、田中さんのご友人のちぢわひろこさんが詩を書いたものを八木下さんが書いたのもあります。「子守歌~妖精たちのささやき」
これは楽譜を買いました。

八木下さん「しっかり勉強しろよ!」
はあい。
a866fc31.jpg
3部にわかれていたのですが、その2部の八木下茂の世界の最後に、田中さんの思い入れのある曲を八木下さんがアレンジした「不思議の森のコリン」が演奏されました。


このソプラノの田中さんのリサイタルは初めてでしたが、なんと言うのでしょう。最初からぐんぐん引き寄せられるというよりは、徐々に広がるというか、最終的に彼女が舞台袖に涙ぐみながら消えるところなど、まるで私が彼女のような気持ちになれる、そんなソプラノの歌手の方でした。

すごく深い意味でマイペースです。
プログラムでも自分の経歴の後にプリマドンナになるより、一人でも多くの人に音楽の楽しさ、すばらしさを知っていただく伝達者でありたいと思うようになってきました。と、書いてあるように、優しい気持ちの伝わる人でした。

第三部では、フルートの大橋さんも加わって。楽しい雰囲気で。
be22cf88.jpg





そして、手話を一緒にやりながら「ありがとうをあなたに」をしました。会場のみんなも。もちろん私も。私は高校のころ単に先生の目をかわす・・・という目的で友達とよく手話を勉強していました(不純な動機・・)
やはり歌や昔話などで慣れたものです。
OLのころがやった最後なので、なんだかやりながら懐かしく思い出しました。

こういうリサイタルには確かに全体で歌うものがあったりします。
今回「翼をください」でした。

わたしだめなんですよ、いわゆるたくさんの人の声。
心臓に来るんです。言葉でもこういうものって「悲しみのない自由な世界」とか「小さい星」とか「ささやかな幸せ」と言葉を見るだけでもだめなのに、たくさんの人が歌うと。よくみんな涙でないな。歌わないんじゃなくて、歌えないんです。
私ただでさえ、目がかぶれてるのだから、涙も刺激物。


一番最後はアカペラで田中さんが見事に歌い上げ終わりました。

今回、八木下さんや大橋さんのパフォーマンスも客席が沸いたポイントになったような気がします。ユーモアは大事。そして、なによりピアニストの御手洗紅さん。安定した伴奏をされていました。
続けるって大事だなって。いろんなことを勉強させられたリサイタルでした。

心温まるコンサートでした。


八木下さんの楽譜と、横浜で配られていた下呂温泉のパンフレット。
地元の素敵な(私のいう、素敵なとは、オーラの素敵な人のこと。外見ではありませんが、外見がくるまれているので空気できます)

うさおウサギ「おまえ、オーラなんて見えないくせに」
はいよ、すみませんね。
温泉いいなあ。
60b21219.jpg

livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ