作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2007年06月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

堀越隆一・みちこ 個展リサイタルにいってきました

新宿に着いたら、「バーゲン」の波~大波

f12e0669.jpg

暑いのに、もっと蒸し暑く感じます・・・。

地下鉄やめて歩きました、初台まで。

f3553d5e.jpg


たまにこの男の人に会いにいきます(笑)

0c8444e7.jpg


さてさて、今回はベートーヴェンのピアノ三重奏曲「カカドゥ変奏曲」からはじまりました。安定したトリオで安心して聴けました。
お客さんがたくさん入るといいな~みたいなことを過日堀越さんがおっしゃっていましたが、なんのその、大入り満員です。ちなみに久しぶりに私の知り合いが一人もいませんでした(笑)こんなにこういう人たちが集まるコンサートなんていいな~と見ていました。
私、普段から結構お客さんを見るんです。
結構入ってるなあということだけでなく、この曲面白いけど皆どういう風に聞いてるかな?とか、この曲すごく詰まんないけど、みんなどうしてるのかな?と反応をチェックしてたりします。

もちろん演奏の合間合間には堀越隆一さんと中川俊郎さんの漫談、いえ対話が入るのでお客さんは楽しんで聴いています。
洒落も毎回上達している気がします。

で、ベートーヴェンの話がでました。
お偉いさんのような作曲家さんたちがベートーヴェンのカルテットは後期が素晴らしいなどといってるときに、中川氏が7,8,9番辺りがいいというと、皆の視線が刺すようにと(笑)

これで思い出しましたけれど、今年やはりベートーヴェンの話を私にしてきた人がいて、私はベートーヴェンは好きじゃないわといったのです。買ったのですね、話を。普段なら嫌いな作曲家について話しません。
でも、それからが大変。その画家さんはベートーヴェン好き。あの才能は素晴らしいというので、努力家かもしれないけれど、才能は無いわよ、といったらもう二人で大声で喧嘩(笑)ちなみに私は、努力しないで才能がある人はいないと思ってます。「才能が無いから」という人がたまにいますが、やらないだけです。そう思われませんか?皆同じ人間。人のやることは出来ますよ。
あの技術だなんだというので、終いに私は「技術が前面に出てくるなんて大嫌いだわ、素晴らしい作曲家は技術なんて感じさせないのよ!」といったりして(笑)20以上年下の私とまあよくやりますね。私の味方にある若い画商さんが「まあまあ、」といいつつ、私を守るようにしたのですが、そしたら、今度はその画家さんと画商さんがそれ以上にすごい剣幕で・・・。
いい思い出です。

閑話休題。

聴く前に、堀越さんの初演の「ヴァイオリンとチェロのためのソナタ」や「氷の月」は譜面で読んだので、あ~堀越さんの世界!って思いました。
悪いですが(いい意味ですが)もう堀越ワールドなので何も語ることはありません。観客が堀越ワールドに浸っていい気持ちになって帰るだけです。

ただ、今回「石の年代記写本」がヴィオラバージョンで初演でしたが、これ、ヴィオラが一番しっくり来ました!!この曲の4曲目の「悲歌」が大好きなんですけどね。

アンコールは、yestedayやビートルズ(ビートルズは詳しくないけど、知ってる曲でした)を編曲したもの。
センスがでますな、編曲は。
すごくセクシーな編曲でしたキラキラ
しかもピアノは堀越さん、低音部を立って連弾ですびっくり

楽しく終わった演奏会でした。

しかし、今月二回目の満月となる月。
綺麗だ星

おいらは

e67e9ae6.jpg
眠いのさ…


(お気づきですか?ミニレッキスという種族は、うさぎにある「ひげ」が殆どないのです。
生えててもちょびっと柔らかいのがあるだけです
たまに、固いのが1本あったりしますけれど)

CD発売のご案内

今は、北海道へ行ってしまったチェンバリストの森洋子さん。

バッハの「インヴェンションとシンフォニア」が発売されたそうです。
amazonでは準備中とのこと。
早く入手したい方は、洋琴庭のところからどうぞ!

今日はフルートを聞きに.プライベートだから見ちゃダメよ

今日は、先日お世話になったフルーティストの高木さんのお家に
お邪魔しました。
ワンちゃんと猫ちゃんがいるので、たのしみ走る

で、仲良くなりました。
なんと、白兎がいなくなった後、飼おうとしていたキャバリアちゃん。

2a66efe3.jpg


でもって、一緒にいるミーシャちゃん。
大人しくて今日は即興でピアノを弾いたほど!
760718e4.jpg


fdaf1b82.jpg


でもって、急にフルートとピアノで合わせる事になり
駆けつけてくれた、しげりん様が初演で伴奏!
私は猫ちゃんとハート
優雅に鑑賞~

高木さんの手料理もご馳走になり(美味しかった!写真忘れた・・)
ほぼ一日お邪魔させていただきました。

ありがとうございました。
とてもゆったり出来た一日でしたキラキラ

堀越隆一・みちこ個展リサイタル2007

作曲家の堀越隆一さんと、ヴァイオリニストの堀越みちこさんの
個展・リサイタルが今年も行われます。
6月29日(金)19時開演
オペラシティーリサイタルホールにて
全自由席 4,000円です。


ベートーヴェンの「カカドゥ」は初めて生で聴くかも。

詳しくは、こちらでどうぞ

56900ce8.jpg

いなお けんじ展のご案内

ギャラリーf分の1にて「いなお けんじ展」が20日から30日まであります。
(詳しくは↑ホームページで)
25日がお休みで、11時から午後6時半まで。
最終日と日曜日は5時までです。



御茶ノ水と言う場所柄が素敵。

梅雨時にはいい街並みだと思います。
このギャラリーは本当に素敵な作品をいつも展示されるので楽しいです。

25ba4cdc.jpg

belle voix quartet第三回にいってきました。そして木管五重奏のコンサートのお知らせ

カルテットはやはり好き!
私は象徴派シリーズを書くはずなんだけど
昨年の休みがダメだったみたいドクロ
想像力を養うべく、日常を今まで以上に五感を大事に生きていきます。
生きるって大変よね~(私の小学時代からの口癖)

桜木町では綺麗な花が。バックが金属で似合わないけれど。
b9e9dcb6.jpg


少し早くついたので、SNOOPYを。

5c12ccb6.jpg


この、始まる前の感じがいつも好き。
このホールは本当に音が綺麗です。
今回のカルテットに一番ぴったりではなかったでしょうか。

9e4f11a4.jpg


みなとみらい小ホールで聴いてきました。
このカルテットは第一回から聞き逃していません!
大好きだからです。相変わらず息ぴったりで上手い拍手

ドヴォルザークがよかったな。

しかし、世間は狭い・・ということで。
大橋さんもいらっしゃったのですが。
今日お会いした方。

オーボエの桃原健一君、私、作曲家の八木下茂さん。

4a69c1ca.jpg


桃原君と、フルートの高木さん。
c0a3cb52.jpg


終演後、ヴィオリストの岡さおりちゃんと。
髪をばっさり切っていました。何でも似合うさおりちゃんラブ
今日も素敵な演奏でした。満足させていただきましたよラブ

チェリストの磯野正明さんにご挨拶したかったのですが、いらっしゃらなかった・・・。

964af34f.jpg


そのオーボエ奏者の桃原君
7月2日に杉田劇場アンサンブル・たのシック「コスモス」公演
19時開演でコンサートがあります。
一般3,000円、小中学生1,000円です。
定員70名なのでお早めに予約くださいね。

JR新杉田隣接「ラ・ヴィスタ」四階です。

この中の「美女と野獣」(ヤンケン)は桃原君編曲ですって。曲聴いたことないのでわからないですが。

408ba22a.jpg

クァルテット・エクセルシオ第13回定期演奏会のお知らせです

クァルテット・エクセルシオ第13回定期演奏会のお知らせです

大好きな弦楽四重奏団の一つです。
山田百子さんのヴァイオリンは好きなので私も行きたいところですが
予定がありまして。
皆様是非聞いて楽しんでくださいませ。

なんといっても、特に学生さんにはお勧めなコンサートです。
学生さんが羨ましい!


日時:6月26日(火)19時開演(18時半開場)
会場:東京文化会館小ホール(JR上野駅 上野公園出口徒歩1分)

曲目:
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 Op.18-1
バルトーク:弦楽四重奏曲第5番  Sz.102
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 Op.135

チケット/全自由席:一般 4,000円 ペア 6.000円(お二人でご入場いただけます)
          学生 1,000円 シニア 2,000円
(60歳以上の方)

21世紀ピアノ音楽の領域に行ってきました。

ずっと頭で「錦糸町」って思っていて、引き返したため途中入場となりました・・・(アホ?)
初台のリサイタルホールへ。

星「おまえ、うっかりでおいら眠い」
4fcd0e5d.jpg


あ!私?かとおもったら違いました。
8f059d65.jpg


今日はいろんな曲がありました。
八木下さんのはやっぱり八木下さん(とはいえ、今回とてもしっとりした曲で素敵でした)でしたし、浅香さんのも洗練された音で音に☆をゆだねたい曲で素敵でした。
(感想をきちんとかける余裕がなくてすみません)
最近ピアノ曲を書いていないので、色々考えさせられました。
即興では、お友達に動画で押し付けてますが、怒るかわりに送り主の動物の代わりで喜んでくださったり(笑)即興なので、短く途中一瞬止まったりしますが。辛抱強いお友達よ、ありがとう~。


久しぶりに作曲家の鶴原さんにお会いしました。

387a5062.jpg



そして、浅香満さんと先日オペレッタ書かれた作曲家の佐藤容子さんにお会いできまして個人的に嬉しいハート
da00ec4c.jpg

八木下さん(左から二人目)は、mixiのお友達もお誘いしたようです!
向かって左側の方は作曲もピアノもなさるようです。
今後ともおよろしく。

c2c907c2.jpg


終了後、浅香さんと鶴原さんと佐藤さんでお茶をしていたのですが
ふとみると村井国生御夫妻がいらっしゃいました。
音無さんは以前もどこかで拝見したことはあったのですが、村井さんは初めてです。葉巻が似合う男と言う感じでしたよ。

21世紀ピアノ音楽の領域

6月17日日曜に、午後二時より(入場午後一時半)東京オペラシティリサイタルホールにて
21世紀ピアノ音楽の領域が開催されます。
(オペラシティは10周年なのですね)



作曲家の八木下茂さんは、「ピアノソナタ作品11」
同じく作曲家の浅香満さんは「夜想曲」「みだれ髪」ですね。
お二方の作品を甲斐万喜子さんが演奏されます。

この日は、8人もの作曲家がピアノ曲を発表します。ピアニストさんは世の中にたくさんいらっしゃいますので、こういうレパートリーは増えると楽しいでしょうね。


73cdce21.jpg

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ