作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2007年04月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

ムラ・カズユキさんの個展ご案内です。

5月に二つあります。一つはギタリストさんの演奏会もあるので
遅くても電話すれば大丈夫ではないでしょうか?店員になり次第ということですので。
5年の集大成という感じなのでしょうか。

20baeb72.jpg



5370f692.jpg


こちらは、ギャラリーしらみずで、5月8日からです。

7af912ed.jpg
278709c9.jpg

邦楽のコンサートです

作曲家の千秋次郎さんの曲も演奏されます。

すみだトリフォニーホール(小)
5月14日月曜日
18時入場
18時半開演

千秋さんの曲「初瀬の梅」は奈良桜井の長谷寺に伝えられた「貫之の梅」と、貫之むすめの「鶯宿梅」の説話をもとにした幻想的な詩文をテキストにされていらっしゃるとのこと。敢えて楽器の種類を増やさず筝と歌だけの約9分の歌唱を試みたものだそうです。

全自由席 3,000円です。

e8258f82.jpg

ギャラリーパリでのミニコンサートへ行ってきました。

ce229194.jpg

横浜スタジアム(あってますか?)のまわりのチューリップが満開。
色とりどりで綺麗でした。

関内にある、ギャラリーパリ。今改装し終わったのですが、個展のミズさんの希望で、仮店舗のところでコンサートも行われました。

e9922242.jpg

オープニングパーティではないのですが、たくさんの人です。
ca09bc44.jpg


演奏してくださった、オーボエの小松久美子さんとピアニストの島崎佐智代さんです。
曲目はシューマンの「3つのロマンス作品94」
サン・サーンス「オーボエソナタ 作品166」
そしてピアノソロで
ショパンの幻想即興曲とモーツァルトの幻想曲作品397

ピアソラ「タンゴの歴史より1930年代のカフェ」
ピアソラ「オブリヴィオンー忘却」
ピアソラ「リベルタンゴ」

アンコールでラベルの「ハバネラ形式の小品」です。

小松さんのオーボエ、あったかくて好きだなあ。

珍しいピアノ。ちょこっと触ってみたけど、鍵盤結構重いです。

154db8b4.jpg


その後、飲みにいく人たちと蕎麦屋の居酒屋?????さんへ。
「高田屋」さんというところです。
かき揚など何でも美味しかったのですが、最後にはお蕎麦。
詩人の手にかかると小さく見えますねラブ

350a446d.jpg


蕎麦屋さんなので、飲み物は日本酒。
久しぶりに飲みました、冷酒で。

少し酔いました・・・。
今回、若手画商さんで現代音楽をよく聞いていた人と知り合い、楽しかったです。また写真家さんの奥様が作曲家さんなので音楽の話も出ました。

その後、ちかくのもともと教会だったようなところの外人バーへ数人で。

楽しくお別れしました。

5月中旬まで絵を見るのがたくさんで楽しいです。

大道芸の立松さんからです。明日放映されます。

>ヘブンアーティストの体感アーティスト立松正宏さんからのゴールデンウィークのお知らせです!

_____________________

4月28日(土) 14時~16時
東京都美術館中庭

4月29日(日) 10時~12時
東京都美術館中庭

4月30日(月) 14時~16時
東京都美術館中庭

5月3日(木) 13時~15時
上野公園五條天神前
 
5月4日(金) 13時40分~15時40分
ぽっぽ町田(町田市原町田4‐10‐20)
http://www.poppo.jp/map.html

5月5日(土) 13時~15時
東京都美術館中庭

5月6日(日) 13時~15時
東京都美術館中


追伸
TOKYO MXテレビさんで僕の大道芸がチラッと映ります。
明日27日(金) 「5時に夢中!」 17:00~18:00
『街かど!クエスチョン?』のコーナーで17:40頃1分間くらい流れるそうです。
http://www.mxtv.co.jp/goji/
デジタル放送20チャンネル (リモコンID 9チャンネル)
アナログ放送14チャンネル
東京近辺の方は観てください。


皆さん見てくださいね!

フルート オーボエ ハープによる室内楽の夕べご案内

桃原君より、お知らせチケット売り切れました!


4月26日(木)18時開場 19時開演
めぐろパーシモンホール(小ホール)にて
フルート、オーボエ、ハープによる室内楽の夕べが開催されます。

フルート;黒住さやか
オーボエ;桃原健一
ハープ;佐藤かをり
の各氏で
イベール/二つの間奏曲
マスカーニ/オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より”間奏曲”など

こういうトリオは珍しいので楽しいと思います。
すみません!スキャン斜めに・・・。

abfd66de.jpg


ウサオの気持ち

ウサギ「おやつ食べたいのに、取れないよ悲しい


見てください!是非(月曜まで)。丸の内の丸善ギャラリー!

23日まで、藤崎孝敏さんこと「CAUVINEコーヴィン」さんの個展が
丸の内丸善の4階のギャラリーで開催されています。


4939d396.jpg

この言葉、とてもしっくり来ます。
そう、私も人が気がつかないところに何故か敏感で察するのが得意。

うさおウサギ「おまえ、それしか得意なことないしな」

そして、そうやって知られないところに気がつかされている自分が
とても大切なものを見つけることになり、私が生かされるのです。

得てしてこういう言葉は「飾り」になりがちですが、今回彼と話していて
そんなことは微塵も思いませんでした。
この通りの方です。こういう方大好きです。


と~っても素敵な作品&お人です。
またベルギーにすぐ帰られてしまうので、是非。

私も知ったのが、昨日、武内君のコンサート後でしたので今朝一番で行こうと・・・で、葉書すらもらってなかったことに気がつき、教えていただいた方にメールでお手数をかけました。
とにかく、電車に乗ろう。そうしたら、仲介してくださった方が、「コービンさんは、午後3時過ぎにいらっしゃることに」と連絡を取ってくださり、絶対お会いしたい、と今日は丸の内散策?と思いました。
で、テクテク

よく行っていた、東京ステーションギャラリー。
丸ビル丸ビル・・・
16344a51.jpg

戻らないと!
あ、間違えた。丸ビルではなく丸善のあるオアゾ
。え~知らなかった。ご存知でしたか?このビル。
a7aae01b.jpg

丸の内って私がOLのころはもっと閑散としていたのに!
本屋は毒・・・。本を減らすのに「品切れであきらめてたのがあった・・
あ!読みたいこの南米の本など、散財。反省。もう数日は白米に梅干の生活!梅干が食べられる、白米が食べられる、なんと幸せなことでしょう♪上に苦しむ老若男女が地球にいます。雨露しのげない人もいます。安心して眠ることの出来ない人もいます。それに比べて私は。とてもありがたいことです。
その前に、「今日オフなのであの展覧会行きますが、何時から何時まででしょう」とメールがH氏より入る。じゃあ、一緒に会えたら会いましょうと。
で、現地に行ったらいらっしゃいました。私が本屋でボーっとしてたから遅れたのね。
ac302599.jpg

孝敏さんが来る前でも見たい!とすかさずマネージャーさんに「ゆっくり見させていただきます」と。
私の心の第一声「だれだ!この人は
どうでしょう。絵の前に立つと、彼の書く集中力と筆の速さ、その色彩の瞬時の選択が見えてしまいました。そして絵それぞれが、「絵」なのに鼓動している。はあ・・・どうしよう、とんでもない人を知ってしまった、という気持ちと何故こういう人を知らなかったのだろうとも。
この方、既に大家。(隠れファンが多いらしい。隠れないで出ましょう)
そうなっておかしくない人。

私に引き合わせてくださるとはいえ、この集中力のすごさでは結構怖い人かしら?などなど。
一通り見終わったあと、私の感想をマネージャーさんにお伝えし、色々話しましたら、私が感じたとおりの描き方をしている方だそうです。
私が彼の書き方、集中力を見抜いたことをすごいわ、といってくださいましたが、すごいのはそれを伝えた彼の作品と彼自身です。

年のほとんどはボーっとしているとのこと。
それが大事な時間であることは、創作という意味での私も年々見にしみてわかること。決して「こつこつ型」ではないことをお互い二人で話したり(笑)
24a05526.jpg


ac6a663f.jpg

14db5ca4.jpg
ざくろやとうもろこし、そして何より私の好きな人物画。
これは、会いたい!それまでお昼ご飯でもと。
9329f0bc.jpg

さわらが美味しそうだったので(最近魚食べてなかったし)食べました。
美味しかったです。
一緒に観ていた方と話しながらも時間がまだあったので、1階のチョコレートのお店でお茶をしてたくさん相手をしていただきました。ありがとうございました。
ae1b3279.jpg

チョコってどうしてこんなに幸せなのかしらハート
3時も30分を過ぎたので、そろそろいらっしゃるかしらと。
いらっしゃいました!
なんとナチュラルな面白い素敵な方でしょう。

0b8036e1.jpg

私の一番好きな裸婦の絵の前で撮っていただきました。

とてもたくさんお話をさせていただきました。

純粋さも、決して幼稚でない純粋さ。
すべてをはねのけることなく受け入れる器。
なにより、おもしろい!
うさおのことは、可愛いといってくれたけど、色々ご指摘ありがとうございました(笑)孝敏さんは、今は大型犬と小型犬の三人暮らし。
ベルギーにいってすごい生活をされていますウサギ
淋しく悲しい思いをされませんよう、せいぜいネットが使える環境とのことで、これからメールをさせていただきますので、少しは私はお役に立てるかしら?手紙も書きますが、きっと届かないものも多いかもしれませんよね悲しいまた来年も拝見したいので。

ピアノリサイタルに行ってきました。

武内君のピアノリサイタルに行ってきました。
宇宙人「今日はリサイタルなのだ~ガオーロケット

6d54f6c2.jpg



大入り満員。
武内君のピアノは私を決して裏切りません(いい意味で裏切ることはあります)
久しぶりにソロを拝聴しましたが(聞き逃していないことがとても嬉しい。
聞き逃したくないピアニストさんなので)、以前より余裕が出てきた感じがします。もちろん当人は本番への緊張度というのは毎回変わらないものでしょうけれど、表面的にいい意味で変わってきている気がします。


ショパンは、ノクターン2曲。
1小節の空間の優雅さ。そんなものをとても感じました。
ブラームスの「幻想曲集」
ブラームスは私のあまり好きでない作曲家の一人です。
しかし、ここまで通訳してくださいますか!という弾き方でこられましたので
逆にブラームスさんへ「もう少し、弾く人の身にもなって考えるところあったでしょう~。緻密に考える人の作品にしては・・・」というブラームスを再度考えられたものになりました。
え?と思いますか?
本当に素晴らしい演奏家さんというのは、演奏家さんそのものというより、作曲者を際立たせるものだと思っています。
結果、それは作曲者が成功しているということにも繋がるわけですが・・。

そして、ブラームスの後って全てが救い。
今回は「グラナドス/愛のことば」(ゴイェスカスより)」
武内君のテクニックはもとより、言葉として語ってきました。
そこで休憩です。
後半は、プロコフィエフのソナタ第1番と第8番。
この、ピアノソナタ1番をリサイタルに取り上げる人は少ないのではないでしょうか?素晴らしい曲だと私は思います。
なかなか選択しないものですよね。
あえてこれを選んだのはどうしてだったのだろう。お聞きするのをわすれたので、今度聞いてみます。
私も若い頃はこれより5番、7番を習ったものです。
いわゆる「先生」という人たちが課題に出すのも少ないのではないかしら?
と勝手に思うのでした。
これは、やっぱりプロコフィエフ。そんな曲です。
武内君のテクニックと分析力でしっかり捉えられた若いときの作品は
生き生きしたものとしてよみがえりました,
作曲する人にとって演奏してくれる人というのは大事なんですね、やはり。

そして8番。戦争ソナタとしては最後のもの。

とても情緒的。プロコらしい曲です。
武内君の指はオケのようなハーモニーを私に伝えてくれました。

アンコールも嬉しい。ラフマニノフのプレリュードにバッハです。
いつもラフマニノフが入るので嬉しい!
10代の頃ってラフマニノフ、必死になったりするのですよね♪
バッハは武内君の手にかかるとピアノで書かれましたか?のような幅の広いダイナミックさにかわります。
もちろん繊細さも兼ねて。
本当に拍手

ずっと聴き続けて思うことは、彼は作品に対して多角的であり、そしてなにより自分を忘れないのに楽譜に忠実であるということ。
だからといってガチガチにならず、「武内俊之」という額(がく)にたくさんの作曲家の音がキャンバスに描かれているというふうに感じる。

とても技巧的な人の演奏を「手をびしっと見続ける」というだけでなく
空間そのものをキャンバスにしてしまう、そんな雰囲気を感じます。


4a20d969.jpg


オーボエの桃原健一くん(左)と作曲の八木下茂さん

b2b5f002.jpg





画家の二村潤さんと武内君
笑顔って素敵です!

15a9c93d.jpg


作曲家の堀越隆一さん(左)は、6月29日同じくオペラシティーリサイタルホールで

堀越隆一・みちこ 個展・リサイタル2007があります。チェリストのドミトリー・フェイギンさんを迎えて。

a6ec9bd7.jpg





私の大好きな人たち。

1119a401.jpg





コンサート案内

ピアニストの武内俊之君がリサイタルを開催されます。

ここを見て聴きに行きたいという方は私にご連絡くださいね。割引特典が「あるかも」しれません♪

4月20日オペラシティリサイタルホールで。

ブラームスについて武内君のメールに「ふふ」とにっこりしてしまいました。
楽しみにしていますね。

ピアノをこれから習いはじめたい方、また再開されたい方などなど、彼に教わりたいなと思う方、是非足を運んでくださいね。
もちろん、そうではなく楽しみたい方も、疲れを癒しにクラシックを利きたい方もどんな方でも。
プロコフィエフのピアノソナタ1番と8番も聴けますね!


402d7515.jpg


自作自演(動画あり)

こういう動画が載せられるのはブログをやっていることで嬉しいことです。
音楽を皆に知っていただきたい。
皆様の頭にある「現代音楽」という凝り固まったイメージを崩したい。
それが私の仕事でもあります。(大げさ?)
現代音楽?つまんないから行かない、という言葉を何度友人知人に聞いたことでしょう。

さて、今日は横浜美術館のレクチャーホールでの、作曲家八木下茂さんの幻想曲を聴きに行きました。もちろん、他の曲もきいたのですが。

いい天気でしたね。昨日ほど暑くもなく。
e77c1f97.jpg

私はJRで行きましたが。

fb60a6a8.jpg

入り口は、ここ。
6b80dc17.jpg


到着が3時過ぎでした。

本番前、頑張ってくださいよ~と。

a781b526.jpg


どうぞお聞きくださいませね。私も毎日弾いているものです。
夜想曲。

7f863f5f.jpg





そして、「春」です。(あってますか!八木下さん)



こちらが「夢」




今日は、帰りいつもと違うホームからなんだなあと電車に急いで飛び乗ったら、
次は大崎~と・・・。おい、違う電車、しかも湘南新宿ライン快速電車には飛び乗りは危険ですし、こういうこともあるので気をつけましょうね。
ea2a6f19.gif
「そんなの、少なくともここを見てくれている多くの人は、やってないの。   朝子だけだよ、恥さらし(゙ `-´)/」

この続きはこちらで見たい方だけどうぞ。

前に書いた、うさおが白兎見てるのかなあと載せましたら
霊視してくださった友達が「オシイ!」って
ここにいたそうで(泣)白うーちゃん・・・。
89edb7a4.jpg

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ