うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

諸行無常。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

2006年05月

私は、ここから生まれました。

うそです笑い
1c6b9cf5.jpg


思い切り走り飛ばしましたが、転んだかどうかはご想像にお任せいたします悲しい

7af011d2.jpg

ジョイアミーアに凝りもせず行ってきました。11時開店なのに、なぜ11時15分くらいで1時間待ち・・・(そんなに待ちませんでしたが)並ばない私にとっては珍しい~ことでした。雨だしね。
食べてる途中のもありますが。昼食はこれ。
サラダのほかに、三人それぞれのパスタを取りました。
778621b3.jpg


このコンソメは昔はこれだけでおなかいっぱいになるほどの大きいもので、パイがかぶさっていましたが、今はこんなに小さくなったみたいですよ。値段も500円台
709992c4.jpg

続きを読む

先に乗った私に「こんにちは」と声をかけてきて私も「こんにちは」と。
彼女はわたしと同じくらいの世代の人で(でも最後になんとなく年齢のことが出たけど、私30代前半ではないですが・・・)「今日はおもったほど混んでいないですね」と声をかけたり窓側の私に、「色が白いので日焼け大丈夫ですか?日よけをおろしてもいいのですよ」と。そんな風に会話が始まった。どうも私と似た感性か、こうやって電車で声をかけるのが、慣れているようでした。
そして、なにより上品な人で(気取りとはちがう)とてもスムーズに話が進み、わたしはこのような一期一会は大好きなので、名前も聞かずに又お会いできることを楽しみにしています、といってお別れしました。彼女は、私のような人がいてとてもうれしかったですといってくださいました。初対面で上っ面でなく楽しくお喋りできる人に会えたのは初めてですと、ほめ殺し・・。
もちろん、私こそ!でしたよ。ありがとうございましたハート

彼女は、東京の殺伐とした人間関係(簡単なことで言えばぶつかっても謝りもしない、極端には逆切れする、挨拶を同じマンションや近所でもしても無視する人が多い、若い人の多くの下品な格好(女の子の夏は特に下着のような格好で歩区、下品な言葉使い、男女ともなどなど)にうんざりしているらしく、またそこで話が合う。田舎が本当に年々すきになってくると。
本当に、私ですか?と思うような、息の合う方でした。いろんな見方がきちんとしている方でした。

でも、わたしが上品な人というのは彼女の思い込みは間違いですけれど~(笑)

彼女は明日用事があるので戻るらしいですが、本当に親孝行な方です。

楽しい移動でした。もちろん、うさおもかわいがってくれましたの~
動物好きでよかった。ぴーたーらびっとみたいって。
最初、足元にうさおをおいていたので、うつむいて餌をあげていたのですが、「最初、もう具合が悪いのかしら?大丈夫かしら、と心配したんですよ」って^^;
「要らぬ、心配おかけしまして~」と。
だって彼女、最近人気ある(のです)高い懐石弁当(本を読んだりすると具合悪くなるので、電車では、たべてるとあっという間に着くからと。でも「本読んで具合悪くなるのに”食べ物”たべて具合いいなんてなんか変ですよね」と二人で大笑いしてしました笑い

そうそう、この素敵な女性に、お土産に買っていたあの御門屋のあげまんじゅう、ゴマ味を差し上げたのです。まあ、又私は買いますから、といって。そうしたら彼女いただきます!とそのうちのひとつを口にして「おいしい~」って。よかった~。ドーナツのゴマ餡という感じで、食感にこのゴマの粒がきいてますね、と。
そう、まさにそんな御菓子です。
皆様も食してみては?あんこや、揚げが嫌いでなければお勧めです。

「おいらは、たんぽぽ。うめ~」
b76befe2.jpg

↑このページのトップヘ