作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

2005年11月

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

下からのアングルにメロメロ

ffbf3885.jpg

続きを読む

楽譜出版おめでとうございます。

やっと事務的な書類を開けました?

まあ、よく来てくださる作曲家の八木下茂さま、鶴原勇夫さま
JFC楽譜出版おめでとうございます
クラッカー

そして1月6日には
JFCアンデパンダン
19時開演
すみだトリフォニーホール(小)で2曲目


八木下茂作曲
フルートソナタ(フルート 山根尊典 ピアノ 吉田紗代)
があります。

もちろん、私も拝聴させていただきます音符 続きを読む

及川伸一展~appearance~

画家の及川伸一さんが東京小金井市にある
ギャラリーテムズさんで個展をされます。
JR中央線武蔵小金井より徒歩8分(後で地図載せます)

12月1日より12月12日まで
6,7、日休廊
AM11:00~PM5:00

今年のボジョレーヌーボー

皆さんは既に口にされたのでしょうね。

うちに来たのはこれです。
ワインは飲めるんですよね、私・・。
26ab9ad1.jpg

崎陽軒

中華になると「五目やきそば」と馬鹿の一つおぼえのように言う私。

横浜に崎陽軒がありますが、そこの横に(地下街に)崎陽軒のお手ごろな
お店があるのですが、美味しいんですよ~。私はたっぷり酢をかけて食べます。
(これは伊藤忠にいたときに中国からきた女の子に教わってからずっとしてることです)
c705ad75.jpg


かなりたっぷり~。このくらいあるんですよ。c5b161a9.jpg























で、横浜の三越跡にヨドバシカメラができまして(あんまり興味ない場所ですが)
行ったら、その地下に美味しいコーヒーやさん「MIKI」というのを発見。
他は飲食なので混んでいましたが、ここは純粋なコーヒーやさんでちょっと一息にはいいですよ。喫茶のみなので。きちんとサイフォンで入れていますし。
コーヒーで解らないことがあればよく教えてくれます。(私はコーヒー苦手ではなかったかしら・・困った)苦手な私でも飲めるコーヒーでした。まろやかで(ちなみに5番?注文しました)
98613cb8.jpg

カウンターに座ったら(そこが禁煙みたい)お兄様も気さくでして(とはいえ、私より若いかな?)でもほっといてもくれるので、のんびり出来ました。どこも混んでいたらちょっと足をのばして・・いいなと思った場所です。

とにかく、ご馳走様(^▽^)

食べたかったの~

f745c72b.jpg
林家茶園のあんみつ!

美味しい(*'-^)


♪ Asako

うさぎの爪きりでした

左に今日まで数日あった左の画像は
うさぎの爪を切っているところでした。
怖くて病院で切るという人もいるようです。
私は自分でやりますが、もう右の人差し指?は自分でこの前剥いだので(-_-;)爪がないんですが。
25fe44d0.jpg
爪を剥いだの。

で。爪きり
私が傷だらけ。

67e74aef.jpg

細野晴臣氏のソロコンサート。

行きたかったんだよなあ

誰か行ったら報告してね。

皆さん、応援してください!

鶴ちゃん様のブログで知ったのですが、鶴ちゃん様のご子息と同級生だそうで家族ぐるみのお付き合いのあるご兄弟が、ユニットを組んで人気上昇中です。

K-BROSというユニットが素敵な歌唱力をもってCDを出したばかりのようです。
すでに有名かもしれませんが・・・。試聴もできるようになっていますので、お聴きになり応援してくださいね。兄弟でなんてうらやましいですよね。しかも、聴いたらわかりますがいいコンビです。
(お・・・弟さんのほうは私よりオオヨソ19下って・・・え?まだ二十歳?)息子のように可愛がって遠くから応援しますラブ頑張ってくださいね。きっとファンはあれよあれよとついてきますよ。
歌声にうっとりしますよ。ピアノも一生懸命やってるのですって♪偉いですね。地道に一生懸命今までも頑張ってきた姿がそういうところにも、礼儀正しさのなかにも感じられます。

ピアニスト舘野泉氏

さて、ほんの最近知った私はおかしいのか。
なんと脳溢血をされて半身不随。私のおばあちゃまは22年間寝たきりでしたが。

作曲家の皆様、舘野さんに曲を!(演奏してもらえるかわからないけれど(^^ゞ)
左手のためのいい曲を。
左手でしか弾けなくなったピアニストだからではなく、
今同じ時代にいる「素晴らしいピアニスト」のために。
ただ、左手で弾くのだって難しいのに、バランスを保てる右を使わずにリサイタルをするとは。
どんなにご苦労があったでしょう。歩くのさえ大変でしょう。祖母はずっと寝たきりで・・・。
私の人生のわずかな唯一の慰めが音楽なのに、こうなったらどうなってしまうかしら。
間宮芳生さんに委嘱しているのですね。堀切先生と仲いい人。間宮さんも人もいいし曲もいいですよね。生で聞いたのはなんだったかしら。

私が舘野さんのピアノを初めて聞いたのは母に連れられていった高校生のときかしら。
母はその後サインをもらってくるわ!ともらったはずなのに、どこにやった、母よ。

そのころ日本にはなかったのかなあ、シベリウスなど入っていた楽譜を展示即売していて
買ってもらったのを思い出します。
舘野泉さんというひとを名前しか知らない女子高校生の私は、それでも舘野さんの人の温かさをこの演奏会で受けた一人です。伝わるんですよね、空気って。
でもこんなことになっていたとは。知らなかったとは。
すっかり狭い音楽の世界にとどまっていたようです、私。
反省しなければ。

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ