作曲家 Asakoの日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、フェイスブックなどでご自身で宣伝される方も多くなりましたので 私の曲を演奏してくださる方たちに、私の日常からくる何かをお伝えできるよう、自分のことをたまに載せています。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

作曲家西部哲哉さんの曲


作曲家 西部哲哉さんの、手塚リサさんのイラストレーションにインスピレーション受けたものを、僭越ながら私が弾いてみました。西部さんにはお待たせしてしまって・・・。

夜想曲第11番「夜の魔法」-ピアノのためのー

です。
今年、私にも素敵な曲をプレゼントしてくださって、それこそアップしていかないといけませんね。6月には、グループNEXTでの発表もあるので、ぜひ足をお運びください。この世の中にあって素敵な調性の曲を書かれる(それが全ての理由ではありませんが)西部さん。実は私はNEXT代表の高橋東悟さんとは、メールで色々音楽について語り合った非常に記憶に残る作曲家さんでありました。というのも、ご存知の方も多いと思いますが、51の若さで逝去されました。今の私がちょうどその歳ですが、私を心で支えてくださった方でしたので、その奥様との電話の時にという、奥さまもどれだけショックだったかと思いながら、私自身とてもショックでした。そのころから、大事な人がいろんな形で、、、という、なにか目に見えない流れが出来て不思議でした。そして、作曲家西部哲哉さんとのご縁。しかも調性というだけでなく、非常に本当の作曲家であられる「日記を書くように曲を書いています」の言葉に、まさか東悟さんと親しかった方だとは等々。 

そもそも、リコーダーJPから楽譜を石田さんとのお約束(もちろん!石田さんのファンですから!)で出版させていただいたことからつながったのですね。あ~石田さん~。お待ちください

そう思うと、出版っていいことあるんだな~と思ったり。単純な私です。
そう!石田さんに触発され、銀座のヤマハに楽譜を買いに行ったときに、思わずリコーダー買っちゃいましたからね。リコーダーって、それだけ持って森とかで吹けますからね。なんて便利なんでしょう
。はい、近くに人がいないことを願って吹かないと、迷惑がられますね、私の演奏?では(笑)

あたたかい時期に、早朝に鎌倉の海で、カラスにバッハを聞かせたらどうなるかとか、色々試したりしていたのですけれど、またそんな時期ですね

是非コンサートに足をお運びください♪詳細は後ほど。

すでに始まっています・・・藤崎孝敏新作展

ギャラリーゴトウさんで
31日までやっています!

どうぞ皆様、コービンファンの方はもとより、初めての方も是非♪

無線LANがおかしくなったり、もうPC面倒・・・。

このブログを始めたころは、フェイスブックもなかったですし、私の移った先が、すでに管理費にネット通信料が含まれているということで、これからネットを見る人は増えていくだろうとおもい、私の知るところの素敵な人たち(しかも、パソコン持っていなかったり、なかなか外に知らされないということもあり)をいつかつながる人たちに紹介したいなと思ったのでした。それがきっかけでHPも作り、みんなのことの「ついで」に、作曲委嘱を受けるときに「こんな人間が作っています」という「日常」を載せたりもしていたのですが、今では画家さんたちも演奏者さんたちも、家に多く居る作曲家さんたちも、自身でフェイスブックやらツイッターやらでPRされています。

私は、そもそも自分のことをぐいぐい広めたいと思わないたちなので、みんながやり始めたら、だんだん「紹介」としての役割はやめていいかなとも思っています。
なので、たまーに、ピアノを独学で楽しんでやっている人や、たまに来るピアノのことの質問などのそういうことのブログにしようかなと、ここのところ思っています。

簡単に言うと、多くの人が興味を持ってくると、熱が冷めるタイプです(^^ゞ 
だから行列にも並ばないし、「~が流行」なんて、みんながやっているから他に行こう~というタイプです。

と書いたところで「こうしよう」と、決定的に決める性格ではないので、ゆるゆると続けていきますね。

今はちょっとやることも山積みで、いろいろ遅れてしまっていますが・・・。

昔ツイッターを非公開でやっている人が「自分が一人暮らしなので、生きていますというお知らせなのです」という人がおりました。(若手の画家さんでしたので、びっくりしましたが)そういう使い方もあるなと思ったのですよね。


最近は薔薇も綺麗です。お友達のお庭の薔薇をいろんな種類のブーケにしていただきました。嬉しかったな~。本当にありがとう!

溝入敬三 コントラバス・ソロライブ

コントラバス奏者の溝入さんが、ライブをされます。
溝入さんは、私が20代の頃から格好良くて素敵な実力のあるコントラバス奏者さんですが、年々、溝入さんの魅力が増していますね。初めてお見掛けしたのが、上野でのコンクール(作曲)の最終の時、弾く直前に、雨の中ギリギリ入った時に後ろに待機していたという、今でも鮮明に覚えているのが不思議です。
その直後の演奏が素晴らしく印象的だったのです。

4月23日 日曜日
13時半開場 14時開演
live space ZIMAGINEにて。場所が南青山に移りましたので、ご注意ください。 
ホームページからの予約もできます。

2500円、ドリンク別です。
 
J.S.Bach ,Tom Johonson,H.W.Henze,Wifried J entzsch,Eugene hartzell,Chinary Ungと、プログラムはとても楽しいです。

 

A7 CONCERT 2017

作曲家の峰村澄子さん率いるA-7のコンサートが今年も開催されます。
2017年4月19日水曜日
京文化会館 小ホール 全自由席 
19時開演 18時半開場。
入場料一般3,000円 学生2000円

第一部
綿引浩太郎「組曲」ヴァイオリンとピアノの為の
栗林琢也「遠き彼方の」バスーンソロの為の
橘晋太郎 ピアノ曲集「images」より(新作初演)
峰村澄子「庭火の歌」ヴァイオリンとピアノの為の

第二部
森ふみ代「松の針」「知に生き」フルートと歌とピアノの為の
坪井伸親「Drammatico Episodio Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ .」ピアノ三重奏の為に
ワキマル・ジュンイチ「color No.Ⅱ」ヴァイオリン、チェロとピアノのための 

他、演奏家
 Vn.服部奈々 Bn.宮崎寿理 Pf.関野直樹 Bass.大澤建 Fl.吉岡次郎 Pf.清水良枝 Vc.松本ゆり子  

素敵な春を。 

山本じん作品展 古事記 monstre d'amour

2017年4月11日から16日まで。
11時~18時、最終日17時まで 

ギャラリー勇斎
 
近鉄奈良駅から徒歩4分のところです

山本じんさんと寮美千子さんの対談と朗読が4月15日土曜日、15時からあります。500円ドリンク付き。予約不要です。
初日の16時からオープニングパーティがございます。

「絵本古事記)よみがえり~イザナギとイザナミ)」寮美千子(文) 山本じん(絵) が酷暑刊行会から2015年に刊行されています。そしてイベントもたくさんありましたが、その延長です。

まだ行かれていない方、お勧めです。 

じんさんって素敵な方ですよね。 最近お会いしていませんが。

ギャラリー島田(神戸)

画家のコービンこと、藤崎孝敏さんのコレクションを、ギャラリー島田で4日からやっております。(15日まで)

ライブハウス、クレオールの斜め向かいにある!と思って。

藤崎さんファンの方も、そうでない方も、特に絵を描いている若い人たちに見てほしい絵ですね。

 神戸の近くの方へのお知らせでした。

クインテットⅢ 五つ星の作家たち

「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」に木村佳代子さんん、橋本トモコさん、堀由樹子さん、横溝美由紀さんとともに、大好きな川城夏未さんも。

アーティストトークは、21日に午後2時より川城夏未さんと木村佳代子さんが。

1月14日より2月19日まで。損保ジャパン日本興亜美術館にて。 
第1回第2回は「風景」がテーマだったらしいのですが、今回は「自然」とのこと。

川城さんの絵は茅ヶ崎でも拝見できますが、こういうのも楽しみですね。

入場料がかかります。大人600円大学高校生は400円。中学生以下は無料です。20名様以上の団体様は100円引きだそうです。

開催時間は10時より18時まで。入館は17時半まで。

休館日、月曜。 
livedoor 天気
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
  • ライブドアブログ