うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

諸行無常。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

ご案内いただいて、え?と思った私。

6E6AB96F-5377-4A76-9E88-2483F425CD06


なんて素敵な!「ゆめとかご」というタイトルですが、わたしには、苺のケーキにみえたり、リップスティックの新しい形にみえたり。
でもでも何度も見ていると、生まれてから終わるまでがみえたり、この淡いクリーム色?が絶妙で、人を夢見心地にさせる絵ですね。

この絵、すごく好み。


田鎖幹夫展

そして、いつか見た光と陰
Gallery YORIにて

4月4日から18日まで。
11時から17時半まで。月曜日お休み。


20FF9D59-0EEB-4288-956B-7761E6D41327


ぜひぜひ。

美しい赤と言ったら私の中では川城夏未さん。

もう始まっていますが

3月8日から22日まで。
かわかみ画廊にて。
BE7B7DAB-C2ED-43AB-80B7-E6947546AD38



これは「夢をみた」という作品。


88F9F634-459E-47D9-AF40-B5D585694EF7



私の勤めていた会社が外苑前で、お昼休みにこちら側を散歩することもあったけれど
その頃ギャラリー見る余裕もなかったなあ。
でもそんな、「余裕がない」サラリーマンさんたちにこそ、川城さんの絵を見て欲しいなと今では思います。

いろんなことがありすぎて
一月も終わり…

さて、2月8日に東京オペラシティ・リサイタルホールにて
ROSCOのお二人が、チャールズ・アイヴズのヴァイオリンとピアノのためのソナタの全曲演奏をします❣️
昨年、CDを出されたのです。その記念ですね。


★17時半開場
開演は18時。

チケット、
一般は3000円(当日は3500円)学生は2000円



面白いのが、経営者と作曲家の二つの顔を持つアイヴズを探るべく、保険史研究家の米山髙生氏と作曲の夏田さんが、コンサートの前半後半の演奏前に対談解説もなさるそう。

甲斐史子さんと大須賀かおりさんのロスコは、もう18年も経つのね。
いつだか、渋谷のライブハウスで楽しそうにやっていた頃を思い出します⭐️

でもお二人はいまだに当時と変わらない🎶

95DCF053-4BF0-4A63-A722-277CC9B95792

D52AE155-92BE-4F7A-8AB8-3B8EED8109B6


市野裕子さんの個展が、湘南台画廊にて開催されます。


2020年2月1日から8日まで。
13時より19時まで。
最終日は、18時まで

どうぞ素敵な市野さんの作品の世界を。

0CB5C552-0925-4885-B143-EC3227C9042A


中田太陽陶展
カフェで過ごす
いこいの時間

11月17日から24日まで。

11時から18時半まで。最終日は17時まで
会期中無休。

ginetaにて。

D9BC4EE3-455F-4CE0-AE9C-A3C2AB8F1898


うわ~。画廊でカフェ?
陶芸でカフェ。素敵ですね。


うつわ大好きにはたまりません♪
もうはじまっています。

出来てしばらくしているピーターラビットカフェ横浜ハンマーヘッド店。
私は自由が丘でゆっくりということはありましたが。すこーしずつ、映画の影響もあるのでしょうが少しずつ、あのポターさんの鉛筆画のような、ポターさんの古い写真のようなそんな雰囲気とは違ってきたのが「個人的に」・・・。


最近の私は、↑のように、作家さんの器でというのが大好き。
もともと「わーわー」なところではないところに行くのが好きですが、いっている場所が、のちのち「わーわー」になることも結構あって、そうするとする~っと逃げてしまう(笑)

話がそれましたが、ginetaギャラリーは、本当に「ひとめぼれ」のギャラリーで。

今年はこれが最後だそうなので、是非☆彡

↑このページのトップヘ