うさぎと音楽を愛する作曲家 鈴木朝子の手帖へようこそ

兎と暮らす作曲家、鈴木朝子の手帖

私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。個人的なブログなどはリンクよりお進みください。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

諸行無常。

ウサギと暮らして20数年。ウサギとの人生になりました。

ミニレッキスのうさ吉が今の相棒です♪

画家の石原智是(ともよし)さんからのお知らせです。

藤屋画廊

FUJIYA GALLERY 
Selection Serendipity


CIMG7665



5月7日から12日まで。12時から19時まで(最終は17時まで)

石原さん以外には、藤崎孝敏、醍醐イサム、山田まほ、桝本純子、庭野眞佐子

素敵な場所で素敵な絵を楽しんでください♪

アニストの飯野明日香さん

916304BE-630D-4EEB-9CCE-7ADE969CEBBE


「エラールの見たもの」第一回ピアノリサイタル
5月18日土曜日
サントリーホール ブルーローズ

14時開演 開場は13時半より。

一般は3500円 学生さんは2500円
学生さんは特に聴くチャンスですね。


1867年製の福沢諭吉家伝来のエラール
全3回。今回が初回。
曲は

サン=サーンス
マズルカ第2番ト短調作品24
「リスボンの夜」夜想曲作品63

フォーレ
夜想曲第6番変ニ長調作品63

プーランク
「15の即興曲」より第4.5.12.15番

メシアン
「前奏曲」より1 鳩 2 悲しい風景の中の恍惚の歌 3 風に映る影

湯浅譲二 2つのパストラール
武満徹 雨の樹素描I
一柳慧 ピアノ・スペース
糀場富美子 委嘱新曲《世界初演》
ドビュッシー 「前奏曲集 第1集」より、12 吟遊詩人 9さえぎられたセレナード 6 雪の足あと 7 西風の見たもの

あ!ドビュッシーの「雪の足あと」大好き!真夏に弾くのが特に。なので私の中では、日本独特の湿度とこの曲が結びついて一瞬独特なのです。

明日香ちゃんはフランス音楽がさすがよくお似合い。糀場さんとの組み合わせは、とても良いと思うわ。
糀場さんは、とても柔らかな雰囲気で初めてお会いした時、とても印象深かった。
私が好きな現代音楽の作曲家は、片手くらいの数しかいませんが(しかもその一部の人は表に殆ど出ないので…)その中のお一人です。

どうぞ皆様楽しんで聞いてください♪

明日香ちゃんは、2015年、第52回レコード・アカデミー賞、現代音楽部門で受賞されています❣️

寒さが、美しい時間を作ったらしいですね、今年。

さて、スマホでみるとリンクが見えないと。
なるほど、パソコンですとタイトルの下にリンク先が出るのですけれども
スマホだとそういうことがあるのですね。

スマホしか見ない方には、心ひそかに(ここで言ったらもうアウトですが)
この一年、毎日ブログをつけてみようと思ったそちらに飛べないとのことで

ここに記しておきます。こちらから移ります。

ご興味ある方なら大歓迎です。とくに直接の知り合いの方は嬉しいです♪生存日記と化していますので

心穏やかな花見とお団子を♪

作曲家としてのHPを時代に合わせブログのみとします。

今までヤフー経由で見てくださっていた方、ありがとうございました。
ヤフージオシティーズ閉鎖に向け、迷っておりましたが、わざわざHPを見るより、今は皆さんインスタやツイッターなど、サクサクのものをリンクリンクして、そこで進んでいるのがほとんどなので、ブログのみとしました。もともとブログをメインにしていたので(それでもフェイスブックは、すぐに凍結されるというので、ほとんどやっていず)インスタなどは別として、リンクに貼らせていただきました。
このほうが見てくださる人も簡単なのですね。スマホの時代、おそるべし。

こちらが音楽のメインで、ご興味あれば、リンク先をご覧ください。

元号も5月から「令和」になり、いろんなことが一新される感じで丁度いい具合です。

桜も満開になりました。しかし今年は心持ちいつもより寒い気がいたします。
どうぞお体には留意されてお過ごしくださいませ。

市野裕子展 ーとおくのじかんー

3月18日から30日まで

21日、24日休廊
12時から19時まで
最終日17時まで
中和ギャラリーにて。

中央区銀座6-4-8曽根ビル3階



image


中和ギャラリー。前に誰の時行ったんだっけな?

image


お昼はすっかり暖かですね。

皆さんはコルビュジエ展行かれたかしらん。

日常が芸術そのものでありますように。

↑このページのトップヘ