作曲家、鈴木朝子の芸術お勧めと私の日々(mi vida)

主にここは、私のお勧めしたい美術や音楽などの案内を載せています。 近頃は、日常に関わることも。 (ここにある個人写真は許可を得て掲載させていただいております。 ご本人様以外の方は、ここにある写真の無断転載・転用は禁止させていただいております。 ちなみに、リンクはご自由です♪ メールはプロフィールのところ、ホームページトップにございます。 なお問い合わせののメール等、お名前とご連絡先の書いていない 一方的なメールにはお返事できかねますのでご了承ください)

ご質問などは、ホームページにあるメールアドレスからどうぞ。
お名前などが書かれている場合に、返信させていただきます

ギャラリー島田(神戸)

画家のコービンこと、藤崎孝敏さんのコレクションを、ギャラリー島田で4日からやっております。(15日まで)

ライブハウス、クレオールの斜め向かいにある!と思って。

藤崎さんファンの方も、そうでない方も、特に絵を描いている若い人たちに見てほしい絵ですね。

 神戸の近くの方へのお知らせでした。

2月ですね。

早いもので、すっかりこちらのブログは遠のいてしまうのですが・・・。

最近、とても素敵な作曲家さんと縁があり、今までどうして?と思うほどの方なのですが、ちょっと行くと、実は前に縁のあった(今は残念ながらお亡くなりになり、いらっしゃらないのですが)方と仲の良かった作曲家さんで。

そんなこんなで、すごく自分の作曲に刺激を受けています。作曲の刺激を受けるというのはとても心地いいものだと改めて感じています。そして、こういう作曲家さんが日本にいることをとても心強く感じます。
 
最近、私の名前で検索するといろんな人が出てきて・・という方がいました。
私は、ネットは「検索」にあまり使わないので、初めて「鈴木朝子」という名で検索したら!
同姓同名の方って多いですね。

小さいころは「朝子」というのは「あさこ」とは呼ばれずに、大概先生たちには「ともこ」と呼ばれ、それを直すのがなかなか大変だったこともありましたが、今は「あさこ」と、まず呼ばれますので、楽になったのかな。でも、母は「ともこ」というほうが好きだったようなので心境複雑です(笑)

1月はそれなりに色々ありましたが、2月からもちょっと本腰入れないと、という感じです。

今日は 立春。健やかに過ごしましょう。

うちのうさ吉は、初めて「うっ滞」を起こしました(^^;)冷たい風にあたりすぎてでしたね。ウサギは結構デリケートなのですよね。油断大敵。そんな言葉を思い出しました。

IMG_1997 (188x250)

体重が、すでにうさおを越していました・・・。顔が小さいので、大きく見えないようです。
 

クインテットⅢ 五つ星の作家たち

「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」に木村佳代子さんん、橋本トモコさん、堀由樹子さん、横溝美由紀さんとともに、大好きな川城夏未さんも。

アーティストトークは、21日に午後2時より川城夏未さんと木村佳代子さんが。

1月14日より2月19日まで。損保ジャパン日本興亜美術館にて。 
第1回第2回は「風景」がテーマだったらしいのですが、今回は「自然」とのこと。

川城さんの絵は茅ヶ崎でも拝見できますが、こういうのも楽しみですね。

入場料がかかります。大人600円大学高校生は400円。中学生以下は無料です。20名様以上の団体様は100円引きだそうです。

開催時間は10時より18時まで。入館は17時半まで。

休館日、月曜。 

田鎖幹夫個展

田鎖幹夫個展 -蜜蝋画の楽しみー

2017年1月13日より22日まで、(16日はお休み)
茨城県のひたち野東にあるArlesで開催中です。

 水彩、油彩具、墨、インク、アクリル、転写やコラージュなどの蜜蝋画作品が展示されるそう。
是非どうぞ^^

11時から18時まで。最終日は17時までです。

茨城なんて珍しいです?常磐線のひたち野うしく駅より徒歩5分です。 

現代の音楽展

2月1日(水)
現代の音楽展

オペラシティーリサイタルホール
チケット 4000円(全自由席)
東京オペラシティチケットセンター 他にて発売中。


アンデパンダン展第1夜にて
作曲家のくりもとようこさんが、自作を演奏されます。

ウェーベルンの旋律によるパラフレーズ~青春の思い出に(ピアノ・栗本洋子)
2016年に作曲、9月に名古屋にて初演されたものです。
ウェーベルンの初期の作品「弦楽四重奏のための緩徐楽」が、若いころ大好きだったというところからきているそうです。(誰もが作曲していると、若いころ聴く曲でしょうね。いい曲ですし)

当日のプログラムとは違い、6番目、休憩をの最初に自作自演されるそうです。どうぞぜひお楽しみに。  

他、出品作曲家
内本喜夫、梶俊男、露木正登、野崎勇喜夫、橋本信、北條直彦、北條美香代、ロクリアン正岡。

 

あけましておめでとうございます。

あっという間に元日。

昨年お世話になった方たちには心からの感謝を。
そして本年も宜しく御願い致します。 

年賀状あり、フェイスブックあり、メールありのいろいろな形での賀状、そして誕生日メッセージやプレゼントをありがとうございました。

うさおについての言葉もあったり、新入りうさ吉への言葉もあったりと、やっぱりうさぎな🐇私ですね

朝からピアノと作曲をしていたのですが、自分の中で、「なるほど」という確かな気持ちがあり、去年からしてきた色んなことがまとまってきました。


そう言えば、自分へのプレゼントにClarke and Clarkeの生地を買ったのだった。インテリアにしたいけれど、それほどの長さもなく、何にしようかとあれこれ考えて…勿体無くて使えない?

などと、呑気な気持ちでいるのも大事だなと。

皆様にとって心楽しい一年でありますよう心よりお祈りしています。
また、一緒に音楽を楽しめる方たちとやれたらと思っています♪

今年もわずか

音楽家の皆さんに限らず、世の中もバタバタしている年末。

私も違わずです。

本当に試行錯誤していたこの年。

気も新たに来年を過ごしたいということから、普段避けていたものも待っ正面から取り組んだり。もちろん、結果それを好きになるということとはイコールになりませんし、いえ、もしかすると今年したことが、やったことで何かつながるかもしれないですね!

生き方をそのまま作曲にする私の音楽的作り方としては、不思議な音楽(タイトル)も出てくるのですが・・・。

今年もお世話になった方たちには深く感謝しております。

うさ吉がきて、もう私はウサギを飼い始めて20年以上も経っており、うさぎとの人生だなと改めて思っています。そのきっかけを下さった方もいたわけで。

久しぶりに作曲家の八木下茂さんと過日電話でお話しさせていただきました。
そして、うさ吉の曲もいただいたので、そのうちYouTubeにアップします。
来年は、ますますHPよりYouTubeを活用するかもしれません。

先のことはわかりませんけれど。

スペイン語の素敵な教授、浦和幹男先生の死を知った今年。その時から、どこかに記しておこうと思いましたが、書きたいことはたくさんありすぎて、こういうところには書ききれないことに気が付いて日は過ぎ・・・。
奥さまとも手紙をやり取りさせていただき、私の中の色々な思い出が、本当に思い出になってしまったと同時に、もうお会いすることも電話でのお話しも出来ないのだと、最後の電話になってしまった昨年の心配をかけまいと私に声をはってくださったことなど、、、悲しくて仕方ありませんが、同時に、私の中の何かが吹っ切れたような気がします。

先生は、スペイン語技能検定を文科省認定にするためにご尽力されたり、それ以外にもいろいろ本当に語りつくせないほどのことをされた方です。 瓜谷登先生とのことでも有名で。
とにかく私にいつも優しい笑顔で、著作もいつも送ってくださり、また、日本ではというよりもなかなか現地でも手に入らない貴重なものをくださったり。お会いした時には、別れ際に、外国のように「ダース」で花屋さんで薔薇をプレゼントしてくださったり。家で、「パラダイス」をピアノで弾いたときに先生が窓の外を見ながら何かを思っていらした姿、長南実先生とのこともいろいろ。こういうところには、全く書くスペースが足りないほどどです。
先生、たくさんの思い出をありがとうございました。こうして書いても、今では見てもらえないのが残念ですが、いつもこっそりのぞいてくださっていたことにも感謝しています。(全く想像もしなかったことでしたが)
 

メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
モブログ
  • ライブドアブログ